ホーム > 秘境駅の情景 > 大畑

  大畑(JR九州・肥薩線)

1.駅舎

 

2.西をのぞむ(ホームに洗面台が見える)

 

3.東をのぞむ(右手に給水塔跡が見える)

 

4.動輪と記念碑

 

5.引き上げ線の終端(駅東側)

【駅概略】

JR肥薩線・人吉駅から南へ1駅,10.4kmの地点にある無人駅。険しい矢岳峠越えに挑む肥薩線(通称:山線)の途中にあり,駅周辺には何もないが,ループ線の途中にスイッチバックがある日本唯一の駅として有名である。肥薩線のこの区間はもともと鹿児島本線として開業し,現在のJR鹿児島本線や肥薩おれんじ鉄道が開業するまでは幹線として非常に重要な役目を担っていた。しかし,現在は普通列車が細々と走るのみである。駅構内には開業当時からの古い木造駅舎や給水塔,有効長の非常に長いスイッチバックなどが残り,往時を偲ばせる。最近はリニューアルされた観光列車「いさぶろう」や「しんぺい」が運転を開始し,それにあわせて駅舎の整備・保存が進められるなど,観光資源として見直されつつある。

 

【駅データ】

駅名

大畑(おこば)

所在地

熊本県人吉市大畑麓町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1909年12月26日(鹿児島本線として)

乗降客数

駅名のルーツ

焼畑が作られていたところからの地名。

 

【停車本数データ】

1925年4月(鹿児島本線)

7往復

1944年12月

6.5往復

1956年12月

5.5往復

1968年12月

9.5往復

1987年4月

8往復

2006年7月

5往復

 

【訪問記】(2006年9月)

「九州横断特急」で人吉に到着。吉松行き普通列車に乗り換える。次に目指すは愛してやまない大畑駅である。

大畑駅を初めて訪問したのは3年前だった。訪問したのは今回と同じ9月,時間帯も同じ夕方である。列車から降り立った私を待っていたのは有名なループ線とスイッチバック,そしてこれ以上なく味わい深い木造駅舎と給水塔跡だった。これらがこれ以上なく素晴らしい位置関係で夕暮れ時の淡い光の中にしっとりとたたずんでいる。これほどまでに素晴らしい駅がまだ日本にあったのか・・・・・・。私は大いに衝撃を受け,しばらくホームに立ち尽くした。言葉が出なかった。言葉は必要でなかった。いつまでもひかぬ感動の余韻に浸った。そしてそれ以来,「北の横綱が川上駅なら南の横綱は大畑駅だ」と思うようになった。

さて,それから3年後の今日,私とその同行者を乗せた普通列車は,人吉を出ると球磨川を渡り,すぐに険しい矢岳峠越えに挑み始めた。車窓を流れるのは全く人工物のない緑色の世界で,険しい山中にある大畑駅への期待が否応なしに高まってくる。

人吉を出て約15分,ついに大畑駅に到着。切符を見せ,意気揚々と下車する。・・・・・・と,またもや得も言われぬ感動に襲われた。その理由は3年前と全く同じなので,ここでは省略する。とにかくあの素晴らしい大畑駅が全く手を加えられることなく記憶通りの姿で現れ,本当に嬉しかった。

大畑駅には見るべきものが多い。ので,同行者をせかしつつ,ただし解説もしっかりしつつ,順番に見てまわることにしよう。

○ループ線:見ることはできないが,我々を降ろした列車の音で線路がループしているのが分かる。

○ホーム:もともと栄光の鹿児島本線として開業し,長い編成の列車が行き交っていただけあって,ホームは非常に長い。しかし現在は長くても2両編成の列車がやってくるのみである。

○木造駅舎:開業当時からの味わい深い木造駅舎が現在も残っている。駅舎内には日本各地からやって来た訪問者の名刺などがたくさん貼り付けてあり,人気の高さをうかがわせる。

○洗面台:ホームには洗面台があり,水がこんこんと湧き出ている。「なぜホームにこんなものが」と不思議な感じがするが,その昔SLが吐き出す黒い煙で顔が真っ黒になった機関士や乗客が顔を洗うのに使ったという。往時を偲ぶには格好の一品である。

○給水塔:駅舎の西側に石造りのまるい給水塔が残っている。これもSL時代に使われたものであり,険しい矢岳峠を越えるにあたって大畑駅が重要な拠点であったことを示している。これまた往時を偲ぶには格好の一品である。

○動輪:線路を隔てたその向かいには動輪が展示してある。何の説明もないし何の知識もないので詳細は不明だが,昔この区間を走っていたSLのものと思われる。

○記念碑:そのすぐ横に石碑が立っている。劣化が激しく,刻まれた文字はもはや判読不能だが,一説によるとこの路線の建設にあたり殉職した関係者の慰霊碑とのこと。

○スイッチバック:前述のようにZ型のスイッチバックとなっている。通過できない線形なので,今も昔もどんな列車も必ずいったん大畑駅のホームに入らなければならない。(ただし,客扱いをするかどうかは別の話。客扱いをしない旅客列車もあった。)

○引き上げ線の終端:引き上げ線の終端に向かってみる。が,途中で嫌になるほど長い。ホーム同様,長大編成の列車が行き交っていた往時を偲ばせる。

○そこから見える景色:ようやくたどり着いた終端(東側)からは人吉盆地が眼下に見渡せる。人吉の市街を出てからここまでかなり登ってきたことが分かる。こんな山奥になぜループ線やスイッチバックを作ってまで線路を通さねばならなかったのか。その答えは元・鹿児島本線というこの路線の栄えある歴史にある。

こうしてようやく全ての「見るべきもの」を見て,一息つく。が,それもつかの間,私は同行者を駅に残して駅から続く山道を下り始めた。3年前は上に書き並べたものを逐一見て大いに満足したのだが,今はそのような鉄道関係のものよりも駅周囲の状況に興味が移ってきている。地図を見ると,大畑駅から少し歩いたところに「大野町」という集落がある。こんな標高の高い山奥で人々はいったいどんな暮らしを営んでいるのだろうか。そんな,ちょっと不思議な好奇心を胸に,山道を足早に下り始めた。

すぐにほぼ等高線に沿うようになった細い道を行く。しばらく歩くと,それに直角に交わる2車線の広い道に出た。それを横切ってさらに進む。と,やがて道の両側に家がぽつぽつと現れ始めた。ここが目指す大野町の集落である。

しばらく道なりに歩いてみる。が,特にどうということはない。別に廃屋が多いということもなく,特筆すべきことは何も見当たらない。どこにでもありそうなごくごく普通の集落である。

・・・・・・しかし,ここまでの道のりは完全な山中であった。しかも途中の細い道からは眼下に雄大な景色が開けてもいた。そんな標高の高い,深い山に抱かれてこの集落はある。そう思うと,いつしか山奥に突如現れた桃源郷にいるような,そんな気分になってきた。そう思うと,他人の家に見知らぬ人間がいきなり土足で上がりこんでしまったような,そんな気分にもなってきた。

・・・・・・,・・・・・・・・・。

何となくここに居づらくなった私は,やがて身を翻し,今来た道を足早に駅へと引き返していった。


ホーム > 秘境駅の情景 > 大畑