ホーム > 廃駅跡の情景 > 阿波市場

  阿波市場(国鉄・高徳本線)

1.ホーム跡(池谷方面をのぞむ)

 

2.駅跡全景

 

3.駅跡を通過する普通列車(池谷方面をのぞむ)

【駅概略】 ※1971年4月1日廃止

国鉄高徳線の池谷−勝瑞間にあった駅。池谷駅から1.6kmの地点にあった。阿波電気軌道として開業した当時はすべての列車が停車していたが、1933年に国有化されて以降は徐々に通過する列車が増え、やがて営業を休止し、1971年に正式に廃止された。跡地には現在も短いホームの跡が残っている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

阿波市場(あわいちば)

所在地

徳島県鳴門市大麻町市場
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1916年7月1日(市場駅として)

乗降客数

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1925年4月(阿波電気軌道)

11往復(市場駅)

1944年12月

下り2本、上り1本

1956年12月

(休止中)

1968年12月

(休止中)

 

【訪問記】(2011年2月)

徳島駅前で一泊した翌日、早起きして徳島駅6:12発の高徳線普通列車に乗る。まだ夜の明け切らない中、吉野川を長い鉄橋で渡り、10分ほどで勝瑞駅に到着。駅から歩いて15分ぐらいのところにある更地と化した勝瑞城跡と濠に囲われた見性寺を見物した後、北東に向けて歩き始める。

旧吉野川に架かる大正橋を渡ると、「市場」の集落に入る。何の変哲もない集落の中の狭い道を右に左に進むと、高徳線の踏切に出た。

踏切で池谷方面をのぞくと、線路の左手に石積みの台のようなものがある(写真1)。実はこれ、れっきとしたホームの跡である。ホームにしては短く感じるが、その昔、ここに「阿波市場」という駅があったという。

駅の開設当時は市場駅と称し、全列車が停車していたようだが、徐々に通過する列車が増加し、戦争末期には下り2本、上り1本というかなり究極なダイヤになっていたようだ。いつの間にやら営業を休止し、1971年に正式に廃止された。廃止された理由はよく分からないが、勝瑞駅から1.1kmしか離れていないし、不要不急と判断されたのだろうか。

ホーム跡は踏切から離れているし、JR高徳線の列車本数もそれなりにあって近寄りがたい。しかし、今から100年近く前に開業した駅のホームが、廃止された今なお残っているのかと思うと、遠くから眺めているだけで感動がこみ上げてくる。放置か保全か知らないけれど、とにかく残ってくれて良かった、と思う。

・・・あっけないが、ホーム跡を無事発見できただけで今回の目的は果たせたと思うことにする。滞在わずか10分で阿波市場駅訪問を切り上げ、北に向けて歩き始める。今日はこのあと土御門天皇火葬塚に寄ってから鳴門線に乗り、鳴門駅前から高速バスに乗って淡路島に渡ろうと思う。


 ホーム > 廃駅跡の情景 > 阿波市場