ホーム > 秘境駅の情景 > 鷲ノ巣

ホーム > 廃駅跡の情景 > 鷲ノ巣【現役時代の様子】 


  鷲ノ巣(JR北海道・函館本線)

1.ホーム(八雲方面をのぞむ)

 

2.駅舎と駅前広場

 

3.駅に至るダート

 

4.長万部方面から迎えにやって来た列車

【駅概略】 ※2016年3月26日廃止

JR八雲駅から北へ1駅,3.1kmの地点にあった無人駅。もともと信号場として設置され、間もなく仮乗降場に昇格、国鉄民営化にあわせて駅に昇格した。駅のすぐ近くを国道5号線が通っているが、国道から分岐した道道1029号線からさらに雑木林の中のダートを100mほど進んだ先にあるため、それを感じさせなかった。このダートの入り口付近にバス停があるが、そのバス停名は「鷲の巣信号所前」となっていた。1日平均の乗車人員が1名以下と極端に少なくなったことから、2016年3月に廃止された。

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

鷲ノ巣(わしのす)

所在地

北海道二海郡八雲町花浦
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1944年9月1日信号場として開業、1949年8月1日仮乗降場に昇格、1987年4月1日駅に昇格

乗降客数

駅名のルーツ

鷲が巣ごもりするという北海道ならではの点景を示す。

 

【停車本数データ】 ※現在は廃止

1950年10月

?往復(仮乗降場)

1956年12月

5.5往復(仮乗降場)

1968年12月

7往復(仮乗降場)

1987年4月

7往復

2015年3月

6.5往復

 

【訪問記】(2015年9月)

2015年度JR北海道廃止予定駅訪問シリーズ第1弾。JR北海道が経営立て直しのため、極端に利用の少ない9駅の廃止を打ち出した。こうした駅は非常に魅力的な駅であることが多く、きわめて衝撃的かつ残念な話ではあるが、廃止が覆される可能性は低いと思われる。とにかく、廃止される前に訪問しておきたい。9駅のうち、小幌、上白滝、旧白滝下白滝の4駅は訪問済みなので、残る5駅を訪問するプランを考え、さっそく実行に移すこととする。

第1弾は鷲ノ巣駅。八雲駅前から函館バスに乗車し、4つ目の「鷲の巣信号所前」バス停で下車。このバス停から歩いてすぐのところに鷲ノ巣駅がある。駅なのに「信号所前」とは奇妙だが、鷲ノ巣駅はもともと信号場として開業したことが関係していると思われる。鷲ノ巣駅は1944年に信号場として開業、1949年に仮乗降場に昇格、さらに1987年に駅に昇格している。1944年から1949年の間にバス停が設置された、あるいは旧バス停名が改称されて、現在に至ると思われる。晴れて仮乗降場や駅に昇格してもバス停名はそのままというのは、昇格により乗降が可能となっても利用者が非常に少なく、地元住民の意識としては信号場のままだったことを暗に示しているようで興味深い。単に改称の手続きが面倒だっただけかもしれないが。

バス停のすぐ北から、函館本線の線路に向けて、未舗装の小道が伸びている(写真3)。一見単なる農道で、すぐに薄暗い雑木林に吸い込まれていく。この先に何があるのか見当がつかない。案内板等も一切ない。この道に入るにはかなりの勇気がいりそうである。しかし、私は地形図を見て、この先に鷲ノ巣駅があることを知っている。ので、ためらうことなくこの道に入っていく。世間から忘れ去られた存在であることを具現化したかのようなこの状況に、早くも胸が躍る。

3分も歩くと、鷲ノ巣駅の駅舎(写真2)が現れた。駅舎の前はさしずめ駅前広場ということになりそうだが、これももちろん未舗装である。おそるおそる駅舎のドアを開けてみる。・・・と、意外にも小奇麗な待合室が現れた。「世間から忘れ去られた」と書いてしまったが、きちんと管理されているようだ。駅ノートもあり、開いてみると、私と同じく、廃止の報を受けて訪問した人が最近は多く書き込んでいた。

ホームに立つ(写真1)。千鳥式、2面2線のホームがある。仮乗降場上がりの駅らしく、非常に簡素な造りだ。国道5号線が近いはずだが、たまにトラックの音が聞こえる程度で、その他も含めた車道とは雑木林で隔絶されていることもあり、非常に閑静な環境にある。やはり世間から忘れ去られた感がしてくる。

閑静と言いながら、函館本線は道央と道南を結ぶ幹線だけあって、列車本数はそれなりにある。私がホームに立っていると、長万部方面からやって来た特急「スーパー北斗8号」が、警笛を鳴らしながら目の前をものすごいスピードで駆け抜けていった。

まだ時間があるので、駅周辺の散策に出る。先の未舗装路を戻って車道に出、バス停の前を通過して南に向かう。地図によると、少し行ったところに「八雲酪農記念公園」があるようなので、暇つぶしに行ってみる。・・・が、地図の場所に行っても何もない。変だなと思ってよくよく見ると、公園名と思われる文字が書かれた朽ち果てた木製看板が、やぶの中に辛うじて立っているのを発見した。どうやら公園としてはすでに役目を終え、自然に還りつつあるようだ。

ひるがえって今度は北に向かう。バス停を過ぎると、すぐに国道5号線に出た。それを渡って東に向かうと、間もなく太平洋である。暇つぶしに海辺に出ようとするも、海沿いには民家が並んでいて、海に出れそうな道はいずれも私有地のように見える。あえなく諦め、引き返すことにする。

駅に戻る。それにしてもなぜこんなところに駅をつくったのだろう。もともと信号場だったところを、おそらくは地域住民の要望を受けて、仮乗降場や駅に昇格させたものと思われる。そんな地域住民の期待や努力も今は昔、利用者が激減してしまった今では、廃止の報が入るまでになってしまった。海沿いに並んでいた民家の住民も鷲ノ巣駅を利用することはなく、廃止されても残念ながら誰も困らないというのが実情だろう。

ホームに立ち、改めて周囲を見渡す。素直に良い駅だな、と思う。これまで訪問しなかったのが申し訳ないくらいだ。こういう駅に限って廃止も早いのだろうな、とも思う。良い駅だと思う理由と駅が廃止になる理由は根っこでつながっているのだから仕方がない。間もなく長万部方面から迎えの普通列車がやって来た(写真4)。もう生きては会えぬと思われる鷲ノ巣駅にさよならを告げながら乗り込み、八雲駅に戻った。


ホーム > 秘境駅の情景 > 鷲ノ巣

ホーム > 廃駅跡の情景 > 鷲ノ巣【現役時代の様子】