ホーム > 廃駅跡の情景 > 東桐生

  東桐生(国鉄・両毛線)

1.駅跡地(のはず)(桐生方面をのぞむ)

 

2.駅跡地(のはず)(小山方面をのぞむ)

 

3.駅跡地(のはず)を通過する普通列車(小山方面をのぞむ)

【駅概略】 ※1987年4月1日廃止

国鉄両毛線の桐生−小俣間にあった無人駅。桐生駅から3.1kmの地点にあった。戦後に新たに設置されたが,両毛線の電化(1968年9月)によるスピードアップを理由に1968年10月1日に営業休止,国鉄民営化とともに正式に廃止された。現在,駅跡地は空き地となっている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

東桐生(ひがしきりゅう)

所在地

群馬県桐生市境野
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1952年4月5日

乗降客数

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1956年12月

5往復

1967年10月

5往復

1987年3月

(休止中)

 

【訪問記】(2009年12月)

両毛線廃駅訪問シリーズ第8弾。JR前橋駅からちょっと歩いて中央前橋駅に移動し,上信電鉄に乗車。終点・西桐生駅まで乗りつぶしたのち,再びちょっと歩いてJR桐生駅へ。昼食後,駅前の「桐生駅北口」バス停から桐生市コミュニティバス「おりひめバス」の菱線に乗り込み走ること約10分,「ハートピア入口」バス停で下車し,東に向けて歩き始めた。目指すは東桐生駅の跡地である。

両毛線は栃木県の小山と群馬県の新前橋を結ぶローカル線だ。走るのは新前橋−前橋間に乗り入れる特急列車と臨時列車を除けば普通列車ばかりで,鉄道ファンの間で話題に上ることもあまりない。そんな,一見地味な両毛線だが,実はとんでもない歴史を秘めている。1950年代前半に設置され,60年代後半に休止,87年4月1日(※三重駅のみ84年3月1日)をもって廃止された駅が全部で11もあるのだ。幸か不幸か,この驚愕の事実は世にあまり知られていない。ネットで情報収集を試みても,どうやらこれらの駅廃止は両毛線の一部複線化(1968年7月〜8月)と電化(1968年9月)に関係がありそうな気がしたくらいで,詳細はよく分からない(※後日,読者の方からの情報提供により,両毛線の電化によるスピードアップのためと判明しました)。これはもう自分で現地に行ってみるしかない。

11の駅のうち,小野寺,犬伏,東前橋の3駅については複線化区間にあるので跡形もないだろうと勝手に判断して無視することにし,残りの8駅の位置を特定しにかかる。幸い,これらが現役だった頃の時刻表を見ると,営業キロが記載されている。今も現役の隣駅からの営業キロをもとに地形図上で駅跡地を推定して赤丸を付け,今日ついに現地訪問と相成った。

「ハートピア入口」バス停から東へ向かい,すぐのT字路を右折。ちょっと行った十字路を左折し,さらにちょっと行ったT字路を右折してちょっと行くと,両毛線を横切る「第一諏訪」踏切に出た。ここが私の推定した東桐生駅の跡地である。

・・・と,桐生方面に向かって左手に草地が広がっている(写真1)。しかもご丁寧にも,その中央を横切っている真新しい金柵の桐生寄りがカギ型になっており,駅のホームを彷彿とさせる(写真2)。推定した通り,ここが駅跡地に違いない。

・・・とは思うものの,客観的なデータで確認しておきたい。この「第一諏訪」踏切には,「49K 742M」と書かれた看板がある。この値は両毛線の起点・小山からの営業キロを示している。一方,手持ちの古時刻表によると,東桐生駅の営業キロは小山から49.8kmとある。この「第一諏訪」踏切の北西側(小山とは反対側)に駅があったなら,営業キロは確かに49.8kmとなりそうだ。ここまで確認してようやく確信することができた。

・・・と,にわかに踏切の警報機が鳴り,桐生方面から普通列車がやって来た。風のうわさによると,東桐生駅の復活を望む声が出ているようだが,当の両毛線にはそんな気はさらさらないようで,わき目も振らず小俣駅に向けて走り去っていった(写真3)。

むなしく一人取り残されたし,駅の痕跡も特に残っていないので,もうこれで切り上げようと思う。駅跡地から歩いてすぐのところにある「境野公民館前」バス停から「おりひめバス」の境野線に乗り込み,家路につく。これで両毛線廃駅訪問シリーズを終わる。


 ホーム > 廃駅跡の情景 > 東桐生