ホーム > 秘境駅の情景 > 蕨岱

ホーム > 廃駅跡の情景 > 蕨岱【現役時代の様子】


  蕨岱(JR北海道・函館本線)

1.駅舎

 

2.ホーム(倶知安方面をのぞむ)

【駅概略】 ※2017年3月4日廃止

JR函館本線・長万部から北へ2駅,14.6kmの地点にあった無人駅。以前は交換設備があったが,廃止時には1面1線のホームに簡素な貨車駅舎のみとなっていた。駅前には国道沿いに数軒の民家と神社があっただけだった。JRの全駅名を五十音順に並べると最後に来ることで有名だった(私鉄を含めると北陸鉄道の割出駅が最後)。1日平均の乗車人員が10名以下と極端に少なくなったことから、2017年3月に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

蕨岱(わらびたい)

所在地

北海道山越郡長万部町蕨岱
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1904年10月15日(初代・北海道鉄道として)

乗降客数

駅名のルーツ

ワランピ・フル(わらびのある小山)からきている。付近一帯にワラビがあった。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1925年4月

5往復

1944年12月

6.5往復

1956年12月

8.5往復

1968年12月

下り9本,上り7本

1987年4月

8往復

2005年10月

7往復

 

【訪問記】(2005年10月)

長万部で特急から普通列車に乗り換えて20分,蕨岱駅で下車。さっそく駅周辺の散策に出る。

駅のすぐ目の前を国道5号線が走っていて,その向こう側の丘に神社がある。国道を慎重に渡ってから階段を上がり,神社にお参りして旅の安全を祈った。

階段を下り,国道を北へ向かう。すぐに駅前の小集落は途切れる。これ以上行ってもしょうがなさそうなので,あえなく引き返す。

駅まで戻り,国道を南へ向かう。すぐに駅前の小集落は途切れる。これ以上行ってもしょうがなさそうなので,あえなく引き返す。

・・・と思ったけど,迎えの列車までまだ1時間以上もある。いま引き返したら間違いなく時間を持て余す。だから,何もなさそうだけど,国道をさらに南下してみる。

と,すぐに国道から左に小道が分かれ,そのT字路に「蕨岱小学校はこちら」と示した標識があるのに気づいた。そこから見渡してみるも,この先に小学校がありそうな雰囲気は感じない。そもそも,小学校が成立するほどの数の人家は見当たらない。これは異常に心惹かれる。吸い込まれるようにこの道に入っていった。

点在する牧場の前を通ってどんどん奥へと進む。やがて左手に木で囲まれた一画が現れ,そこに確かに小学校はあった。が,人のいる気配が全くしない。しばらくそこにたたずんで様子を伺ってみる。10月の平日の午前中なのにやっぱり人のいる気配はしない。窓に目を移す。「素し時あと」と1文字ずつ書いた紙が飛び飛びに貼ってある。意味が分からない。

なんなんだろう,ここは・・・・・・?

しばらく考えて,はたと思いついた。窓に貼ってある紙はその文字と貼られた間隔からして,「素(晴ら)し(い)時(を)あ(りが)と(う)」と言いたいのではないだろうか?つまり,ここはすでに廃校なのではないだろうか?そう考えれば人の気配がないのも理解できる。

思わぬ展開にしばらくそこで呆然と立ち尽くす。と同時に,これぞ旅の醍醐味とでもいうべきものを存分に味わう。蕨岱の地に育ち,蕨岱の小学校に学んだ方々には非常に申し訳ないのだけれど,私は大いに満足して蕨岱駅へと引き返していった。


ホーム > 秘境駅の情景 > 蕨岱

ホーム > 廃駅跡の情景 > 蕨岱【現役時代の様子】