ホーム > 廃駅跡の情景 > 東幌糠

  東幌糠(JR北海道・留萌本線)

1.留萌方面をのぞむ(線路左側にホームがあった)

 

2.深川方面をのぞむ(線路右側にホームがあった)

 

3.駅跡全景

【駅概略】 ※2006年3月18日廃止

JR留萌本線の峠下−幌糠間にあった無人駅。峠下駅から3.3km,国道233号線沿いの民家の点在する田園地帯に,1面1線の非常に簡素な木製ホームがぽつんとあった。利用者が1日1人未満と極端に少ないことから,2006年3月17日をもって廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

東幌糠(ひがしほろぬか)

所在地

北海道留萌市東幌糠町東幌糠
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1963年12月1日仮乗降場として開業,1987年3月31日駅に昇格

乗降客数

駅名のルーツ

幌糠町の東にあることから。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1972年10月

4.5往復(仮乗降場)

1987年4月

3.5往復(駅)

2006年1月

2往復(駅)

 

【訪問記】(2006年10月)

雨上がりのどんよりとした曇り空のもと,峠下駅から国道233号線を西に向けてとぼとぼ歩く。次に目指すは半年前に廃止になった東幌糠駅の跡地である。

東幌糠駅には廃止される前の今年2月に訪問している。深川から始発列車に乗って峠下駅で下車,そこから今回と同じく国道を歩いて訪問したのだった。この半年間で何の進歩も進化も見せなかった私は,相も変わらず同じ道を同じ調子で歩いている。

やがて,かすかに記憶の片隅に残っている踏切が前方の国道右手に見えてきた。東幌糠駅があったのはこの踏切のすぐ西側である。前回の記憶を呼び覚ましながら,廃止後の様子を観察してみる。

現役時代には線路の南側に非常に簡素な板張りのホームがあったのだが,今はものの見事に何もなくなっている。ホームがあった辺りを懸命に探索してみるも,周囲に繁茂している草がここだけはほとんど生えていないといったこともなく,駅跡は全く分からなくなってしまっている。

国道に戻り,歩道から駅跡を眺めてみる。前回はホームに立つ駅名標の裏に書かれた「ひがしほろぬか」の7文字がこの位置からくっきり見えたのだが,現在は背景にある民家の屋根だけを残して,降り積もった雪ともども綺麗さっぱり消えている。

ここまで何も痕跡が残ってないと,本当にここに駅があったのだろうか,場所を間違えてやしないか,もしや半年前の訪問は夢の中の話だったのでは,などと心配になってくる。だけど,東幌糠駅のような仮乗降場起源の駅はもともと非常に簡素なつくりで,廃止され撤去されると何も残らないことが多い。これまでも,琴平駅新栄野駅の跡地で同じような体験をしてきた。東幌糠駅でも全く同じ展開で,何もないのだから見るべきものはないし,ここに書くべきこともない。ので,さっさと切り上げることにしよう。

東幌糠駅には申し訳ないが,滞在予定時間を大幅に短縮して,わずか10分で次の目的地に向かうことにする。次に目指すは,同じく仮乗降場起源の駅で,1990年に廃止された桜庭駅の跡地である。


 ホーム > 廃駅跡の情景 > 東幌糠