ホーム > 廃駅跡の情景 > 狗子ノ川

  狗子ノ川(国鉄・紀勢本線)

1.駅跡(と思われる場所)を通過する普通列車

 

2.駅跡(と思われる場所)前通り

 

3.駅跡(と思われる場所)全景

【駅概略】 ※1967年10月1日廃止

国鉄紀勢本線の那智−宇久井間にあった駅。那智駅から1.6kmの地点にあった。駅は那智湾に面する位置に存在していたと考えられ、戦時中は串本−新宮間の各駅に発着する旅客に限り取り扱っていた模様。その後、利用者がほとんどいなくなったためか、1967年10月に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

狗子ノ川(くじのかわ)

所在地

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町狗子ノ川
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1925年3月10日(新宮鉄道の停留場として)

乗降客数

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1925年4月(新宮鉄道)

?往復(停留場)

1930年10月(新宮鉄道)

?往復(停留場)

1944年12月(紀勢西線)

下り6本、上り4本

1956年12月(紀勢西線)

?往復

1967年4月

?往復

 

【訪問記】(2016年10月)

紀勢本線に狗子ノ川という駅が1967年まで存在していたことを知った。路線は今も残っているのに駅だけ廃止されるという事態には妙に心惹かれるものがある。さっそくネットで情報収集を試みるも、廃止されてからかなり時間が経っていることもあり、どんな駅だったのか、なぜ廃止されたのかなど、詳細は何も分からなかった。

次に、私が持ちうる限りの古時刻表をひも解いてみる。1925年の開業当初は巻頭のさくいん地図には載っているものの本文中には載っていない。戦時中はさくいん地図にも本文中にも記載があり、停車する列車も確認できた。このころは紀伊勝浦−新宮間の区間列車のみ停車していたようで、別の文献では狗子ノ川駅は「串本新宮間各停車場に発着する旅客に限り取扱を為す」とある。戦後になると、さくいん地図には載っているものの本文中には載っていない状態に戻り、廃止直前になるとさくいん地図からも消えている。かように取り扱いに一貫性がないのは、もともとかなりローカルな輸送のみを取り扱う小駅として開業し、戦時中までは細々とながら営業していたものの、戦後は利用者がいなくなって全列車が通過するようになり、廃止直前になって時刻表から完全に削除され、1967年10月1日になってようやく正式に廃止された、ということなのだろうか。あるいは、北海道に多く存在した仮乗降場の扱いに似ている気もする。真相はよく分からない。

続いて、古時刻表の「那智駅から1.6km」という情報から、現在の地形図で大体の場所の見当をつける。その辺りの昔の空中写真を見てみると、非常に不鮮明ながら、何かしら駅のようなものが写っているようにも見える。・・・が、不鮮明で正直よく分からない。とにかく、現地に行ってみようと思う。

訪問プランを考える。駅跡のすぐ目の前を走る国道42号線には、紀伊勝浦駅と新宮駅を結ぶ熊野交通バスが走っているが、調べた限り、駅跡の近くにバス停はなく、那智駅から歩くしかないことが分かった。JRで紀伊勝浦駅に到着後、バスに乗り、那智駅前バス停で降りて、国道を1.6km歩くことにした。

プランを実行に移す日となり、交通量が意外に多い割に歩道のない国道をヒヤヒヤしながら歩いて、ついに駅跡と思われる場所に到着した。・・・と、駅跡の目の前の国道にバス停があるのを発見した。「狗子ノ川」バス停とある。なんと、こんな目の前にバス停があったとは。しかも便数もかなり多い。現代のような高度情報化社会でも手に入りにくい情報というのはあるようだ。

気を取り直し、周囲を探索する。・・・が、何も見つからない。線路沿いも完全に雑草に覆われ、何も見つかりそうにない。季節が悪いという面もあるが、さすがに50年も前に廃止された駅など、何も痕跡をとどめていないようだ。収穫は何もないが、何もないことを確認しに来たのだと思うことにする。

諦めて、帰路に就く。帰りはもちろん「狗子ノ川」バス停からバスに乗った。


 ホーム > 廃駅跡の情景 > 狗子ノ川