ホーム > 秘境駅の情景 > 塩幌


  塩幌(北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線)

1.北見方面をのぞむ

 

2.駅前広場(右手奥に自転車置き場だったと思われる小屋がある)

 

3.駅前通り

【駅概略】 ※2006年4月21日廃止

北海道ちほく高原鉄道の陸別駅から南へ5駅,21.5kmの地点にあった無人駅。コンクリート造りの簡素なホームがあるだけで駅舎はなく,快速「銀河」はもちろんのこと一部の普通列車も通過していた。近くを走る国道242号線から駅に通じる道も砂利道となっていた。ふるさと銀河線の廃止に伴い,2006年4月20日をもって廃止された。駅跡周囲には廃牧場が1軒あるのみで,あとは畑と原野(牧草地?)が広がっている。

 

【駅データ】  ※現在は廃止

駅名

塩幌(しおほろ)

所在地

北海道足寄郡足寄町上利別181-4
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1961年2月1日(国鉄網走本線として)

乗降客数

2人(1998年現在,1日平均)

駅名のルーツ

シュツ・ポロ(末広がる沢)から出たというが,他説もあり,はっきりしない。

 

【停車本数データ】  ※現在は廃止

1961年10月(国鉄池北線)

4往復

1968年12月(国鉄池北線)

下り5本,上り3本

1987年4月(JR北海道池北線)

下り5本,上り3本

2005年10月

5往復

 

【訪問記】(2005年10月)

笹森駅から普通列車に乗車。8分後,見覚えのある塩幌駅のホームに降り立った。

この駅には2年前の夏にも来たことがある。今回と全く同じ列車でやって来た。そして駅周囲を散策したあと,歩いて上利別駅に向かった。今回も全く同じプランになっている。2年前と比べてやっていることに進歩がないのが哀しい。

それでもめげずに駅周囲の散策に入る。夏草が枯れ草になり,木々が色づいていること以外は2年前と全く変わっていない。

まずはホーム。塩幌駅が開業したのは比較的最近なためか,コンクリート造りの味気ない簡素なホームがぽつんとある。「簡素」で「ぽつんと」ではあるが,駅構造物の中で一番目立つ駅舎がないので,わが世の春とばかりに威張っているようにも見える。

そこから駅前広場に出る。左前方に朽ち果てた小屋のようなものがある。形状からして自転車置き場だったと思われるが,草に覆われ,砂利に埋もれていて,使われている形跡が全くない。2年前も似たような状況だったので,少なくともここ数年はこの小屋が本領を発揮したことはないのだろう。

駅の周囲には畑と原野が広がっている。民家は全くない。人の気配も全くない。強いて言えば,畑に整然と植えられた作物に人の手が入っていることを感じるぐらいだ。なぜこんなところに駅をつくったのか,全く理解できない。しかも路線開業から50年後にわざわざ新設されている。ますます意味不明だ。

見るべきものも尽きたので,これで塩幌駅を去ろうと思う。国道242号線に出て上利別駅へと向かうべく,駅から延びる砂利道を登り始める。

と,すぐの右手になにやら建物がある。さっき「民家は全くない」と書いたのにさっそく訂正せねばならぬのかと一瞬思ったけど,よく見たら牧場のようだ。しかも今は使用されていないらしく,自然に還るのをただ待っている状態だ。前言を撤回せずに済んだので良かったと思う。

そのまま砂利道を登っていく。その途中で後ろを振り返ってみる。すでに塩幌駅のホームは見えない。見えないので,こんな砂利道の先に駅があるとは信じられなくなる。ついさっき下車して,たった今ここまで登ってきたところなのに・・・。不思議な気分だ。

わき目も振らず一気に砂利道を登る。国道に出る直前でもう一度だけ後ろを振り返ってみた。塩幌駅はもはや完全に見えない。気配すら感じない。が,この先に確かに塩幌駅はある。今日も明日も明後日も,毎日決まった時間に列車が到着し,発車していくのだろう。

が,そんなありふれた光景も来年の4月には見られなくなる。その後はここに駅があったことなど完全に忘れ去られてしまうだろう。廃止前の今でもほとんど忘れ去られた存在なのだから・・・。

そんなことを考えながら,再び前を向いて砂利道を登り切り,トラックの行き交う喧騒の国道242号線に出た。

・・・今までご苦労さま。そしてさようなら,塩幌駅。


ホーム > 秘境駅の情景 > 塩幌