ホーム > 秘境駅の情景 > 大志田

ホーム > 廃駅跡の情景 > 大志田【現役時代の様子】


  大志田(JR東日本・山田線)

1.現ホーム

 

2.スイッチバック跡

 

3.旧ホーム跡

 

4.加速線跡

【駅概略】 ※2016年3月26日廃止

盛岡市内ながらも北上山地の深い山中にある無人駅。もともとX型のスイッチバックを有し,駅員が常駐して列車交換が行われ,電報が打てるほどの駅だった。しかし,1982年にスイッチバックは廃止,ホームは本線上に移された。以後,停車本数は減少し,現在は快速「リアス」号はもちろんのこと,一部の普通列車も通過する。1980年には年間約8000人いた乗降客も,2000年には1000人未満にまで減少した。その後も減少は止まらず、1日あたりの平均乗車人員が1名未満にまで減少したことから、2016年3月に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

大志田(おおしだ)

所在地

岩手県盛岡市浅岸字大志田
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1928年9月25日

乗降客数

駅名のルーツ

シダは信太,志太と書く地名と同義で,森林のこと。大きな森林をもつ土地ということ。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1930年10月

4往復

1944年12月

7往復

1956年12月

4往復

1968年12月

5往復

1987年4月

4.5往復

2005年6月

1.5往復

 

【訪問記】(2004年8月)

台風15号が近づいている。が,かまわず盛岡に向かう。風は強いが雨は降りそうにない。何とかなるだろう。

盛岡駅から歩いて5分,橋のたもとにある自転車屋に入る。1日契約,1000円で自転車を借りた。風の抵抗を受けつつも,地図を頼りに勢いよくこぎ出す。

目指すは大志田駅。約20km先にある非常に魅力的な駅だ。駅だが,列車だと夜にしか行けない。しかも滞在時間が短くなる。かといって,車で行くのも味気ない。駅寝の技術も持ち合わせていない。そこで導き出した答えが「レンタサイクルで訪問」だった。

途中で昼食を調達しつつ,上米内まで来た。上り坂ではあったが,予想通り鉄道が通れる程度の勾配なので,特に問題ない。

が,ここからが問題だ。舗装されてはいるものの,完全な山道(米内川林道)に入る。日本各地で「熊が出た」というニュースもよく聞く。念には念を,ということで,おもむろに携帯ラジオを取り出した。高校野球に電波を合わせ,音量を上げ,前かごに入れる。

こうしてすっかり準備を整え,いよいよ林道に突入する。ご丁寧にも,林道入り口には大志田駅への方角を示す標識が出ている。すぐ近くに上米内駅があるのだが。

途中,渓流釣りのおっさんに変な目で見られたり,倒木に行く手を阻まれたりしながらも,何とか強風を押しのけて疾走する。あたりは完全に山の中。原敬が「山猿でも乗せる気か」と言われたのもしょうがない気がする。

出発して約1時間半,ようやく大志田駅に到着した。

長年夢見た景色が今まさに目の前に広がっている。これ以上ない歴史とロケーションを兼ね備えた駅。・・・・・言葉が出ない。言葉を超越している。あまりのすばらしさに,自転車のハンドルを握ったまましばらく呆然と立ち尽くした。

・・・・・・ふと我に返り,周囲を散策する。山と自然以外何もないように見えるが,視点を変えれば見るべきものがたくさんある。

大志田はもともとスイッチバック式の駅だった。全盛期には駅員もいたという。まずはその痕跡をチェックする。現ホーム(写真1)から分かれる側線(写真2)が今も残っている。その先にホームがあったはずだ。草が生い茂っていて簡単には近づけない。が,強引に突き進む。非常に分かりづらいものの,何とかホーム跡(写真3)を確認できた。過去の栄光と時間の残酷さを無言で物語るこれらの遺構。ここでもしばらく立ち尽くし,昔の賑わいに思いをはせる。

ひるがえって,加速線跡を観察してみる。こちらは完全に草に覆われ,よく分からない。押角駅と同じような状況だ。が,わずかに平坦地があるようにも見える(写真4)。これがそうだったんだろうと思うことにする。

ほかにも,駅の周囲をあちこち歩き回った。何がそんな楽しいのかと言われそうだが,いろいろ想像しながら歩くと実に楽しい。

たとえば,大志田駅付近の線路の敷き方。スイッチバックだったことを意識しながら観察すれば,分岐点付近が水平で,その前後はかなりの急勾配であることが分かる。

また,駅横には荒れ果てた廃屋がある。国鉄の職員が住んでいたのかもしれない。そして現待合室下にある物置小屋。上下5本ずつの発車時刻を示した看板がしまってあった。

・・・・・・。

名残惜しいが,これで大志田駅を去ることにする。何度も後ろを振り返りながら,少しずつ駅前の坂道を下っていく。駅前集落では畑が耕され,煙がたなびいている。わずかながらも生活の匂いが感じられ,なんだかほっとした。


ホーム > 秘境駅の情景 > 大志田

ホーム > 廃駅跡の情景 > 大志田【現役時代の様子】