ホーム > 廃駅跡の情景 > 東伊勢崎

  東伊勢崎(国鉄・両毛線)

1.駅跡地全景

 

2.前橋方面をのぞむ(ホーム跡が残る)

 

3.小山方面をのぞむ(ホーム跡が残る)

【駅概略】 ※1987年4月1日廃止

国鉄両毛線の伊勢崎−国定間にあった駅。伊勢崎駅から2.4kmの地点にあった。戦後に新たに設置されたが,両毛線の電化(1968年9月)によるスピードアップを理由に1966年12月20日に営業休止,国鉄民営化とともに正式に廃止された。現在,跡地にはホーム跡と思われる石積みがわずかに残っている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

東伊勢崎(ひがしいせさき)

所在地

群馬県伊勢崎市豊城町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1954年3月15日

乗降客数

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1956年12月

10往復

1967年10月

8往復

1987年3月

(休止中)

 

【訪問記】(2009年6月)

両毛線廃駅訪問シリーズ第2弾。間野谷駅の跡地を訪れた後,北西へ30分ほど歩いたところにある「消防2分団前」バス停から伊勢崎市の無料コミュニティバス「あおぞら」の「波志江・赤堀連絡バス」に乗り,「伊勢崎駅前」バス停で下車。すぐさまやって来た「あずまシャトルバス」に乗り換えて「豊城区民会館入口」バス停で下車し,両毛線の線路に向けて北西方向に歩き始めた。次に目指すは東伊勢崎駅の跡地である。

両毛線は栃木県の小山と群馬県の新前橋を結ぶローカル線だ。走るのは新前橋−前橋間に乗り入れる特急列車と臨時列車を除けば普通列車ばかりで,鉄道ファンの間で話題に上ることもあまりない。そんな,一見地味な両毛線だが,実はとんでもない歴史を秘めている。1950年代前半に設置され,60年代後半に休止,87年4月1日(※三重駅のみ84年3月1日)をもって廃止された駅が全部で11もあるのだ。幸か不幸か,この驚愕の事実は世にあまり知られていない。ネットで情報収集を試みても,どうやらこれらの駅廃止は両毛線の一部複線化(1968年7月〜8月)と電化(1968年9月)に関係がありそうな気がしたくらいで,詳細はよく分からない(※後日,読者の方からの情報提供により,両毛線の電化によるスピードアップのためと判明しました)。これはもう自分で現地に行ってみるしかない。

11の駅のうち,小野寺,犬伏,東前橋の3駅については複線化区間にあるので跡形もないだろうと勝手に判断して無視することにし,残りの8駅の位置を特定しにかかる。幸い,これらが現役だった頃の時刻表を見ると,営業キロが記載されている。今も現役の隣駅からの営業キロをもとに地形図上で駅跡地を推定して赤丸を付け,今日ついに現地訪問と相成った。

「豊城区民会館入口」バス停から権現山の北を回る細い路地に入って西進。その先を右に折れると,両毛線の線路沿いに出た。ここが私の推定した東伊勢崎駅の跡地である。

・・・と,その位置ズバリに実に怪しげな農道がある。築堤の上を走る両毛線に向かって,上り坂になりつつ築堤の高さまで寄り添うように伸びているのだ。見るからにホームへのアクセス道である(駅跡候補地※)。

・・・が,早合点は禁物だ。地図上でかなり正確に位置を推定したつもりだが,依拠した営業キロがそもそも0.1km刻みの情報なので,多少の誤差はあると思ったほうが良い。ので,慌てず急がず,まずは近くにある踏切の営業キロを確認しに行くことにした。踏切には起点(両毛線の場合は小山駅)からの営業キロが書いてあり,それが非常に有益な情報になることを先の間野谷駅で実感したからだ。

私の推定した駅跡地から南西(小山とは反対側)におよそ300m行ったところに小学校があり,その前に踏切@がある。ここの営業キロは
   67K161M
とある。逆に,北東(小山寄り)におよそ200m行ったところにも踏切Aがあり,ここの営業キロは
   66K643M
とある。一方で,古時刻表によると,東伊勢崎駅の営業キロは
   66.7km
である。駅の営業キロはホームの中心位置の営業キロを四捨五入して表示する(多分)ことを考えると,東伊勢崎駅は踏切Aの西側(小山とは反対側)7m〜106mの範囲に(ホームの中心が)あったことになる。・・・となると,真っ先に見つけた駅跡候補地(上記※)は西に寄りすぎていることになり,却下される。むしろ,踏切Aのすぐ西にあったと考えるべき,ということになる。

・・・といったことを慎重に検討してから,踏切Aのすぐ西側を物色し始める。・・・と,線路に接して南側に怪しげに細長く伸びる空間を発見した。しかもよく見ると,線路脇になにやら石積みのようなものがかすかに残っている。おそらくは東伊勢崎駅のホームの跡であろう。営業休止から43年,正式な廃止からでも22年の年月を経て,それでも「いつまでも決して忘れてくれるな」と言わんばかりにホームの土台を残す今のこの姿に,東伊勢崎駅の怨念のようなものを感じてそら恐ろしくなった私は,早くも駅跡地に背を向けて,次の目的地に向かうことにした。


 ホーム > 廃駅跡の情景 > 東伊勢崎