ホーム > 秘境駅の情景 > 美々

ホーム > 廃駅跡の情景 > 美々【現役時代の様子】


  美々(JR北海道・千歳線)

1.駅舎

 

2.ホーム(南千歳方面をのぞむ)

 

3.苫小牧方面から迎えにやって来た列車

【駅概略】 ※2017年3月4日廃止

JR南千歳駅から千歳線を苫小牧方面へ1駅,4.5kmの地点にあった無人駅。2面3線のホームと駅舎があり、簡易Kitaca改札機も設置されていた。もともと利用者は少なく、普通列車でも一部は通過していた。1日平均の乗車人員が1名以下と極端に少なくなったことから、2017年3月に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

美々(びび)

所在地

北海道千歳市美々
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1926年8月21日(北海道鉄道札幌線として)

乗降客数

駅名のルーツ

ペツ・ペツ(川・川)の転訛で、合流の意。また、ピピ(沼沢地)か、ペペ(湿った地)という説もある。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1930年10月(北海道鉄道札幌線)

4往復

1944年12月(国鉄)

6.5往復

1956年12月(国鉄)

7.5往復

1968年12月(国鉄)

9往復

1987年4月

12.5往復

2001年3月

12.5往復

2016年4月

14往復

 

【訪問記】(2016年11月)

2016年度JR北海道廃止予定駅訪問シリーズ第4弾。JR北海道が経営立て直しのため、極端に利用の少ない18駅の廃止を打ち出した。こうした駅は非常に魅力的な駅であることが多く、きわめて衝撃的かつ残念な話ではあるが、廃止が覆される可能性は低いと思われる。とにかく、廃止される前に訪問しておきたい。18駅のうち、東山姫川蕨岱、北豊津、東鹿越稲士別上厚内糠南下沼の9駅は訪問済みなので、残る9駅を訪問するプランを考え、さっそく実行に移すこととする。

第4弾は美々駅。南千歳駅から苫小牧行きの普通列車に乗車し、わずか4分で美々駅に到着。下車した。

さっそく周囲を見回す。もうすぐ廃止される駅とは思えない、有効長の長い立派なホームがある。跨線橋を渡ると、こじんまりとした、しかしながらしっかりとした造りの駅舎があり、簡易Kitaca改札機も設置されている。やはりもうすぐ廃止される駅とは思えない。

駅周辺の散策に出る。駅舎を出て未舗装の駅前広場を通過し、駅前通りを右に進む。道なりに進んで踏切を渡ると、すぐ左手に「美々貝塚」の看板があった。看板の示すほうへ行ってみるも、展示施設には鍵がかかっている。時間もないので、諦めて退散する。それ以外に、駅周辺に人家等は見当たらない。廃止される理由が分かった気がする。

ホームで迎えの列車を待つ。それにしても、駅に到着したときから同業者の姿をよく見かける。札幌から近く、新千歳空港からも近いので、北海道内外のファンが廃止の噂を聞きつけてやって来ているのだろう。ただ、どうしたことか、レールファンであるはずのそのほぼ全員が、車でやって来ている。美々駅なら列車本数もそれなりにあるので、列車で来ることはそんなに困難ではないはずだが。

そうこうしているうちに、迎えの列車がやって来た。札幌近郊でも見慣れた普通電車で、札幌圏にいることを再認識する。そんな、一見好立地に思われる駅でも、臨終の時を迎えようとしている。特に思い入れはないが、死の前に訪問できたことにほっとしつつ、列車に乗り込んだ。


ホーム > 秘境駅の情景 > 美々

ホーム > 廃駅跡の情景 > 美々【現役時代の様子】