ホーム > 秘境駅の情景 > 茅沼

  茅沼(JR北海道・釧網本線)

1.ホーム(標茶方面をのぞむ)

 

2.ホーム(釧路方面をのぞむ)

 

3.駅舎

【駅概略】

JR釧路駅から釧網本線を6駅,34.2kmの地点にある無人駅。1面1線のホームと、ログハウス風の瀟洒な駅舎がある。1964年に当時の駅長が餌やり場を設置して以来、タンチョウが来る駅として有名となった。駅周辺には人家が点在している。

 

【駅データ】

駅名

茅沼(かやぬま)

所在地

北海道川上郡標茶町シラルトロエトロ
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1927年9月15日(釧網線として)

乗降客数

駅名のルーツ

付近一帯に茅が乱生していたことによってついた駅名。

 

【停車本数データ】

1930年10月(釧網線)

4往復

1944年12月

5往復

1956年12月

5往復

1968年12月

5往復

1987年4月

7.5往復

2001年3月

8往復

2018年3月

7往復

 

【訪問記】(2017年2月)

細岡駅から網走行き普通列車に乗車。17分で茅沼駅に到着し、下車する。

茅沼駅と言えば、タンチョウの来る駅として有名だ。ホームに降り立って周囲を見回すと、さっそく2羽のタンチョウが優美に飛んでいるのを発見した。ずっと見ていると、ホームにも降り立って我が物顔で歩いている。1964年に当時の駅長が餌場を設置して以来、タンチョウが来るようになったという。

あまり興味はなかったものの、内心出会えてうれしく思いながら、駅舎を見物する。今日これまで見てきた釧路湿原駅細岡駅と同様に、茅沼駅の駅舎もログハウス風である。ホーム側の出入口上には「タンチョウの来る駅」と書いてある。また、駅前広場側の出入り口横にはタンチョウの絵が貼ってある。いかにも観光客向けだ。

しかし、今日これまで見てきた釧路湿原駅細岡駅と違って、茅沼駅の周辺には非常に少ないながら人家がある。人々の生活の匂いが感じられ、何だかほっとする。駅前広場を歩きつつ、時おり駅舎側へ振り返って名残を惜しみつつ、次の目的地へと歩き始めた。目指すは隣の五十石駅である。


ホーム > 秘境駅の情景 > 茅沼