ホーム > 廃駅跡の情景 > 芦川

  芦川(JR北海道・宗谷本線)

1.豊富方面をのぞむ

 

2.稚内方面をのぞむ

 

3.駅前通り(左手中央に「芦川会館」が見える)

 

4.あえなく通過する普通列車

【駅概略】 ※2001年7月1日廃止

JR宗谷本線の徳満−兜沼間にあった無人駅。徳満駅から5.7kmの地点にあった。芦川周辺にはそれなりの集落が形成されていたため,宗谷本線(当時は天塩線)開業と同時に開設された。しかし,離農と過疎化が進むにつれ,利用者数は減少。1984年には駅員配置駅から無人駅となり,普通列車でも通過するものが出始めた。ついには周囲に牧場が数軒点在するのみとなり,利用者がほとんどいなくなったため,2001年6月いっぱいで廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

芦川(あしかわ)

所在地

北海道天塩郡豊富町芦川
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1926年9月25日(国鉄天塩線として)

乗降客数

駅名のルーツ

サル・サマ・ペツ(芦原にある川)の意訳したもの。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1930年10月

4往復

1944年12月

4往復

1956年12月

6往復

1968年12月

6.5往復

1987年4月

5往復

2001年3月

2.5往復

 

【訪問記】(2005年10月)

琴平駅の跡を探索したあと,天塩中川駅から特急列車に乗り,豊富駅で下車。駅を出て左手にある観光案内所に入った。

さっそく受付のおばちゃんに自転車を借りたい旨,申し出る。そう,豊富駅には私のような公共交通機関利用派にとって非常に貴重なレンタサイクルがあるのだ。レンタサイクルを「公共交通機関」というのかどうかは知らないけれど。

「事故などがあっても自分で責任を負います」と書かれた誓約書にサインした後,おばちゃんが開けてくれた車庫の中から新しげな自転車を選んでまたがった。

「どこに行くんだい?」とおばちゃんは問う。

「北のほうへ」とはぐらかす。

「サロベツ原野かい?」とおばちゃんは畳み掛ける。

「はい,そうです」とたぶらかす。

本当は「芦川駅の跡へ」なのだけど,理解してもらえないだろうから,サロベツ原野に向かう分かりやすい観光客を装うことにした。・・・・・・おばちゃん,ごめんなさい。

サロベツ原野に行くとばかり思っているおばちゃんに教えられた通り,駅を出て北に向かう。「その突き当りを左へ」と教えてくれたおばちゃんをここで裏切って右に折れ,国道40号に出てから再び北上し始めた。・・・・・・おばちゃん,本当にごめんなさい。

豊富駅で自転車を借り芦川駅跡地へ,というパターンは2年前にも経験している。だから目的地までの景色も所要時間も何となく分かっている。芦川駅跡地の様子も何となく覚えている。今回は定点観測といこう。

印刷してきた地図を前かごに,懸命に自転車を漕ぐ。ランドマークのない原野や牧草地のただ中を行くので,時おり現在位置が分からなくなる。そんなところにも立派な歩道が整備されており,「こんなとこ歩く人,誰もいないのに・・・」と首をかしげてしまう。

・・・そう思いつつも,自分はちゃっかり歩道を利用している。そうしないと国道を暴走する自動車から身を守れそうにない。途中,徳満駅(現役)で一休み。

こうして自転車を漕ぐこと約50分,ついに芦川駅跡地に到着した。幸か不幸か,前回の記憶とほとんど相違はない。

まずは駅前通り。両側には人家があったと思われる更地が並んでいる。立派な集落を形成していたと思われるが,いまやその痕跡を認めるのは難しい。しかし,そんな中にあって,唯一「芦川会館」という建物だけは今も立派に自立し,権勢をふるっている。が,近づいてみると,草が生い茂り,見るも無残に荒れていた。

次にホーム跡。雑草に覆われ無残に崩されてはいるが,それでも盛土風の立派なホーム跡がある。さきほど訪問した琴平駅とは格の違う立派な駅だったことが分かる。後になって,芦川駅が路線開業当時から設置されていた由緒正しき駅であることを知った。

最後に駅跡付近のいがんだ線形。以前は列車交換のできる駅だったが,晩年には1面1線にされていたことが偲ばれる。そのような駅は全国に多数あり,珍しいものではないが,芦川駅(跡)の有効長(跡)は異常に長い。昔は長大編成の列車が行き交い,さぞかし賑わっただろうと思う。

・・・・・・こんな,立派な集落と立派な駅を有し,多くの人々が日々の暮らしを営むよすがとしていた芦川の地も,いまやもとの原野に還ろうとしている。

・・・・・・,・・・・・・,・・・・・・・・・。

豊富方面から普通列車がやってきた。壮大な歴史を有する芦川の地に敬意を示すはずもなく,全速力であっさり通過していく。いまや廃駅なのだから至極当たり前のことなのだけど,あまりに非情で,あまりに畏れ知らずなことをしている気がした。


 ホーム > 廃駅跡の情景 > 芦川