ホーム > 秘境駅の情景 > 安牛


  安牛(JR北海道・宗谷本線)

1.天塩中川方面をのぞむ

 

2.駅舎

 

3.駅前通り

 

4.幌延方面から迎えにやって来た列車

【駅概略】

JR幌延駅から南へ3駅,9.7kmの地点にある無人駅。以前は2面2線の交換可能な駅だったが,現在は1面1線となっている。駅舎は貨車タイプである。駅前には数軒の建物があるだけで,それ以外は原野と牧草地が広がっている。

 

【駅データ】

駅名

安牛(やすうし)

所在地

北海道天塩郡幌延町開進
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1925年7月20日(国鉄天塩南線として)

乗降客数

駅名のルーツ

ヤス・ウシ(網を引く所)から出た。天塩川の網引場であったことによる。

 

【停車本数データ】

1930年10月

4往復

1944年12月

4往復

1956年12月

5往復

1968年12月

6.5往復

1987年4月

5往復

2005年10月

3往復

 

【訪問記】(2005年10月)

大好きな糠南駅から普通列車に乗車。15分ほど揺られ,安牛駅で下車した。

別に心惹かれて降りたわけではない。スケジュール的に糠南−幌延のどこかで下車できてしまうので,まだ降りたことがなくて一番滞在時間の長くなるこの駅で何となく降りてみただけだった。だから,特に何の期待もしていない。

それでも,例によって駅周辺の散策に出る。一通り見回したところ,駅前からまっすぐ道が伸び,その両側に家や倉庫らしき建物がいくつか並んでいる。並んではいるのだが,残念ながら人の住んでいる気配はほとんど感じられない。駅前通りを一通り歩いて観察したところ,人が住んでいるのは2軒だけで,それ以外は全て廃墟と見受けられた。

駅前通り突き当たりのT字路までやって来た。すでに駅前集落は尽き,牧草地だか原野だかよく分からない風景が広がっている。特に見るべきものはない。だが,ふと左手に目をやると,なにやら変わった建物が目に飛び込んできた。

吸い込まれるようにしてその建物に近づく。草が繁茂した空き地を前に配し,右手には黒い記念碑のようなものがある。

まさか・・・。

嫌な予感がして,足早にその記念碑のもとに駆け寄ってみる。そして,碑に刻まれた文章を読んでみる。

・・・・・・,・・・・・・。

嫌な予感が的中した。やはりここは廃止された小学校の跡だったのだ。

現在のあまりに寂しい駅前集落を通ってきた身からすると,この地に小学校があったなんてとても信じられない。小学校が立派に成立するほどの生徒数を望むべくもない。だけど昔はこの地に多くの人々の暮らしがあって,多くの子供たちもいて,今からは想像できないほど活気に満ち溢れていたのだろう。しばらくそこに立ち尽くし,時の流れのいかに残酷であるかに感じ入った。

・・・・・・。

迎えの列車の時刻が近づいてきた。そろそろ駅に戻ることにし,さっき通ってきた駅前通りを引き返し始める。

最初は何の期待もせず,何の気もなしに何となく降りてみただけだったけど,本当に何も見せずに私を帰すような安牛駅ではなかった。考えてみれば安牛駅は今年で80歳。私の3倍以上の時間を刻んできている。そんな安牛駅が壮大な歴史を持たないはずがない。少なくとも,若輩者の私に「大して期待はできないだろうけど」なんて言われるような玉ではないだろう。そんなことにも気づかず,この駅を軽く見ていた自分が恥ずかしくなった。

迎えの列車がやって来た。今や安牛の地はあまりに寂しく,あまりに廃れているのだけれど,列車のほうは彼の持つ壮大な歴史に敬意を示すかのようにきっちりと停車した。私も安牛の地に一礼し,きっちり襟を正してから乗り込む。次に目指すは4年前に廃止された下中川駅の跡である。


ホーム > 秘境駅の情景 > 安牛