ホーム > 秘境駅の情景 > 東幌糠

ホーム > 廃駅跡の情景 > 東幌糠【現役時代の様子】


  東幌糠(JR北海道・留萌本線)

1.留萌方面をのぞむ

 

2.味わい深い駅名標

 

3.ホーム裏手(国道側)から

 

4.留萌方面から迎えにやって来た列車

【駅概略】 ※2006年3月18日廃止

JR留萌本線の峠下−幌糠間にあった無人駅。峠下駅から3.3km,国道233号線沿いの民家の点在する田園地帯に,1面1線の非常に簡素な木製ホームがぽつんとあった。利用者が1日1人未満と極端に少ないことから,2006年3月17日をもって廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

東幌糠(ひがしほろぬか)

所在地

北海道留萌市東幌糠町東幌糠
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1963年12月1日仮乗降場として開業,1987年3月31日駅に昇格

乗降客数

駅名のルーツ

幌糠町の東にあることから。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1972年10月

4.5往復(仮乗降場)

1987年4月

3.5往復(駅)

2006年1月

2往復(駅)

 

【訪問記】(2006年2月)

早暁5時前,夜行の特別急行「オホーツク10号」で深川に到着。駅前のコンビニで調達した朝食を食べるなどして約1時間待ち,留萌本線の下り始発列車に乗車する。

「もしや・・・」と思った通り,他に客は誰もいない。唯一の乗客である私は今日たまたま乗り合わせた一介の旅人に過ぎないので,定期券などで恒常的にこの列車を利用する乗客はいないようだ。

まだ暗い中,だけど積雪でほんのり薄明るい中,まさしくわが列車は田園地帯を快調に駆け抜ける。この列車は普通列車ながら主な駅にしか停車しない。通過扱いの哀れな小駅を車内から観察しようとするも,全く気づかずにいつの間にか通り過ぎていた。

深川から26分,2つ目の停車駅である峠下で下車する。ここまでお世話になった列車は,むなしく空気のみを乗せて発車していった。

山に抱かれたこの峠下駅自身も非常に心惹かれる駅である。が,今回はすぐ隣に瀕死の重傷を負った予断を許さぬ小駅があって,今日はそちらの見舞いに行かねばならぬ。だからあまり時間がない。しかもまだ暗い時間帯である。こんな状況下で「峠下駅を訪問した,満喫した」というのはおこがましいし,失礼にあたるだろう。ここは一つ,再訪を誓って心を鬼にし,全く足を止めることなく駅舎を出て西に歩き始める。

駅前の道を西に行くとすぐに国道233号線に出た。ありがたいことに,こんな山中でも歩道が付いている。早朝にもかかわらず頻繁に行き交うトラックから身を守るため,歩道を歩くことにする。

峠から麓に向かう下り坂なので,歩く分には非常に楽だ。・・・と,その歩道に,延々と足跡がついているのに気づいた。その向きからして,私とは逆に峠下駅に向けてこの歩道を歩いた人が最近にいたようだ。雪が踏み固められて歩きやすいので,この足跡の上を歩くことにする。そんな感じで快調に山を下るうちにも,後ろのほうからどんどん白い空が追いかけ追い越してくる。

空全体が白みと青みを帯び始めた頃,ついに目的地である東幌糠駅に到着した。ここまでお世話になった足跡はここで途切れている。一躍脚光を浴びることになった東幌糠駅で下車し,停車本数の多い峠下駅に向かった同業者が昨日あたりにいたと思われる。

さて,その東幌糠駅だが,雪に覆われた田園地帯を走る国道沿いに1面1線の簡素なホームがぽつんとあるだけで,駅舎はない。待合室もない。トイレもない。これ以上無理なほど簡素化された駅である。駅周辺には民家が数軒点在するのみだ。

さっそくホームに立ってみる。国鉄時代からのものと思われる味わい深い駅名標がある。この駅名標,おかしなことに裏にもひらがなで「ひがしほろぬか」と書いてある(写真3)。駅の名前をここまで強くアピールしているものは初めて見た。・・・・・・いったい何人にアピールできているかは甚だ疑問だが。

時刻表もある。1時間ごとに下り・上りを欄分けした標準的なものだが,残念ながら全部で4つしか数字が入っていない。はっきり言ってスペースの無駄だと思う。

そうこうするうちに,留萌方面から迎えの普通列車がやって来た。先の時刻表の中で一番上に載っている列車である。深川に向かう朝の列車として設定されていると思われるが,ローカル線最大のお得意様である高校生ですら結局現れなかった。これじゃ廃止されても仕方がないなぁと思う。

それでも,一介の旅人である私を安全に確実に普通列車に送り届けてくれる東幌糠駅。最近は私のような物好きしかやって来ないのかもしれないけれど,あと1ヵ月半,有終の美を飾って欲しいと思う。

今まで本当にご苦労さま。今日はどうもありがとう。

そしてさようなら,東幌糠駅・・・・・・。


ホーム > 秘境駅の情景 > 東幌糠

ホーム > 廃駅跡の情景 > 東幌糠【現役時代の様子】