ホーム > 廃駅跡の情景 > 下増田

  下増田(国鉄・両毛線)

1.駅跡地(前橋方面をのぞむ)

 

2.駅跡地(小山方面をのぞむ)

 

3.駅跡地をあえなく通過する普通列車

 

4.ホーム跡地(線路の向こう側にホームがあった)

【駅概略】 ※1987年4月1日廃止

国鉄両毛線の駒形−伊勢崎間にあった駅。駒形駅から2.4kmの地点にあった。戦後に新たに設置されたが,両毛線の電化(1968年9月)によるスピードアップを理由に1968年10月1日に営業休止,国鉄民営化とともに正式に廃止された。現在,跡地にはホームがあったと思われるスペースが残っている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

下増田(しもますだ)

所在地

群馬県前橋市下増田町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1951年9月1日

乗降客数

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1956年12月

13.5往復

1967年10月

8往復

1987年3月

(休止中)

 

【訪問記】(2009年6月)

両毛線廃駅訪問シリーズ第3弾。東伊勢崎駅の跡地を訪れた後,南西へ10分ほど歩いたところにある「殖蓮小南」バス停から伊勢崎市の無料コミュニティバス「あおぞら」の「伊勢崎駅北巡回バス」に乗り,「西部モール」バス停で下車。巨大なショッピングゾーンを横目に,両毛線の線路に向けて北西方向に歩き始めた。次に目指すは下増田駅の跡地である。

両毛線は栃木県の小山と群馬県の新前橋を結ぶローカル線だ。走るのは新前橋−前橋間に乗り入れる特急列車と臨時列車を除けば普通列車ばかりで,鉄道ファンの間で話題に上ることもあまりない。そんな,一見地味な両毛線だが,実はとんでもない歴史を秘めている。1950年代前半に設置され,60年代後半に休止,87年4月1日(※三重駅のみ84年3月1日)をもって廃止された駅が全部で11もあるのだ。幸か不幸か,この驚愕の事実は世にあまり知られていない。ネットで情報収集を試みても,どうやらこれらの駅廃止は両毛線の一部複線化(1968年7月〜8月)と電化(1968年9月)に関係がありそうな気がしたくらいで,詳細はよく分からない。これはもう自分で現地に行ってみるしかない。

11の駅のうち,小野寺,犬伏,東前橋の3駅については複線化区間にあるので跡形もないだろうと勝手に判断して無視することにし,残りの8駅の位置を特定しにかかる。幸い,これらが現役だった頃の時刻表を見ると,営業キロが記載されている。今も現役の隣駅からの営業キロをもとに地形図上で駅跡地を推定して赤丸を付け,今日ついに現地訪問と相成った。

「西部モール」バス停から,広々とした県道2号線を北西に向けて歩く。「宮子町北」交差点を右に折れ,須永橋を渡ってさらに直進すると,両毛線を横切る踏切@に到達した。

私の推定した駅跡地はここではなく,500mほど東に行ったところにある隣の踏切A付近である。・・・が,ネットで情報を検索すると,「ここ(踏切@)だ!」としているものがあった。私の推定したほうが本当の跡地だと思うが,念のため,ここ(踏切@)ではないことを確認しておきたいと思う。

この踏切@には,
   73K019M
という数字が書いてある。これは両毛線の起点である小山駅からの営業キロを表している。一方,古時刻表によると,下増田駅の営業キロは
   72.5km
である。駅の営業キロはホームの中心位置の営業キロを四捨五入して表示する(多分)ことを考えると,下増田駅は踏切@の東側(小山寄り)470m〜569mの範囲に(ホームの中心が)あったことになる。となると,この踏切@付近は西に寄りすぎていることになり,却下される。一方,東に500mほど行ったところと言えば,まさしく私が推定した駅跡地である踏切A付近である。

・・・といったことを慎重に検討してから,勇んで踏切Aのほうに移動する。念のため,この踏切Aの営業キロを見ると,
   72K487M
であった。ここに駅があったなら営業キロは確かに72.5kmとなりそうである。ここに間違いない・・・!確信を得て,付近をくまなく物色し始める。

・・・までもなく,踏切に接して北西側にいかにも怪しげな空間があるのが目に留まった。草むらと化した細長い空間で,黄色い柵に囲われている。その形状はまるで駅のホームのようだ。具体的な物証を求めて草むらの中を歩き回ってみたが,ズボンに雑草が絡みつくのみで,証拠は見出せなかった。

探索の範囲を広げて,この踏切Aの西62m〜東37mの範囲にも足を運んでみる。・・・が,ホームを設置できて,ホームへのアクセスも確保できそうな場所は見当たらなかった。状況からして,下増田駅の跡地はやはり件の草むらと断定して良さそうである。

にわかに踏切が鳴り,小山方面から普通列車がやって来た。下増田駅が現役であったなら,かなり手前から減速して,踏切Aのすぐ横で停車していたはずだ。・・・が,それも今は昔,駅もなく急カーブもないこの区間では,時速100km近いと思われるスピードであっさり通過していく。そのあまりのスピードに,あの列車奴は下増田駅が廃止されたのを喜んでいるんじゃないかという気がしてきて,ついつい説教を垂れたくなった。

 

追記(2014年4月)

下増田駅のホームの位置に関して、読者の方から当時の貴重な新聞記事のコピーをいただいた。そこには下増田駅の廃止(正確には営業休止)直後の写真が掲載されており、駅名標や周囲の状況から、ホームは私が上記で推定した草むらから線路を挟んで反対側にあったこと、また、廃止された理由は、(両毛線の他の廃駅も含めて)電化によるスピードアップのためだったことが判明した。それを踏まえ、正しいホームの位置が多少は写っていると思われる写真4を追加で本ページに掲載した。写真4の線路の向こう側、竹藪の右端あたり(線路が緩くカーブしているあたり)にホームがあったようである。そう言われてみると、確かにやや背の高い草むらが怪しく細長く伸びている(ホームへのアクセス道の跡か?)のが分かる。上記の私の推定が間違っていたことをお詫びし、訂正するとともに、情報提供いただいた読者の方に感謝したいと思う。


 ホーム > 廃駅跡の情景 > 下増田