ホーム > 秘境駅の情景 > 宗太郎

  宗太郎(JR九州・日豊本線)

1.駅全景

 

2.時刻表

 

3.ホームへつながる階段と駅舎跡

 

4.佐伯方面から迎えにやって来た列車

【駅概略】

JR日豊本線・延岡駅から北へ5駅,25.2kmの地点にある無人駅。大分・宮崎県境の急峻な山越え区間(通称:宗太郎越)にあり,2面2線のホームを有する。もともと信号場として開業し,1947年から旅客扱いをするようになった。駅周辺には人家10軒ほどの小さな集落が広がっている。また,以前は木造の駅舎があったが,現在は撤去され基礎だけが残っている。以前は急行「日南3号」も停車していたが,現在はわずかな普通列車が停車するのみとなっている。一部の鉄道ファンの間では,隣の重岡駅と合わせると「重岡宗太郎」という人名になることで有名。

 

【駅データ】

駅名

宗太郎(そうたろう)

所在地

大分県佐伯市宇目町宗太郎
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1947年3月1日

乗降客数

駅名のルーツ

ソウ(背)・タロウ(秀でた)。大分県と宮崎県境に聳え立つ山の背後を越える峠名。

 

【停車本数データ】

1950年10月

4.5往復

1956年12月

6往復

1968年12月

6往復

1987年4月

5往復

2006年7月

3往復

 

【訪問記】(2006年9月)

大隅横川駅を訪問したあと,普通列車で隼人へ。特急列車に乗り換え,西都城で下車。昼食後,普通列車で南宮崎へ。特急列車に乗り継ぎ,延岡に到着。すぐに接続する普通列車に乗り換えてさらに約30分,宗太郎駅で下車した。

宗太郎駅のあるこの佐伯−延岡間は普通列車が極端に少ない。隣の市棚駅まで(から)は延岡駅から(まで)の区間列車もあるのだが,それ以外は1日3往復しかない。ちょっと前までは2往復だったと記憶しているので,これでも増えたほうなのだが。

そんなわけで宗太郎駅を明るい時間帯に列車で訪問するのは非常に難しい。時刻表とにらめっこしたところ,上り列車と下り列車を組み合わせての朝か夕方にしかチャンスがないことが分かった。今回はそのうちの夕方のパターンである。

列車からホームに降り立つ。上りホームから数段の階段を下りると,コンクリート基礎が殺風景に広がっている。線路寄りには切符の回収箱もある。今は跡形も無いが,以前はここに駅舎があったと思われる。

そこからさらに数段の階段を下り,宗太郎の集落を散歩に出る。駅前通りを左に向かうと,国道10号線に出るまでのほんの200mほどの間に民家が点在している。が,その数は本当にわずか。深い山中に開けた猫の額ほどの平地に数軒の民家が肩を寄せ合うようにして並んでいる。

国道10号線に出た。地図によると,ここからちょっと南下したところで左に分かれる小道があり,その小道からはさらに徒歩道が左に分かれている。これが険しい大分・宮崎県境を越える「宗太郎越」である。興味を引かれ,その入り口を一瞥しに向かう。

・・・も,よく分からなかった。まず場所が判然としない。山道らしきものが確かに左に分かれていったが,位置が地図と合わない気もする。が,とにかく常に左手を注視して「宗太郎越」の一端をどこかでは垣間見たはずなので,これで満足することにする。

そのままこの小道を行く。と,左手に朽ちかけた木造の建物が目に飛び込んできた。木造の建物ぐらいどこにでもあるけれど,この建物は他とは違ったただならぬ気配を醸し出している。しかもおかしな構造をしていて,一見しても何なのかよく分からない。まさしく吸い込まれるようにしてその建物に近づいてみる。

・・・と,窓際に黒板が立て掛けてあり,「学習計画」の文字が見える。建物の線路側にはトイレがあり,建物の前には草の生えたグラウンドのような空き地もある。以上から,これは廃校跡と思われた。周囲は完全に山に囲まれており,最寄りの宗太郎の集落もいまや民家は数える程しかないようなこんなところにも昔は学校があったかと思うと,とても不思議な気分になった。

・・・,・・・・・・。

駅に戻る。迎えの列車は南延岡行きなので,下りホームにつながる歩道橋を渡る。その上から今歩いてきた方角を見返してみると,山間部に開けた本当に小さな小さな空間に集落と駅があることを改めて実感した。山間部の本当に狭い空間にわずかな民家が集まっているので,宗太郎の駅は集落の人間しか使ってはならない「マイステーション」のように見えてくる。また,山間部の本当に狭い空間にわずかな民家が集まっているので,宗太郎の集落は部外者の訪問を拒んでいるようにも見えてくる。そう思うと,興味本位で宗太郎駅で下車したのが何か後ろめたいことのような,そんな気分になってきた。そう思うと,興味本位で宗太郎の集落を散策したのが何か後ろめたいことのような,そんな気分にもなってきた。

・・・・・・,・・・・・・・・・。

何となくここに居づらくなった私たちは,間もなくやって来た迎えの普通列車にそそくさと乗り込み,宗太郎の駅と集落をあとにした。


ホーム > 秘境駅の情景 > 宗太郎