ホーム > 秘境駅の情景 > 薫別


  薫別(北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線)

1-1.北見方面をのぞむ(2005年10月)

 

1-2.待合室(2005年10月)

 

 

 

2-1.待合室(2006年1月)

 

2-2.待合室内部(2006年1月)

 

2-3.置戸方面から迎えにやって来た列車(2006年1月)

【駅概略】 ※2006年4月21日廃止

北海道ちほく高原鉄道の陸別駅から南へ1駅,6.7kmの地点にあった無人駅。簡素な1面1線の木造ホームと待合室があったが,快速「銀河」だけでなく,普通列車でも通過するものがあった。ふるさと銀河線の廃止に伴い,2006年4月20日をもって廃止された。駅跡周囲には牧場が点在するのみで,あとは牧草地と原野が広がっている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

薫別(くんべつ)

所在地

北海道足寄郡陸別町上利別原野東1線
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1958年9月10日(国鉄網走本線として)

乗降客数

1人(1998年現在,1日平均)

駅名のルーツ

クンネ・ペツ(黒い川)の音訳されたもの。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1961年10月(国鉄池北線)

5.5往復

1968年12月(国鉄池北線)

6.5往復

1987年4月(JR北海道池北線)

5.5往復

2005年10月

5.5往復

 

【訪問記】(2005年10月)

小利別駅から普通列車に乗車。30分ほどで薫別駅に到着し,下車した。

薫別駅には2年前にも訪問したことがある。が,プランの都合上,滞在時間は30分もとれず,不完全燃焼に終わった。そこで今回,思い立って再訪してみることにした。

ホームに降り立つ。相変わらずの木造ホームである。都会のコンクリート造りの立派なホームに慣れた身からすれば,あまりに簡素で貧弱なホームだ。が,ここは栄えある薫別駅。薫別駅のホームたるもの,こうでなければならないという威厳と自信すら漂っている。

駅前通りに出て左手の待合室に向かう。相変わらずのプレハブ小屋然とした待合室である。都会のコンクリート造りの立派な待合室に慣れた身からすれば,あまりに簡素で貧弱な待合室だ。が,ここは栄えある薫別駅。薫別駅の待合室たるもの,こうでなければならないという威厳と自信すら感じられる。

待合室の中に入る。相変わらずの木造ベンチがある。都会のプラスチック造りの立派なベンチに慣れた身からすれば,あまりに簡素で貧弱なベンチだ。が,ここは栄えある薫別駅。薫別駅のベンチたるもの,こうでなければならないという威厳と自信すら醸し出している。

・・・・・・ちょっとストップ。

こんな感じで木造ベンチのことまで対句風にあっさり流してしまったが,このベンチについてはもっと感情を込めて書きたくなった。この木造ベンチ,実に味わい深いのである。木の枝を組み合わせただけの非常に簡素な造りで,実際に座ったらつぶれてしまいそうだ。夏休みの工作で小学生に作らせたらもっと丈夫なものを作るんじゃないかとすら思う。かように貧弱で不細工な一品なのだけど,じっと眺めていると得も言われぬ感動に襲われてくる。何というか,これぞ北海道と思えてきて,開拓時代の匂いがしてくるのだ。これ以上はうまく言えそうにないので,これはもう実際に現地に赴いて見て頂くしかないだろう。

味わい深い木造ベンチに再会し,すっかり満足した私は,南西に向けて歩き始めた。目指すは隣の大誉地駅である。歩き始めるも,すぐに後ろを振り返って薫別駅に名残を惜しむ。また数歩歩くも,また後ろを振り返って名残を惜しむ。そんなことを繰り返しているうちに時間がなくなってきた。あたりも暗くなってきた。先を急がなければならない・・・・・・。やがて吹っ切れ,わき目も振らずに大誉地駅に向けて歩き始める。ふるさと銀河線は半年後の廃止が決まっていて,もう二度とこの地を訪れることはないだろう。

今までどうもありがとう。そしてさようなら,薫別駅・・・・・・。

 

【再訪記】(2006年1月)

・・・・・・とまぁ,こんな感じで,「もう二度とこの地を訪れることはないだろう」と書いて前回の訪問記を締めたのだが,あれから4ヵ月後,隣の大誉地駅から普通列車に乗り込んだ私は,再び薫別駅のホームに降り立っていた。嘘をついてしまい,まずは読者の皆様に詫びたいと思う。

と,私と同じく薫別駅で下車した男性がいる。こういう駅で下車するのはいつも私一人なので異例のことだが,薫別駅は廃止の迫っているふるさと銀河線の中でも一二を争う人気駅なので,特に驚かない。

ここまで乗ってきた列車が去っていくのを立派なカメラで撮影している彼を尻目に,私はわき目も振らず待合室に向かう。そして待合室の外観と内部の様子をさっと写真に収めると,すぐに駅から北西方向へと歩き始めた。

今回,読者の皆様に嘘をついてまで再訪したのは,待合室の内部を撮影したかったからで,もう事は済んだ。3回目の訪問なので駅周辺の様子も十分に分かっている。ここはひとつ,薫別駅自体の雰囲気や味わいは彼に譲ることにして,私は駅から北西方向に国道242号線まで歩いてみようと思う。

つるつるに凍てついた滑りやすい道を慎重に行く。駅からすぐの三叉路を右に折れ,橋を渡ると国道に出た。周囲を見回すも,特にどうということはない。牧場が点在しているだけだ。あえなく薫別駅まで引き返した。

今回の滞在時間は30分もなく,早くも迎えの列車がやって来た。私は小さなデジカメで,彼は立派なカメラで,お互い譲り合いながら迎えの列車を撮影する。やがて静かにホームに滑り込んだ列車に,2人して乗り込んだ。薫別駅にはあるまじき大量乗車だ。

再び動き出した列車は,見る間に薫別駅から離れていく。なんだかんだで3回もお世話になった薫別駅。だが,今度こそ,もう二度とこの地を訪れることはないだろう。

今まで3回もどうもありがとう。長い間ご苦労さま。

そして,今度こそ本当にさようなら,薫別駅・・・・・・。


ホーム > 秘境駅の情景 > 薫別