ホーム > 秘境駅の情景 > 千代

  千代(JR東海・飯田線)

1.温田方面をのぞむ

 

2.側線が残る

 

3.砂利採取線の跡

【駅概略】

JR飯田線の天竜峡駅から豊橋方面に1駅目,1.4kmの地点にある無人駅。天竜川沿いの山間部にあり,駅周囲には隣接して民家が1軒とわずかな畑地があるのみとなっている。1953年から1966年までの間,天竜川から砂利を採取して運搬していたため,本線に並行して側線が今も残っている。また,この側線の延長線上にも砂利採取用のトンネルが残っている。2009年7月現在,朝の上り快速列車が停車する一方で,普通列車でも停まらないものがある。

 

【駅データ】

駅名

千代(ちよ)

所在地

長野県飯田市千栄
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1932年10月30日(三信鉄道の停留場として)

乗降客数

駅名のルーツ

語感の良い美称地名。

 

【停車本数データ】

1940年10月

?往復(三信鉄道の停留場)

1944年12月

9往復

1956年12月

10往復

1968年12月

10.5往復

1987年4月

12往復

2009年7月

9.5往復

 

【訪問記】(2009年9月)

我科駅の跡地を訪問した後,温田駅に戻った私は,ほどなくやって来た普通電車に乗り込み,揺られること約20分,今度は千代駅で下車した。

天竜川に沿ったわずかな平地に,1面1線の簡素なホームと小さな待合室がある。ホームの北東側に民家が1軒あり,北西側に小さな畑があるほかは人跡なく,草木が血気盛んに生い茂っているのみである。まさにとんでもない山中にあり,その立地ゆえもっと有名になっても良さそうだが,他に強敵の多い飯田線にあるのが災いしてか,現在のような地味な地位に甘んじているように見える。

それでも,千代駅には飯田線の他のライバル諸駅にはない大きな強みがある。それは,本線に並行して側線が伸びていることである。待合室にあった駅ノートによると,その昔,天竜川で採取した砂利を専用の貨物列車に積み込み,三河川合駅まで運ぶために使用していたものらしい。砂利運搬が行われなくなった今も側線は残り,Plasser&Theurer社の保線用(?)車両の留置線となっている。

砂利採取に関する遺構がもう一つある。側線を北に延長した線上にあるトンネル跡である。現役の飯田線トンネルのすぐ左にある。またまた駅ノートによると,天竜川から砂利を機械で上げるのに使っていたトンネルだという。この情報を見つけて,さっそく見に行ってみたところ,確かにトンネルがぽっかり口を開けていた。今の時期は雑草に覆われて非常に分かりづらく,駅ノートがなければまず気付かなかっただろうと思う。思いがけず情報を得て,こういうものを発見すると嬉しくなる。

ホームに戻る。ホームから直接,真東に向けて舗装路が伸びている。迎えの列車までまだ時間があるので,この道を行ってみる。ホームを出るとすぐ右手に自転車置き場があり,「奥のほうから整理して置くように」との注意書きがある。・・・が,言うまでもなく,整理が必要なほどの台数は置かれていない。横向けに置いても別に問題なさそうである。

さらに行く。すぐに上り坂となる。頭上は鬱蒼とした樹冠に覆われ,薄暗い。・・・も,やがて前方が開け,わずかばかりの民家が現れた。千代駅のメインの利用者はこの集落に住む人々であると思われる。

駅に戻る。ほどなく天竜峡方面から迎えの普通電車がやって来た。意外に乗客が多く,空席が見つからない。ざっと見渡す限り,地元客は少数で,ほとんどが鉄道ファン・観光客のように見受けられる。18きっぷが使えるシーズンとは言え,9月の平日でもこの状況なのだから,もはや飯田線は観光路線と化した観がある。空席が見つからないのはやるせないけれど,どうせ2分後に下車するので,このまま立ったまま揺られることにする。次に目指すは隣の金野駅である。


ホーム > 秘境駅の情景 > 千代