ホーム > 廃駅跡の情景 > 袖師

  袖師(国鉄・東海道本線)

1.駅跡地(興津方面をのぞむ)

 

2.駅跡地(清水方面をのぞむ)

 

3.駅跡地を通過する普通列車

【駅概略】 ※1971年10月1日廃止

国鉄東海道本線の興津−清水間にあった臨時駅。興津駅から2.4kmの地点にあった。近くに海水浴場があり,海水浴シーズンのみ営業する仮停車場として1926年に開業した。多くの利用客で賑わったが,港湾の整備や水質低下などによる海水浴場の衰退とともに駅利用客も減少,常設駅への昇格も検討されたが結局果たせず,1971年に正式に廃止された。現在,駅跡地にはホームがあったと思われる細長い空地が線路沿いに残っている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

袖師(そでし)

所在地

静岡県静岡市清水区横砂南町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1926年7月3日(仮停車場として)

乗降客数

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1930年10月

0往復(仮停車場)

1944年12月

0往復(仮停車場)

1956年12月

?往復(仮停車場)

1968年12月

?往復(仮停車場)

 

【訪問記】(2009年9月)

JR清水駅に到着。駅前を走る国道1号線を北西に向かう。商店と住宅の連なる平凡な道である。

「袖師」交差点を右に折れ,東海道本線をくぐってすぐを左に折れる。にわかに周囲が無機質になり,工場や倉庫が立ち並ぶようになる。庵原川を渡ってさらに行くと,袖師公園が現れた。ここが今回の目的地である袖師駅のあった場所である。

公園を取り囲むフェンスに,「袖師ふるさとの路14 東海道線袖師駅跡」と書かれた看板がくくりつけられている。地元の方々が地元の名所などを紹介する活動を展開されているようだ。例によって古時刻表の営業キロだけを頼りにこの場所にやって来た私にとって,これ以上心強い看板はない。

公園すぐ横の踏切に立ち,駅跡地を見渡してみる。堂々複線を成す東海道線の両脇に,不自然な空地が線路に沿って細長く残っている。袖師駅は2面2線の構造だったというから,この空地がホーム跡地に違いない。目を凝らしてみると,ホームの一部だったと思われるコンクリート構造物も残っている。

駅跡地をぐるっと回って,いいアングルで写真を撮れそうな場所を探す。しかし,住宅地が張り付いていることもあってなかなか見つからない。そうこうするうちに時間切れ。後ろ髪を引かれる思いで駅跡地をあとにし,興津駅へと歩き始める。

ちょっと東に歩くと海沿いに出た。臨海道路に大型トラックが行き交い,海に突き出た広い埠頭に倉庫などが立ち並んでいる。そういえば袖師駅は海水浴客のために夏季限定で開設されていたというが,今やあたりは純然たる工業地帯で,海水浴場の面影を認めるのは不可能に近い。代わりに,「横砂」というこのあたりの地名に往時を無理やり偲ぶことにして,さらに東へと,興津駅へと向かっていった。


ホーム > 廃駅跡の情景 > 袖師