ホーム > 資料室・談話室 > 廃校跡の情景 > 東北地方

談話室その3

廃校跡の情景

「廃校跡の情景」トップへ

1.北海道
地方

2.東北
地方

3.関東甲信越
地方

4.北陸
地方

5.東海
地方

6.近畿
地方

7.中国・四国
地方

8.九州・沖縄
地方

 

二股小学校

【所在地】青森県東津軽郡今別町大川平

【開校】1951年

【閉校】2003年

【アクセス】JR海峡線津軽今別駅/津軽線津軽二股駅から徒歩15分

【コメント】津軽今別駅/津軽二股駅から県道14号線を南下し,最初のT字路を右に折れて坂を上った右手にある。訪問時は雪に覆われていて全く近づけなかった。

(2008年3月訪問)

小国小学校

【所在地】青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田小国

【開校】1880年(?)

【閉校】1999年

【アクセス】JR津軽線/海峡線中小国駅から徒歩5分

【コメント】中小国駅前を通る県道12号線を西に向かうと集落の外れにある。跡地は「おぐにふるさと体験館」となっている。

(2008年3月訪問)

十三小学校

【所在地】青森県五所川原市十三

【開校】1873年8月1日

【閉校】2001年3月31日

【アクセス】弘南バス神社前バス停から徒歩5分

【コメント】中世の港湾都市として栄えた十三湊遺跡の一画にある。グラウンドの発掘調査から,十三湊を支配した安藤氏の居館があったと推定されている。校舎は「十三湊発掘調査室 整理事務所」として活用されている模様。

(2009年9月訪問)

第一大成小学校

【所在地】青森県弘前市駅前3丁目

【開校】?

【閉校】2002年

【アクセス】JR奥羽本線弘前駅から徒歩10分

【コメント】JR弘前駅から中央弘前駅に向かう途中の,市民病院の向かいにある。「第一」と「第二」が統合し,大成小学校が開校した。跡地は弘前市役所土手町分庁舎として活用されている。

(2008年3月訪問)

松尾鉱山中学校(生活学園)

【所在地】岩手県八幡平市緑ヶ丘

【開校】?

【閉校】1970年

【アクセス】岩手県北バス緑ヶ丘バス停から徒歩10分

【コメント】巨大な廃墟群を成す松尾鉱山跡の一角にある。松尾鉱山は,最盛期には周辺に約1万5,000人が暮らし,「雲上の楽園」とも評されるほどの賑わいを見せたが,時代の移ろいとともに閉山,廃墟と化した。鉱山の発展とともに設置された松尾鉱山中学校も,鉱山の閉鎖とともに1970年に閉校となった。ただしその後も「生活学園」としてしばらく教育活動が行われていたという。県道23号線(通称:八幡平アスピーテライン)から校舎跡を眺めていると,光線の加減からか3階の各教室に灯りがついているように見えて,うすら恐ろしかった。

(2007年8月訪問)

中津川小学校

【所在地】岩手県盛岡市新庄

【開校】1957年(?)

【閉校】1973年

【アクセス】JR山田線浅岸駅から徒歩10分

【コメント】浅岸駅から続く未舗装路を行き,突き当たりの橋を渡って右に折れると右手にある。校舎は古びた木造で,校庭には草が生い茂っていた。

(2007年8月訪問)

旧・富野小学校

【所在地】宮城県栗原市築館城生野

【開校】1877年(?)

【閉校】1993年(現在地に移転)

【アクセス】ミヤコーバス陸前城生野バス停から徒歩5分

【コメント】すぐ近くに新装開校した富野小学校の跡地。8世紀に造営された伊治城跡の一角にある。跡地は築館町(現在は栗原市)出土文化財管理センターとなっている。

(2008年3月訪問)

角館小学校

【所在地】秋田県仙北市角館町

【開校】1874年6月2日(?)

【閉校】?年

【アクセス】JR田沢湖線(秋田新幹線)角館駅から徒歩15分

【コメント】江戸時代の城下町の面影を残す武家屋敷通りの中にある。現在の角館小学校は違う場所にあり、この跡地から移転したものと思われるが、詳細は不明。

(2013年5月訪問)

庭坂小学校大平分校(?)

【所在地】福島県福島市大笹生

【開校】?

【閉校】?

【アクセス】JR奥羽本線赤岩駅から徒歩20分

【コメント】赤岩駅から山道を登っていくと,いきなり姿を現す。校舎は味わい深い木造で,校庭では錆び果てたブランコが揺れていた。

(2005年9月訪問)

小川小学校江田分校

【所在地】福島県いわき市小川町上小川

【開校】1875年

【閉校】1970年3月31日

【アクセス】JR磐越東線江田駅から徒歩5分

【コメント】江田駅前の道を左に向かい,踏切を渡ってすぐを左に行った高台にある。校庭だった広場には何かの施設が建てられた模様。

(2007年1月訪問)

 


ホーム > 資料室・談話室 廃校跡の情景> 東北地方