ホーム > 秘境駅の情景 > 笹森


  笹森(北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線)

1.北見方面をのぞむ

 

2.駅前通り

 

3.北見方面から迎えにやってきた列車

【駅概略】 ※2006年4月21日廃止

北海道ちほく高原鉄道の陸別駅から南へ3駅,15.2kmの地点にあった無人駅。もともと仮乗降場として開業したため,ホームは簡素で駅舎もなかった。のちに駅に昇格したが,快速「銀河」はもちろんのこと,一部の普通列車も通過していた。また,駅の近くを国道242号線が走っているが,その間に雑木林があって直接は見えず,反対側には畑が広がっているのみで,駅から人家は見当たらなかった。ふるさと銀河線の廃止に伴い,2006年4月20日をもって廃止された。

 

【駅データ】  ※現在は廃止

駅名

笹森(ささもり)

所在地

北海道足寄郡足寄町大誉地65-3
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1948年8月1日国鉄・網走本線の仮乗降場として開業,1987年3月31日JR北海道・池北線の駅に昇格

乗降客数

0人(1998年現在,1日平均)

駅名のルーツ

字義通りの笹が繁茂している森という和名と思われるが,付近に「笹森」の地名もなく,よくわからない。

 

【停車本数データ】  ※現在は廃止

1972年10月(国鉄池北線)

?往復(仮乗降場)

1987年4月(JR北海道池北線)

4往復(駅)

2005年10月

4.5往復(駅)

 

【訪問記】(2005年10月)

帯広から始発の下り普通列車に乗車,池田で銀河線の北見行き始発列車に乗り換える。滋味深い車窓風景を眺めながら揺られること約1時間半,笹森駅に到着した。

降りたのは私1人なので,列車が行ってしまうと周囲には誰もいなくなる。さっそく駅の観察と周辺の散策にうつる。

まずはホーム。枕木をつなげただけの簡素なつくりで,見るからに質素で貧弱だ。見るからにはそうなのだけど,実際に立ってみると意外にしっかりしている。妙な温かみも足元に感じられて,予想外に居心地・待ち心地が良い。木造というのは不思議な魅力があるものだとつくづく思う。

そこから池田方面に目をやると,これまた木造の味わい深い小屋が線路左手にある。どうやら詰所の跡らしい。ついさっき「木造には不思議な魅力がある」と書いたが,ここに詰めるのはさすがに御免蒙りたいと思う。

その目の前には線路の分岐跡が見える。笹森駅は仮乗降場として開業したので,2面2線もの豪華な構内を持っていたとは考えられないし,引込み線を持っていたとも思えない。結局こいつの正体は分からずじまいだった。

今度はホーム横の踏切から延びる泥濘道を国道に向けて歩く。歩き始めたと思う間もなくすぐに立派な国道242号線にぶち当たった。ぶち当たったところで,いま来た方向を振り返ってみる(写真2)。

この先に笹森駅があるのだが,たったいま歩いて来たところの私にしてもこの先に駅があるとは信じがたい。どう見ても林の中に続く単なる泥濘道にしか見えない。国道からの入り口にも「笹森駅はこちら」という看板は出ていない。駅なのに客が利用するのを拒んでいる気さえする。

駅に引き返し,国道とは反対側に向かう。と,今度は畑が広がっているだけで,特に見るべきものはない。すぐに手持ち無沙汰になり,とりあえずホームで迎えの列車を待つことにした。

それにしても周囲には人家が全くない。もとは仮乗降場だったにしても,こんなところにまで設置していたら乗降場だらけになってしまう。が,それは今来て今見て今そう思うだけであって,昔は近くにそれなりの集落があり,それなりの数の住民がいて,それなりの需要があったに違いない。違いないけど,その痕跡は今は全く見出せない。見出せないけど,そう思うことにしよう。

そんなことを考えるうちに迎えの列車がやって来た。こんな駅から乗る私は紛れもなくその道の人間なのだけど,一般人を装って済ました顔で乗り込む。列車のほうも済ました顔で動き出す。笹森駅はみるみる視界から消えていく。銀河線は半年後の廃止が決まっていて,もう二度とこの地を訪れることはないだろう。

・・・今までご苦労さま。そしてさようなら,笹森駅。


ホーム > 秘境駅の情景 > 笹森