ホーム > 秘境駅の情景 > 姫川

ホーム > 廃駅跡の情景 > 姫川【現役時代の様子】


  姫川(JR北海道・函館本線)

1.駅舎(正面から)

 

2.駅舎(ホーム側から)

 

3.ホーム(函館方面をのぞむ)

 

4.ホーム(森方面をのぞむ)

【駅概略】 ※2017年3月4日廃止

JR森駅から函館本線を大沼回りで南へ1駅目,5.3kmの地点にあった無人駅。2面2線のホームと簡素な駅舎があった。もともと信号場として設置されたが,途中から客扱いを行う仮乗降場の役割も果たすようになり,さらに国鉄民営化とともに正式な駅に昇格した。駅舎から通じる駅前通りは未舗装となっていた。国道5号線がすぐ横を走っているが,国道側に出口はなかった。1日平均の乗車人員が1名以下と極端に少なくなったことから、2017年3月に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

姫川(ひめかわ)

所在地

北海道茅部郡森町姫川
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1913年8月1日信号所として開業,1987年4月1日駅に昇格

乗降客数

駅名のルーツ

「姫川」は本州ならば「女川」,つまりおとなしい川の意。宮城県牡鹿郡女川町を流れる女川を参考にしたという。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1956年12月

6往復(信号場兼仮乗降場)

1968年12月

下り9本,上り7本(信号場兼仮乗降場)

1987年4月

下り7本,上り5本(駅)

2009年11月

5往復(駅)

 

【訪問記】(2009年9月)

仁山駅から乗り込んだ普通列車は,次の大沼駅に到着。ここで,砂原回りの森行き普通列車に乗り換える。これまた1両編成のディーゼルカーは,沿線人口も希薄なエリアを1時間足らずで力走する。久しぶりに乗り鉄をしているな,という気分になる。

終点・森駅に到着。1時間ほど待ち時間があるので,改札を出て町中を散策する。明治天皇行在所跡や森桟橋跡なんてものがある。南東を見やれば,駒ヶ岳が顔をのぞかせている。

森駅に戻り,大沼周りの普通列車に乗る。10分ほどで最初の停車駅・姫川に到着した。ここで下車する。

姫川駅には6年前にも訪問したことがある。そのときは姫川で下車して,隣の東山駅まで歩いた。この6年間,何の成長も見せなかった私は,今日も同じことを繰り返そうとしている。

その前に,一応ホームに立って姫川駅を観察する。降り立った上りホームは1両分という最低限の長さしかない。対して,下りホームは特急列車でも停車できそうなくらい有効長が長くなっている。見るからにアンバランスで,違和感がある。なぜこんなことになっているのか?よく分からないけれど,上りホームは1両編成の列車しか走らなくなった最近になって新設されたのかもしれない。

上りホームから階段を上がって駅舎に入る。信号場上がりの駅だからか,簡素なプレハブ造りとなっている。今や正式な一般駅で,こうして駅舎も設置されているが,哀しいかな,停車する列車本数は信号場兼仮乗降場の時代よりも少なくなっている。

駅舎を出ると,駅前通りが伸びている。駅前通りと言ってもダートで,深い森の中へと消えている。覗き込んでみたが,薄暗く,薄気味悪い。

 

・・・さて,さっきも宣言した通り,これから隣の東山駅まで歩こうと思う。下りホームのすぐ横を国道5号線が通っていて,これを行けば東山駅に到達できる。駅舎から伸びる駅前通りを素直に行くと,国道とは反対方向に向かうことになり,遠回りになる。かといって,下りホームから外に出る道はない。無理やり出ようにも,ホームの国道側はちょっとした藪となっていて,簡単には脱出できそうにない。すぐそこに見えていて,車の走行音もけたたましく聞こえてくるのに,恨めしい。

6年前は藪の一画に何とか通れそうな隙間を発見,そこに体をねじ込んで隣の畑の畔道に出,そのまま畦道を伝って国道に出た。この隙間,見るからに人為的にできた風で,同じことを考える人(国道側に住んでいた地元の利用客?)がいたのかもしれない。

今日もその隙間を利用するため,おぼろげな記憶を頼りに探しにかかる。・・・が,見つからない。ホーム上を何度も行ったり来たりするも,やっぱり見つからない。6年前に隙間を維持してくれていた地元の利用客がいなくなったのだろうか。こうなったら・・・・・・

#%(”$(+>}*"(‘{〜¥^+?」=)’$%!!!!!!!

何とか国道に出た私は,国道をちょっと北西に戻ってから左に折れ,交通量の少ない道に入った。東山駅に行くには国道をそのまま南東へ向かえば良いし,6年前もそうしたが,今回はせめて東山駅へのルートぐらいは変えてみたかったのである。

・・・と,さっそくその余得に出くわした。この道に入ると,前方に駒ヶ岳が見えてくる。その手前には,赤屋根・青屋根・緑屋根とカラフルな北海道らしい牧場がある。何気ないこの光景,妙に美しく感じられ,しばらくそこに佇んで見惚れた。

さらに行くと,すぐ左手に神社がある。その向かいに,廃校となった姫川小学校の跡地を発見した。意外な発見に,またまたそこにしばらく佇む。これも余得といって良いのかどうかは分からない。


ホーム > 秘境駅の情景 > 姫川

ホーム > 廃駅跡の情景 > 姫川【現役時代の様子】