ホーム > 廃駅跡の情景 > 新栄野

  新栄野(JR北海道・石北本線)

1.遠軽方面をのぞむ

 

2.旭川方面をのぞむ

 

3.駅跡前通りと駅跡前広場

【駅概略】 ※2006年3月18日廃止

JR石北本線の遠軽−瀬戸瀬間にあった無人駅。遠軽駅から7.8kmの地点にあり,1面1線の簡素なホームと待合室があった。国道333号線も湧別川を隔てた対岸を走っており,非常に静かな環境にあった。しかし,利用者が1日1人未満と極端に少ないことから,2006年3月17日をもって廃止された。駅跡周辺には数軒の民家があるのみで,あとは無人の原野が広がっている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

新栄野(しんさかえの)

所在地

北海道紋別郡遠軽町栄野
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1946年12月1日野上仮乗降場として開業,1987年3月31日駅に昇格

乗降客数

駅名のルーツ

栄野にある駅。「新」を冠したのは,近くの旧・池北線(現・北海道ちほく高原鉄道,廃止済)に似た発音の境野駅があったからと思われる。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1972年10月

2往復(仮乗降場)

1987年4月

2往復(駅)

2006年1月

下り1本,上り3本(駅)

 

【訪問記】(2006年10月)

網走から特急「オホーツク2号」に乗車。遠軽で下車して駅前通りを行き,すぐのところにあるバスターミナルから瀬戸瀬温泉行きの遠軽町営バスに乗り込んだ。今日最初に目指すは半年前に廃止された新栄野駅の跡である。

新栄野駅には廃止前の今年2月に訪問している。遠軽駅から雪道を2時間歩くという強行軍だった。今回は1日2往復ながらも駅跡の目の前を通る町営バスを利用しての訪問である。

私一人だけを乗せたバスは,前回私が歩いたのと全く同じ道を,ただしもっと速いスピードで,颯爽と駆け抜けていく。前回は一面雪に覆われて真っ白だった周辺の風景は,今は秋の盛りの茶色い世界へと面目を一新している。

「栄野会館」というバス停に到着。運転手さんに礼を言って下車する。と,まさにその目の前が新栄野駅の跡地である。前回の記憶とも照らし合わせながら,廃止後の様子を観察してみる。

現役時代には線路の北側に非常に簡素な板張りのホームとそれにつながる錆び付いた梯子があったのだが,今はものの見事に何もなくなっている。周囲には繁茂している草がここだけはほとんど生えておらず,あるいは途切れているのが唯一の名残である。

新栄野駅のような仮乗降場起源の駅はもともと非常に簡素なつくりなので,廃止され撤去されると全く何も残らないことが多い。ここでも同じ展開で,何もないのだから見るべきものはないし,ここに書くべきこともない。ので,さっさと切り上げることにしよう。

瀬戸瀬温泉で折り返してきた町営バスが瀬戸瀬方面からやって来た。さっきと同じ運転手さんなので,ちょっと恥ずかしい気持ちでバスに乗り込む。こうしておそらくもう二度と訪れることはないと思われる栄野の地をあとにした。


 ホーム > 廃駅跡の情景 > 新栄野