ホーム > 秘境駅の情景 > プレイピア白浜

ホーム > 廃駅跡の情景 > プレイピア白浜【現役時代の様子】


  プレイピア白浜(JR東日本・八戸線)

1.ホーム(久慈方面をのぞむ)

 

2.閉鎖されたプレイピア白浜の入り口

 

3.駅全景

【駅概略】 ※2012年3月17日廃止

JR八戸駅から八戸線を7駅目,16.2kmの地点にあった臨時駅。遊園地として開業したプレイピア白浜の入り口に臨時駅として開業し、普通列車の一部が臨時停車して来園者のアクセスを図っていたが、1995年以降は利用者の減少により全列車が通過するようになった。その後も駅自体は存続していたが、2012年3月のダイヤ改正で正式に廃止された。なお、プレイピア白浜も1998年に廃業し、自然公園として再開するも2009年に再閉鎖されている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

プレイピア白浜(ぷれいぴあしらはま)

所在地

青森県八戸市鮫町
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1986年8月1日

乗降客数

駅名のルーツ

駅の目の前に、四季の花が咲く自然公園「プレイピア白浜」がある。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1987年4月

8.5往復(臨時停車)

1993年4月

2往復(臨時停車)

2001年3月

0往復

2011年7月

0往復

 

【訪問記】(2012年2月)

2012年3月のダイヤ改正で、八戸線の臨時駅・プレイピア白浜駅が廃止されると発表された。何の思い入れもない駅だけど、廃止されるとなればその前に訪問せねばなるまい。

東北新幹線はやて号に乗り、八戸駅で下車。駅前でせんべい汁の昼食をとった後、八戸線の列車に乗る。ジョイフルトレイン「リゾートうみねこ号」だ。

八戸線は東日本大震災の影響で種市から先の区間がバス代行運転となっており、鉄道開通区間も臨時ダイヤで運行されている。地震や津波による被害の爪痕が残っているかと車窓を眺めるも、特に見受けられない。

鮫駅を出ると、風光明媚な海岸沿いに出る。津波に襲われたはずだが、その影響はやはりうかがえない。やがて陸奥白浜駅に到着し、下車した。

駅から集落の中の道をたどって海に出る。美しい砂浜の続く白浜海水浴場があり、夏は海水浴客でにぎわうのだろうけど、氷点下の今日はひっそりしている。代わりに、ハクチョウが優雅に羽を休めていた。

海沿いの道を、八戸線にも沿って八戸方面に引き返す。20分も歩くと、やがて左に分かれる小道が目に入った。ここがプレイピア白浜駅への入り口である。正確にはプレイピア白浜への入り口だろうけど。

この小道に入り、道なりに左に右に折れると、八戸線の線路と交差する踏切があり、隣接してプレイピア白浜駅が確かにあった。しかし、鉄パイプの柵が設置されていて、踏切にすら入ることができない(写真3)。「立ち入り厳禁!! 無断侵入者は警察に通報します プレイピア白浜」という看板もあり、思いのほか物騒な雰囲気が漂っている。

おじけず、柵越しに様子をうかがう。念入りなことに、踏切を越えた側にも柵が設置されている(写真2)。さらに、プレイピア白浜駅の出入り口にも「立ち入り禁止 当施設は老朽化のため立入を禁止しています JR鮫駅長」という看板がある。ホームを見ると確かに木造で、上に立つと折れそうな気がした(写真1)。

プレイピア白浜もプレイピア白浜駅もとにかく中に入って来てほしくないらしいので、やることがなくなってしまう。「家から5時間以上かけて来たのに薄情だな」と思いつつ、滞在わずか5分で去ることにした。


ホーム > 秘境駅の情景 > プレイピア白浜

ホーム > 廃駅跡の情景 > プレイピア白浜【現役時代の様子】