ホーム > 廃駅跡の情景 > 西足利

  西足利(国鉄・両毛線)

1.駅跡地を通過する普通列車(桐生方面をのぞむ)

 

2.児童公園と化した駅跡前広場

 

3.駅跡前通り

【駅概略】 ※1987年4月1日廃止

国鉄両毛線の山前−足利間にあった無人駅。山前駅から2.8kmの地点にあった。戦後に新たに設置されたが,両毛線の電化(1968年9月)によるスピードアップを理由に1968年10月1日に営業休止,国鉄民営化とともに正式に廃止された。現在,駅跡地は公園となっており,往時の面影を比較的よくとどめている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

西足利(にしあしかが)

所在地

栃木県足利市栄町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1954年10月20日

乗降客数

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1956年12月

5往復

1967年10月

5往復

1987年3月

(休止中)

 

【訪問記】(2009年9月)

両毛線廃駅訪問シリーズ第4弾。東武足利市駅で下車し,両毛線の線路を越えて北へ20分ほど歩いたところにある足利学校跡と鑁阿寺(足利氏宅跡)で中世の足利に思いを馳せた後,今度は西に向けて歩き始めた。目指すは西足利駅の跡地である。

両毛線は栃木県の小山と群馬県の新前橋を結ぶローカル線だ。走るのは新前橋−前橋間に乗り入れる特急列車と臨時列車を除けば普通列車ばかりで,鉄道ファンの間で話題に上ることもあまりない。そんな,一見地味な両毛線だが,実はとんでもない歴史を秘めている。1950年代前半に設置され,60年代後半に休止,87年4月1日(※三重駅のみ84年3月1日)をもって廃止された駅が全部で11もあるのだ。幸か不幸か,この驚愕の事実は世にあまり知られていない。ネットで情報収集を試みても,どうやらこれらの駅廃止は両毛線の一部複線化(1968年7月〜8月)と電化(1968年9月)に関係がありそうな気がしたくらいで,詳細はよく分からない(※後日,読者の方からの情報提供により,両毛線の電化によるスピードアップのためと判明しました)。これはもう自分で現地に行ってみるしかない。

11の駅のうち,小野寺,犬伏,東前橋の3駅については複線化区間にあるので跡形もないだろうと勝手に判断して無視することにし,残りの8駅の位置を特定しにかかる。幸い,これらが現役だった頃の時刻表を見ると,営業キロが記載されている。今も現役の隣駅からの営業キロをもとに地形図上で駅跡地を推定して赤丸を付け,今日ついに現地訪問と相成った。

鑁阿寺から県道57号線に出て西進し,通4丁目交差点を左折。最初の十字路を右に折れ,いくらか行ったところを今度は左に折れると,栄町児童公園に出た。ここが私の推定した西足利駅の跡地である。

・・・と,分かりやすくホーム状に柵で仕切られた草地が線路沿いに細長く伸びている(写真1)。これがホーム跡地に違いない。それっぽいものがあっけなく見つかって,拍子抜けする。

・・・が,念のため,他の方法でも確認しておきたい。手持ちの古時刻表によると,西足利駅の営業キロは小山から39.9kmとある。一方,この公園から東へ100mほど行ったところに歩行者のみ通行できる第4種踏切があり,「第三太田踏切 NO 80 両毛線 39K 809M」という看板がある。この値は両毛線の起点の小山からの営業キロを示している。さきの児童公園のところに駅があったなら,営業キロは確かに39.9kmとなりそうだ。ここまで確認してようやく安心して断定することができた。

公園に戻る。この公園は駅前広場の跡地だという。中央にある休憩所とその周りの砂地がそれらしい雰囲気を醸し出している(写真2)。そこから北へ向かい,ふと振り返ってみて驚いた。いかにも駅前通りといった雰囲気が醸し出されていたからである(写真3)。「そうかぁ?」と誰かに突っ込まれそうだけど,確かにそう感じた私は,しばらくそこで見とれた。


 ホーム > 廃駅跡の情景 > 西足利