ホーム > 秘境駅の情景 > 新栄野

ホーム > 廃駅跡の情景 > 新栄野【現役時代の様子】


  新栄野(JR北海道・石北本線)

1.駅遠景

 

2.ホーム

 

3.待合室

 

4.遠軽方面から迎えにやって来た列車

【駅概略】 ※2006年3月18日廃止

JR石北本線の遠軽−瀬戸瀬間にあった無人駅。遠軽駅から7.8kmの地点に,1面1線の簡素なホームと待合室があった。国道333号線も湧別川を隔てた対岸を走っており,非常に静かな環境にあった。利用者が1日1人未満と極端に少ないことから,2006年3月17日をもって廃止された。駅跡周辺には数軒の民家があるのみで,あとは無人の原野が広がっている。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

新栄野(しんさかえの)

所在地

北海道紋別郡遠軽町栄野
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1946年12月1日野上仮乗降場として開業,1987年3月31日駅に昇格

乗降客数

駅名のルーツ

栄野にある駅。「新」を冠したのは,近くの旧・池北線(現・北海道ちほく高原鉄道,廃止済)に似た発音の境野駅があったからと思われる。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1972年10月

2往復(新栄野仮乗降場)

1987年4月

2往復(新栄野駅)

2006年1月

下り1本,上り3本(新栄野駅)

 

【訪問記】(2006年2月)

北浜駅を訪問したあと,普通列車から特急列車に乗り継いで遠軽に到着。わずかな下車客とともに,遠軽の町に飛び出す。目指すはここから約8kmのところにある新栄野駅だ。

それにしても訪問しづらい場所にある。計画を立てる段から大いに苦しんだ。一介の鉄道ファンとして行きか帰りのどちらかは列車を使いたい,だけど待ち時間が長すぎるのは避けたい,ついでに生野駅(遠軽駅を隔てて反対側にある)も訪問したい・・・などなど考えていると,いつまで経っても成案が得られない。バスも調べたが,国道が対岸を走ることもあって使えそうになかった。

結局,遠軽駅から2時間かけて歩くというプランに落ち着いた。慣れない雪道を,慣れない雪道用の靴を履き,小さな無人駅を目指して,2時間も歩こうというのだから,我ながら酔狂なことだと思う。

途中のスーパーで昼食を調達しつつ,地図を片手に雪道を一歩一歩踏みしめていく。いつ来ても活気があるなぁと思う遠軽の街並みもしばらく行くと途切れ,碁盤の目状の田園地帯に入った。正面やや左に見える山の斜面にはスキー場があり,胡麻粒が左右に揺れながら落下している。

やがてT字路が現れ,そこを右に曲がる。そのまま道なりに進むと,右手に石北本線が,左手に湧別川が迫ってきた。ここまで来ると,完全に無人地帯となる。

遠軽駅を出て約2時間,ついに新栄野駅が視界に入ってきた。そこでいったん立ち止まり,そのままぼんやり立ち尽くす。

簡素なホームと小さな待合室が雪に埋もれながらも何とか見えている。どうやら新栄野駅にはこんな必要最低限の設備しか与えられなかったようだ。身分相応,といったところだろうか。それでも当の新栄野駅は,そんな不当な扱いにめげることなく,厳しい北の自然に負けることもなく,必死にけなげに頑張っている。ただ,非常に残念なことに,こんなにも必死にけなげに頑張っている新栄野駅を利用する乗客は1日に1人もいない。

・・・・・・。

やがて歩き出し,駅横の踏切を渡ろうとする。と,にわかに警報機が鳴って遮断機が下り,特急列車がものすごいスピードで駆け抜けていった。非常に残念なことに,あの特急列車の乗客の中で,こんなにも必死にけなげに頑張っている新栄野駅に気づいた人はいなかったと思う。

・・・・・・。

遮断機の上がった踏切を渡り,錆び付いた梯子を通って板張りのホームに立ってみる。時刻表が掲げられているのだが,全部で4つしか時刻が記されていない。待合室にも入ってみる。定番の駅ノートがあり,全国各地の物好きが足跡を記している。非常に残念なことに,こんなにも必死にけなげに頑張っている新栄野駅について,これ以上書くべきことが見当たらない。

・・・・・・。

やがて遠軽方面から迎えの普通列車がやって来た。もう午後の1時半なのだが,これが上りの1番列車である。これを含めて,新栄野駅に停車する列車は1日にわずか4本しかない。

おそらくは開拓者たちが夢と希望を託してその名をつけたであろう栄野の地。そして,一時期は確かにそれなりに栄えたであろう栄野の地。だが,時の流れはあまりに無情で残酷で,いまや栄野の地は完全に廃れきっている。「新」を冠した新栄野駅にも,普通列車が1日にわずか4回発着するに過ぎない。だが,時の流れはまだまだ無情で残酷で,それすらもあと1ヵ月半で終わりを迎えようとしている。地域の玄関口を失った栄野の地は,二度と栄えるはずもなく,ますます時代から取り残されていくのだろう。

・・・今までご苦労さま。今日はお世話になりました。

そしてさようなら,新栄野駅・・・・・・。


ホーム > 秘境駅の情景 > 新栄野

ホーム > 廃駅跡の情景 > 新栄野【現役時代の様子】