ホーム > 秘境駅の情景 > 金華

ホーム > 廃駅跡の情景 > 金華【現役時代の様子】 


  金華(JR北海道・石北本線)

1.ホーム(留辺蘂方面をのぞむ)

 

2.駅舎

 

3.廃屋が立ち並ぶ駅前通り

 

4.発車を待つ金華始発網走行き普通列車

【駅概略】 ※2016年3月26日廃止

JR留辺蘂駅から西へ2駅,5.5kmの地点にあった無人駅。国道242号線沿いの山間地に、2面2線のホームと木造駅舎があった。当駅を発着する普通列車も設定されていたが、駅周辺には廃屋が立ち並んでおり、1日平均の乗車人員が1名以下と極端に少なくなったことから、2016年3月に廃止された。駅跡前の高台に、強制労働で殉難した方々を追悼する「常紋トンネル工事殉難者追悼碑」がある。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

金華(かねはな)

所在地

北海道北見市留辺蘂町金華
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1914年10月5日(湧別軽便線奔無加駅として)

乗降客数

駅名のルーツ

付近に金鉱があったため、旧駅名の奔無加から改称した。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1925年4月(湧別線奔無加駅)

4往復

1944年12月(石北線奔無加駅)

5往復

1956年12月(石北線)

5.5往復

1968年12月

6往復

1987年4月

6往復

2015年3月

8往復

 

【訪問記】(2016年1月)

2015年度JR北海道廃止予定駅訪問シリーズ第4弾。JR北海道が経営立て直しのため、極端に利用の少ない9駅の廃止を打ち出した。こうした駅は非常に魅力的な駅であることが多く、きわめて衝撃的かつ残念な話ではあるが、廃止が覆される可能性は低いと思われる。とにかく、廃止される前に訪問しておきたい。9駅のうち、小幌、上白滝、旧白滝下白滝の4駅は訪問済みなので、残る5駅を訪問するプランを考え、さっそく実行に移すこととする。

第4弾は金華駅。札幌から特急「オホーツク3号」に乗り、遠軽駅で下車。すぐに接続する普通列車に揺られること約1時間、金華駅に到着した。

私と一緒に下車した男女2人組がいる。ここまで乗ってきた列車が金華駅で10分ほど停車していたその間に、慌ただしく駅舎やホームなどを撮影し、再び同じ列車に乗って去って行った。停車時間も読み解いた上での見事な行動に、かなり高度な訪問計画だな、と思った。

さて、私は、まずは駅舎に入り、スキーウェアとスノーブーツを鞄から取り出して身にまとった。次の列車までの約2時間、駅周辺をとことん散策するつもりである。

まずはホームに立ち、周囲を見回す。静かな山間部に、2面2線のホームが雪に埋もれて伸びている。木造駅舎は古びて味わい深く、仮乗降場上がりの簡素な駅とは一線を画す貫録を見せている。

駅舎を出て、駅周辺を散策する。通りの右に左に建物が並んでいる。地形図を見ても、駅周辺には建物のマークが数多く描かれており、目の前の状況と一致する。他のもっと辺鄙なところにある諸駅と比べて、金華駅は周辺に人の住む気配が十分に感じられる駅、との印象を持っていた。北見方面から金華駅を発着する普通列車が設定されていることもそれを支持する。それだけに、なぜ金華駅が廃止されるのか、不思議でならなかった。しかし、現地を訪問して謎が解けた。建物がことごとく廃屋なのだ。建物はあれど、人の気配はない。駅周辺をくまなく見てまわったところ、金華駅周辺でまだ人が住んでいるのは、多く見積もっても3軒程度と思われた。

・・・、・・・、・・・・・・。

そうなると、なぜ金華駅発着の列車が設定されているのかが分からなくなる。真相は不明だが、どうやら東隣の西留辺蘂駅周辺の学校に通う学生の便を図るため、区間列車を設定したいが、西留辺蘂駅には折り返し設備がないため、仕方なく金華駅発着にしている由。金華駅廃止後はどうなってしまうのだろうか。

駅前通りを抜け、国道242号線を渡ると、目の前は急斜面となっている。右手に「常紋トンネル工事殉難者追悼碑入口」と書かれた標柱が見える。その右手に、急斜面を斜めに上っていくなだらかなスロープがある。今の時期は雪に埋もれており、本来なら諦めてしまいそうなところ、今日は本格的な装備に任せて気にせず突入する。

スロープに沿って上がっていくと、件の追悼碑に出た。裏に剥げかけた説明板がある。それによると、金華駅の遠軽寄りにある常紋トンネルは、本州からの強制労働者により建設されたが、工事の途上、粗食・重労働・リンチなどによって百数十人もの殉難者を出した。彼らを追悼するために建立されたという。北海道の各地にあるはずの負の歴史の一端を垣間見て、哀悼と感謝の意を新たにする。

追悼碑の近くに別の標柱があり、「金華小学校跡」とある。そう、ここは金華の集落にかつて存在した小学校の跡地なのだ。ここに小学校が必要になるだけの、多くの人々の暮らしが存在したはずだが、今の駅前集落からは全く想像もつかない。

・・・、・・・・・・、・・・・・・。

地形図を見ると、記念碑のマーク(追悼碑を示していると思われる)の近くに神社がある。積雪で道らしきものは見当たらないが、強引にその方向へと突っ込んでいくと、確かにそこに神社があった。鳥居から拝殿に向かう途中に倒木があり、参拝者の行く手を阻んでいる。この冬に倒れた木かもしれないが、実は神社ですら維持管理が行き届いておらず、自然に還りつつあるのでは、と思った。

駅に戻る。だんだん薄暗くなってきて、ホームに電灯がついている。この雰囲気、たまらなく好ましい。やがて、折り返しとなる金華駅止めの列車が入ってきた。夕方の時間だが、やはり誰も下りて来ない。金華駅の情景を脳裏にしっかり焼き付けてから、列車に乗り込む。臨終の前に訪問することができて本当に良かった。


ホーム > 秘境駅の情景 > 金華

ホーム > 廃駅跡の情景 > 金華【現役時代の様子】