ホーム > 秘境駅の情景 > 南下沼

ホーム > 廃駅跡の情景 > 南下沼【現役時代の様子】


  南下沼(JR北海道・宗谷本線)

1.駅遠景

 

2.ホーム(幌延方面をのぞむ)

 

3.待合室

 

4.駅前通り

【駅概略】 ※2006年3月18日廃止

JR宗谷本線の幌延−下沼間にあった無人駅。幌延駅から6.2km,国道40号線の脇にひっそりとホームと待合室があった。もともと仮乗降場として開業したため,ホームも待合室もかなり簡素なつくりとなっており,国道から駅に通じる道も舗装されていなかった。利用者が1日1人未満と極端に少ないことから,2006年3月17日をもって廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

南下沼(みなみしもぬま)

所在地

北海道天塩郡幌延町南下沼
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1957年2月1日仮乗降場として開業,1987年3月31日駅に昇格

乗降客数

駅名のルーツ

下沼よりも南にできた集落なので。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1972年10月

4.5往復(仮乗降場)

1987年4月

3.5往復(駅)

2005年10月

2往復(駅)

 

【訪問記】(2005年10月)

幌延から始発の稚内行き普通列車に乗り,南下沼駅を通り過ぎて,2つ目の下沼駅で下車した。ここから南下沼駅に戻るべく,国道40号線をせかせかと歩き始めた。

さわやかな早朝に,雄大な北の大地を,口笛を吹きながら,快適に歩を進める。・・・といきたいところだが,猛烈なスピードでトラックが通過し,強烈な風圧と排気ガスを残して去っていくのには幻滅した。

南下沼駅には2年半前にも来たことがある。今回と同じく,隣の下沼駅から歩いて訪問した。国道脇にひっそりとたたずむこの駅を発見したときの感動は今でもはっきりと覚えている。

今回は2回目なので,そのような感動はない。迷うことなく国道を淡々と歩き,宗谷本線をまたぐ跨線橋に到着。そこから「確かあの辺に・・・」と思いつつ左手を眺めると,案の定南下沼駅を発見した。全てが記憶通りに淡々と,粛々と行われた。

・・・・・・なのに,跨線橋から眺めていると,またもや得も言われぬ感慨を覚えてしまった。遠くに簡素なホームが太陽の光を受けて輝いている。「ここに駅がある」と思って見なければおそらく誰も気づかないような,そんなところにぽつんと駅があるのだ。

なぜこんなところに駅があるのか,全く理解できない。駅のくせに乗客を拒んでいるようにすら見える。あるいは,すぐ脇を通る国道や我々とはもはや別次元の世界で超然と構えているようにも見える。そんな南下沼駅に前回は惚れ込み,今回は惚れ直してしまった。やはりいい駅というのは何回来てもいいものだ。

さて,そのまま跨線橋を渡り切り,左に折れて,駅に向かう小道に入る。前回来たときは雪に覆われていて道なき道を進んだ記憶があるが,雪のないこの時季に来てみても結局は雨上がりにぬかるむ泥濘道だった。

ぬかるみに足を取られながらも泥濘道を行く。その先で出迎えてくれたのは,板を張り合わせただけの簡素なホーム,そして物置と見紛うばかりの待合室。あまりに貧弱だが,これらあってこその南下沼駅だとも思う。

草を掻き分け,待合室に入ってみる。他の駅と同じく,一丁前にJRからのお知らせやお願いなどが張ってある。また,これまた他の駅と同じく,1時間ごとに欄分けされた時刻表も掲げてある。見ると,下りの6時台と15時台,上りの7時台と18時台にしか数字が入ってなかった。

このうち,上りの7時台の列車に乗ってこの駅をあとにすることにする。雨も止みさわやかに晴れ渡る青空の下,稚内方面から見慣れた普通列車が小さな光を灯してやって来た。

最近はこうした駅を訪問する物好きが多いらしく,運転士も特に驚いた様子はない。こちらも特段珍しいことをしている様子も見せず,常連客のように淡々と乗り込んだ。乗り込んだ列車は,安全を確認すると,いつも通りにゴトゴトと動き出した。何もかもが日常のありふれた光景のようだった。・・・・・・そんなことはあり得ないのだが。

愛すべき南下沼駅は見る間に後ろに遠ざかり,すぐに見えなくなった。後ろ髪を引かれる思いで列車に揺られる。非常に名残惜しい。まだまだここにいたい。が,まだまだ旅は続く。次に目指すべきは天塩中川駅,そして謎多き琴平駅の跡である。


ホーム > 秘境駅の情景 > 南下沼

ホーム > 廃駅跡の情景 > 南下沼【現役時代の様子】