ホーム > 秘境駅の情景 > 川上


  川上(北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線)

1.駅舎(国道側から)

 

2.駅舎(ホーム側から)

 

3.北見方面をのぞむ

 

4.池田方面をのぞむ

 

5.駅北側に広がる更地(線路左側中央に「宿舎4号」が見える)

【駅概略】 ※2006年4月21日廃止

北海道ちほく高原鉄道の陸別駅から北へ2駅,9.8kmの地点にあった無人駅。川上地区は林産資源に恵まれていたため,林業の開拓を目的に,駅員配置・貨物取り扱い駅として開業した。一時は年間3万人近い乗降客数を誇り,多くの林業従事者で活況を呈していたものの,林業が衰退するにつれ人々はこの地を離れていった。川上駅のほうも近年では快速「銀河」はもちろんのこと,一部の普通列車も通過していた。そしてついにはふるさと銀河線の廃止に伴い,2006年4月20日をもって廃止された。駅跡付近に人家は全くなく,宿舎や倉庫があったと思われる更地が北側に広がっているのみとなっている。

 

【駅データ】  ※現在は廃止

駅名

川上(かわかみ)

所在地

北海道足寄郡陸別町利別川上62
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1920年6月1日(国鉄網走本線として)

乗降客数

0人(1998年現在,1日平均)

駅名のルーツ

利別川の川上にあることによる。

 

【停車本数データ】  ※現在は廃止

1925年4月(国鉄網走本線)

3往復

1944年12月(国鉄網走本線)

4往復

1956年12月(国鉄網走本線)

5往復

1968年12月(国鉄池北線)

5往復

1987年4月(JR北海道池北線)

4.5往復

2005年10月

3.5往復

 

【訪問記】(2005年10月)

上利別駅から普通列車に乗車。パックツアーとおぼしき団体客で満員の車内に潜りこんで揺られること30分,川上駅で下車した。

川上駅を訪問するのはこれで2回目だ。前回は隣の分線駅から歩いて訪問した。無人の山中をとぼとぼ歩いた末に川上駅の素晴らしい木造駅舎を発見したときの感動は今でも忘れられない。

さて,満員の列車から降りたのは結局私一人だけ。遠ざかる列車を見送ってから駅の観察に入る。

まずは目の前にある駅舎。よくぞ今まで生き残っていてくれたと感謝したくなるような味わい深い木造駅舎である。長年の風雨に耐え,この地の歴史を黙々と見守ってきた風格が備わっている。

中に入る。木造の椅子,駅ノート,壁の時刻表などなど,前回の記憶と照らし合わせて基本的に相違はない。が,一つだけ,見覚えのない掲示物が貼ってあるのに気づく。見ると,「川上駅について」とあり,川上駅の歴史などについて詳しく説明してある。ふるさと銀河線を応援する団体が作成してくれたようで,歴史派の私にとっては非常にありがたい。しっかりメモさせて頂いた。

今度は線路を挟んで反対側の草むらに向かう。引込み線の跡があり,その奥にはあやしげな細長い区画があって,川上駅全盛期にはここに何らかの施設があったと思われる。これはもうその痕跡を探索せずにはいられない。

自分の背丈ほどもある草を掻き分けていくとすぐに草むらは途切れ,空き地に出た。が,ここが何だったのかはよく分からない。よく分からないけど,昔は切り出された材木がここに置かれ,ここから材木が積み込まれていったのだと思うことにしよう。想像するのは自由だから。

駅舎に戻る。ホームに立って深呼吸をしていると,駅前に1台の車が停まり,カメラを抱えた男性が降りてきた。私に軽く会釈したあと,駅舎やホームにカメラを向け始める。どうやら同業者らしい。

一通り撮影を終えた彼と話をする。これから隣の小利別駅に向かう由。私もこれから小利別駅まで歩くつもりだと言うと,「良かったら乗せて行ってあげますよ」と言ってくれる。小利別駅まで6km以上もあるので非常にありがたい。非常にありがたいのだが,次の列車まで3時間もある。3時間もあるから歩くことにしている。車でさっと行ってしまっては暇を持て余す。・・・・・・そう説明して,丁重に辞退させて頂いた。

車で去っていった彼を見送ったあと,私も駅舎を出て北へ向かう。が,すぐに立ち止まる。彼の申し出を断ったのにはもう一つ理由があって,この川上の地が歩んできた壮大な歴史を一端でも垣間見ておきたかったのだ。今は見る影もないが,昔は林業従事者が入植して活況を呈していたという。その夢の跡を探ってみたい。

立ち止まって見はるかすと,駅北側には更地が広がっている。一昔前には宿舎や倉庫が建ち並んでいたと思われるが,今はただの原っぱに過ぎない。が,その中に一棟だけ,今も立派に自立している建物がある。近づいてじっくり観察してみると,どうやら宿舎の跡のようだ。周囲の建物がどんどん倒壊していく中,孤独にけなげに風雨に耐え,この地の栄光の過去を何とか今に伝えようと頑張っているように見えた。

そのまま北上すると,左手に入っていく小道がある。無意識のうちにその小道に入り,小川を渡って再び左に折れ,道なりに右に曲がっていくと,その突き当たりに一軒の民家があるのに気づいた。「おぉ,こんなところに密かに人家があったのか・・・。」そう思いつつさらに前進すると,見る間にその民家は大きくなってくる。大きくなってくるにつれ,どこか様子がおかしいことに気づく。やがてその民家の目の前に立ったときには,それが無人の廃屋であることを知った。

やはりこの川上の地に住民は全くいないようだ。昔の入植者たちの夢の跡なら辛うじて見出せないこともない。が,それもひっくるめて,人間がこの地に残した足跡はまた元の自然に還りつつある。

・・・,・・・・・・,・・・・・・。

これで川上の地を去ろうと思う。国道に戻り,小利別駅に向けて北上し始める。あの味わい深い木造駅舎はどんどん後ろに遠ざかっていく。85年前にこの世に生を受け,多くの人々の往来を見つめ,川上の地の盛衰を見守ってきた川上駅。そんな由緒正しき古老も,あと半年で息絶えようとしている。地域の玄関口を失った川上の地は,ますます時代から取り残されていくのだろう。

今までどうもありがとう,川上駅。長い間本当にお疲れ様でした。

そして,さようなら・・・・・・。


ホーム > 秘境駅の情景 > 川上