ホーム > 秘境駅の情景 > 下白滝

ホーム > 廃駅跡の情景 > 下白滝【現役時代の様子】


  下白滝(JR北海道・石北本線)

1.駅舎

 

2.遠軽方面をのぞむ

 

3.下白滝遠景

 

4.村名「白滝」の由来となった滝

【駅概略】 ※2016年3月26日廃止

遠軽駅から旭川方面へ3駅,28.1kmの地点にある無人駅。2面2線のホームと木造の駅舎がある。駅周辺には1軒の廃屋と2軒ほどの酪農家があるのみで,あとは無人の原野が広がっている。駅の南側を高速道路が通過する予定になっており,現在工事が進められている。また,駅から南西へ歩いて約10分のところに,旧・白滝村(現在は合併して遠軽町に)の名前の由来となった「白滝」がある。利用者が極端に少なくなったことから、2016年3月に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

下白滝(しもしらたき)

所在地

北海道紋別郡遠軽町下白滝
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1929年8月12日(石北東線として)

乗降客数

駅名のルーツ

白滝の下流にあることによる。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1930年10月(石北東線)

3往復

1944年12月(石北線)

4.5往復

1956年12月(石北線)

5.5往復

1968年12月

6往復

1987年4月

4往復

2006年10月

下り1本,上り3本

 

【訪問記】(2006年10月)

伊奈牛駅跡前のバス停から遠軽駅に戻った私は,駅舎内で昼食をとったあと,今度は白滝行き普通列車に乗り込んだ。定刻に発車した列車は,1時間半前に訪問したばかりの伊奈牛駅跡地を通過し,定刻に下白滝駅に到着。切符を見せてホームに降り立った。

さっそく駅舎に向かおうとする。この駅には線路を跨ぐ歩道橋がないので,今いる上りホームから駅舎に行くには駅構内の踏切を渡らねばならない。この踏切,別に遮断機はついてないので強制力は弱いけど,それでも私が乗ってきた列車が今まさに発車しようとしているので,警報機を必死に鳴らして「渡ってくれるな」と訴えている。その努力に免じて,おとなしく踏切の前で待っていると,列車の運転士さんが「先にお通りください」と言わんばかりに手を振っているのが目に留まった。ありがたく親切に甘えることにし,先に通らせてもらう。ささいなことだけど,私のような「見るからに鉄道ファン」にも親切にしてくれるその気持ちがとても嬉しかった。

こうして辿り着いた下白滝駅舎を観察する。木造の味わい深い建物で,見る人によっては汚くてボロいと思うかもしれないけど,少なくとも私の目には北海道の厳しい気候に長年耐えてきた貫禄が備わっているように映る。いつまでもこのままの姿でいて欲しいと思った。

駅ノートがある。パラパラとページをめくっていると,「昔はこの下白滝にも80人ぐらいは住んでいた」という書き込みにぶち当たった。今は2軒ほどしか人家は見当たらず,駅があること自体不思議なくらいなので,とても驚く。と同時に,駅横にとめてあるたった1台の自転車が過去の記憶を辛うじてつなぎとめているように思われ,切なくなった。

駅前の様子を観察する。駅舎から向かって右手には犬小屋のようなものがたくさん並んでいる。事前情報によると,駅前の農家が子牛をたくさん飼育しているらしい。もう一つ,聞き捨てならない事前情報がある。この子牛たちを守るため,農家に飼われた大きな犬が周囲を徘徊し警戒に当たっているという。

恐る恐る駅前を延びる砂利道を眺めてみる。も,特に変わった様子はない。「なんだ,いないじゃないか」と安心するもつかの間,一匹の大きな黒い犬がさっと砂利道を横断するのが見えた。いかにも周囲の警備に当たっているという風だった。

急に気持ちが萎える私。「こっちは分別のついた人間だ。クマのように子牛を襲うような悪さはしないから,おとなしく通してくれ」と心の底から思う。・・・・・・人間にも悪いヤツはたくさんいるけど。

これから隣の旧白滝駅まで歩くつもりなので,いつまでもここに留まっているわけにはいかない。かといって,あの犬に見つかったら厄介なことになりそうだ。かといって,駅前の砂利道以外に脱出する道は見つからない。

となると・・・・・・。

#%(”$(+>}*"(‘{〜¥^+?」=)’$%!!!!!!!

・・・・・・なんとか駅から脱出した私は,国道333号線を西に向けて歩き始めた。実は4年前の冬にも下白滝駅と旧白滝駅をセットで訪問したことがある。そのときは今回とは逆に「旧」から「白」に向けて歩いた。旅先特有の冒険心が働いたのか,国道を通らずに横を流れる川沿いの道なき道を強行突破した覚えがある。・・・あれから4年。やや年老いた感のある今回は,ノーマルに国道を通ることにする。・・・・・・駅間を歩くこと自体,ノーマルじゃないけれど。

途中,「村名”白滝”発祥の地」というのがあり,トイレがてら見物していく。展望台から見下ろすと,岩の合間を豪快に流れ下る滝が確かに白っぽく見えた。


ホーム > 秘境駅の情景 > 下白滝

ホーム > 廃駅跡の情景 > 下白滝【現役時代の様子】