ホーム > 廃駅跡の情景 > 久保町・築地橋・築港町


  久保町・築地橋・築港町(南海電気鉄道・和歌山港線)

1.久保町

 

2.築地橋

 

3.築港町

【駅概略】 ※2005年11月27日廃止

南海和歌山港線(和歌山市−和歌山港)にあった3つの中間駅。いずれも利用客の減少が続き,近年では一日の平均利用客数が100人を割っていたため,大量輸送機関としての鉄道の特性を喪失しているとして,2005年11月26日をもって廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

久保町(くぼちょう)

所在地

和歌山県和歌山市久保町4-48-2
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1956年5月6日

乗降客数

82人(2004年現在,1日平均)

駅名のルーツ

駅名

築地橋(つきじばし)

所在地

和歌山県和歌山市築港1-4
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1956年5月6日

乗降客数

45人(2004年現在,1日平均)

駅名のルーツ

駅名

築港町(ちっこうちょう)

所在地

和歌山県和歌山市築港6-6
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1956年5月6日(旧・和歌山港駅として)

乗降客数

38人(2004年現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

2005年8月

24往復(3駅とも)

 

【訪問記】(2006年5月)

半年前に廃止された南海和歌山港線の3つの駅。現役だった1年半前に訪問しているが,廃止後の状況が気になり,和歌山での学会ついでに見物にやって来た。

太陽の位置を頼りに学会会場からぶらぶら歩くこと約15分,まずは久保町駅跡に到着した。現役時代には国道の高架下に簡素なホームが肩身狭そうにあったのだが,そのホームは無残に崩され砂利が敷き詰められ,中央には電柱が貫通していた。

そこから大通りを南下して右折して橋を渡り,すぐのT字路を再び右に折れると,2つ目の築地橋駅跡に到着した。現役時代には短いながらも屋根もある簡素なホームがあったのだが,そのホームは無残に崩され砂利が敷き詰められ,中央には電柱が貫通していた。

そこから線路沿いの道を行くこと約500m,最後の築港町駅跡に到着した。現役時代には車道から草むした道を進んでようやくホームにたどり着いたのだが,そのホームは無残に崩され砂利が敷き詰められ,真新しい緑色のフェンスが張られていた。

それにしても,結局3駅とも似たような現状となっている。区別がつかない。1つ1つの印象も薄い・・・。

・・・・・・。

このあと,和歌山港駅まで歩いてみた。そこから難波行きの急行電車に乗り,和歌山での小さな小さな旅を終えた。


ホーム > 廃駅跡の情景 > 久保町・築地橋・築港町