ホーム > 秘境駅の情景 > 花咲

ホーム > 廃駅跡の情景 > 花咲【現役時代の様子】 


  花咲(JR北海道・根室本線)

1.ホーム(根室方面をのぞむ)

 

2.駅遠景(厚床方面をのぞむ)

 

3.駅舎と駅前広場

 

4.厚床方面から迎えにやって来た普通列車

【駅概略】 ※2016年3月26日廃止

JR根室駅から2駅,5.6kmの地点にあった無人駅。花咲漁港を擁する花咲の集落から高台に上がったところに、1面1線のホームと貨車駅舎があった。駅周囲に人家はほとんど見られなかった。1日平均の乗車人員が1名以下と極端に少なくなったことから、2016年3月に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

花咲(はなさき)

所在地

北海道根室市花咲港
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1921年8月5日

乗降客数

駅名のルーツ

ポロ・ノツ(親なる岬)から出た。ノツは山のはな(端)という意のため、鼻崎となるところだが、字を換えて花咲とした。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1925年4月

3往復

1944年12月

4.5往復

1956年12月

4.5往復

1968年12月

6往復

1987年4月

6.5往復

2015年3月

下り3本、上り5本

 

【訪問記】(2016年1月)

2015年度JR北海道廃止予定駅訪問シリーズ第5弾。JR北海道が経営立て直しのため、極端に利用の少ない9駅の廃止を打ち出した。こうした駅は非常に魅力的な駅であることが多く、きわめて衝撃的かつ残念な話ではあるが、廃止が覆される可能性は低いと思われる。とにかく、廃止される前に訪問しておきたい。9駅のうち、小幌、上白滝、旧白滝下白滝の4駅は訪問済みなので、残る5駅を訪問するプランを考え、さっそく実行に移すこととする。

第5弾は花咲駅。前日の最終列車で根室入りした私は、翌朝早起きして始発の5:57発普通列車釧路行きに乗車。7分ほど揺られて花咲駅に到着した。まだ周囲は薄暗く、月が明るく輝いている。

ホームに降り立つと、列車にカメラを向けている男性がいる。廃止目前となったので、同業者の活動も活発化していると思われる。こんな時間からご苦労さま、と思う。人のことは言えないが。

男性は、しばらく駅のあちこちを撮影した後、おもむろに私のところにやって来て、「これ、良かったらどうぞ」と、花咲駅来駅記念の絵ハガキを差し出した。こういった駅で同業者に会うことは多々あれど、同業者から記念品をもらうのは初めてだ。驚きつつもありがたく頂戴する。

男性が去った後も狐につままれたような気分だったが、駅舎の中に貼ってある新聞記事を見て合点がいった。男性は地元の鉄道愛好家で、毎日花咲駅や東根室駅で始発列車を撮影するのを日課としているという。「夢空間☆花咲線の会」の一員として、鉄道情報の発信や駅ノートの管理、花咲駅の清掃・飾り付けなども精力的に行っておられ、同業者と呼ぶには失礼なほど地元に大きく貢献されているようだ。花咲駅廃止の報をどのような心境で受け止められたのだろうか。

ようやく空が明るくなってきた。改めて駅の様子を観察する。ホームは簡素な1面1線で、駅舎は北海道のローカル駅によくある貨車駅である。駅の周囲に人家はほとんど見られない。

地形図によると、ここから数百mほど行って斜面を下った海沿いに花咲の集落が開けている。国内屈指の水揚げ量を誇る花咲漁港を擁しており、かなりの規模の集落に見える。花咲駅の利用者もそれなりにいそうなものだが、実際には1日1名以下という。これは、花咲と根室市中心部を結ぶバスが多数運行されていることが原因と思われる。列車だと高台にある駅まで遠い上、本数も少ない。私も、帰りはちょうどいい時間の列車がないので、バスで根室駅に戻ろうと考えている。

そう思いつつ、何となく駅の時刻表を見ていると、7:39発根室行き(休日・休校日は運休)という列車があるのに気付いた。帰りにちょうど良い時間の列車である。なぜこの列車を使うプランにしなかったのか?時刻表で見落としていたのか?と不思議に思って時刻表を見直してみると、なんとなんと、こんな列車、掲載されていないではないか。またしても狐につままれたような、不思議な気分になった。

後で知ったことだが、この列車は根室市内の高校に通う生徒の便を図るため、厚床駅から根室駅まで各駅停車で運転されている臨時列車で、市販の時刻表には載っていない幻の列車として知られているという。そう言われると、厳密には道内時刻表には載っていた気がするが、今回のプラン作成に使用した全国版の時刻表には確かに載っていない。列車とバス、両方使えるなら、もちろん列車を選ぶ。急遽、この「幻の列車」に乗って根室駅に戻るプランに変更することとする。

まだ時間があるので、散策に出る。駅から南東へ向かう道を行くと、眼下に花咲の集落が見えてきた。そのまま坂道を下り、集落内を散策する。人や車の往来が結構あり、やはり活気があるような印象を受ける。目につくのはロシア語併記の看板の数々。避難場所案内図に道路案内板、バス停までロシア語が併記されている。英語よりもロシア語である。ここがどういった場所なのか、改めて認識させられる。

道道310号線を通ってJRの線路を越え、老人ホームの前を通って駅に戻る。やがて厚床方面から迎えの「幻列車」がやって来た。乗り込んでしまえばごく普通の列車で、多くの高校生たちが乗っている。朝の通学時間帯だが、私のほかに花咲駅で乗り降りする客はおらず、存在意義を失った状況を自ら静かに物語っているように感じられた。


ホーム > 秘境駅の情景 > 花咲

ホーム > 廃駅跡の情景 > 花咲【現役時代の様子】