ホーム > 資料室・談話室 > 廃校跡の情景 > 関東甲信越地方

談話室その3

廃校跡の情景

「廃校跡の情景」トップへ

1.北海道
地方

2.東北
地方

3.関東甲信越
地方

4.北陸
地方

5.東海
地方

6.近畿
地方

7.中国・四国
地方

8.九州・沖縄
地方

 

大和小学校 天目分校

【所在地】山梨県甲州市大和町木賊

【開校】?

【閉校】?

【アクセス】甲州市民バス天目バス停からすぐ

【コメント】武田氏ともゆかりのある栖雲寺のすぐ横にある。建物は比較的新しいが,特に活用されていない模様。立地条件から見て,栖雲寺の境内が校庭を兼ねていたと思われる。正確には廃校ではなく休校扱い。

(2010年12月訪問)

信級小学校

【所在地】長野県長野市信州新町信級

【開校】?

【閉校】1976年

【アクセス】長野市営バス峠バス停から徒歩3分

【コメント】1847年の善光寺地震により発生した山崩れで、土砂が川を堰き止めてできた柳久保池の近くにある。味わい深い木造校舎と体育館と思われる建物、さらにはプールも残っている。校門の表札は「信級小學校」と旧字体が使われており、これまた味わい深い。プール跡の横には銅像も残っていたが、雪のため近づけず、誰の銅像なのか分からなかった。

(2014年1月訪問)

野尻小学校

【所在地】長野県上水内郡信濃町野尻

【開校】1947年4月1日

【閉校】1972年3月31日

【アクセス】信濃町新交通バス野尻湖バス停からすぐ

【コメント】野尻湖ナウマンゾウ博物館の向かいの、野尻湖畔にある。1972年に近隣に新校舎が完成し、「野尻湖小学校」として新たなスタートを切ったため、発展的に閉校となったと思われる(ただし、その野尻湖小学校も、2012年に信濃町内の他の4つの小学校及び信濃中学校と統合され、信濃小中学校として小中一貫教育を開始している)。野尻小学校の跡地は、信濃町公民館野尻湖支館として活用されている模様。

(2013年5月訪問)

古海小学校

【所在地】長野県上水内郡信濃町古海

【開校】1873年

【閉校】2012年3月31日

【アクセス】信濃町新交通バス旧農協前バス停からすぐ

【コメント】斑尾高原の妙高高原側入り口にあたる古海集落の一角にある。2012年に信濃町内の他の4つの小学校及び信濃中学校と統合され、信濃小中学校として小中一貫教育を開始している。校舎跡地は特に再利用されていない模様で、校舎に設置されていた時計も2時35分を指して止まっていた。

(2015年5月訪問)

中土小学校

【所在地】長野県北安曇郡小谷村中土

【開校】1904年4月

【閉校】1962年9月15日

【アクセス】小谷村営バス長崎バス停から徒歩10分

【コメント】十二沢という渓流が中谷川に合流する手前の右岸側の小高い丘の上にある。敷地の奥に記念碑があり、ここが小学校跡地だと知れた。この丘のすぐ麓にも中土小学校が存在した(2006年3月廃校)模様で、丘の上にあった旧校が手狭となって丘の下に移転したものの、そちらも閉校となったと考えられる。現在、跡地には寮が建っているほか、記念碑の横には気象庁小谷観測所がある。

(2014年4月訪問)

小俣小学校・中俣中学校

【所在地】新潟県村上市小俣

【開校】小学校1875年4月、中学校?

【閉校】小学校2004年3月、中学校1980年3月(?)

【アクセス】新潟交通観光バス日本国麓郵便局前バス停から徒歩5分

【コメント】その山名で有名な「日本国」の登山道の入り口にある。閉校記念碑が2つ並んでいることから、同じ敷地に小学校と中学校が併設されていたと思われる。校舎跡と思われる建物や体育館、プールなどが今も残っている。また、校庭跡と思われる敷地の一部が「日本国ふれあいパーク」として整備され、休憩所やトイレなどが設置されている。

同じ敷地にありながら、小学校名と中学校名が異なっているのは不可解だが、小学校名はこの付近の集落名である「小俣」に、中学校名は旧・「中俣」村(のち山北町となり、現在は村上市)に由来し、それぞれカバーする校区の範囲を反映して名前が付けられていたと考えられる。なお、旧・中俣村は、旧・小俣村と旧・中継村(「小俣」集落の南に今も「中継」集落がある)の合成地名である(ただし、他に3つの村も一緒に合併して旧・中俣村となった)。

(2013年9月訪問)

東竹沢小学校

【所在地】新潟県長岡市山古志東竹沢

【開校】1977年(?)

【閉校】2000年3月

【アクセス】関越自動車道堀之内ICから車で20分

【コメント】2000年の閉校後も旧校舎が残されていたが、2004年の新潟県中越地震で発生した大規模な地すべりにより旧校舎の1階部分が埋まってしまった。また、この地すべりにより芋川がせき止められ、いわゆる天然ダムができたが、ダムにたまった水を抜くためのホースが旧校舎を貫通して設置された。結局、砂防工事や復旧工事のため、旧校舎は解体された。現在は跡地に石碑のみが建っている。

(2013年8月訪問)

大白川小学校

【所在地】新潟県魚沼市大白川

【開校】1876年11月10日

【閉校】1968年3月31日(?)

【アクセス】JR只見線大白川駅から徒歩20分

【コメント】入広瀬山菜組合が運営する「山菜会館」の裏手にある。訪問時は積雪のため、所在地が分からなかったが、地元の男性の案内により判明した。写真中央やや右の「おみやげ」の表記がある建物が「山菜会館」で、その左にある建物が大白川小学校跡である。冬季は雪のため近づけない。

(2013年2月訪問)

旧・出雲崎小学校

【所在地】新潟県三島郡出雲崎町米田

【開校】?

【閉校】2000年3月31日(現在地に移転)

【アクセス】北越後観光バス良寛記念館入口バス停から徒歩3分

【コメント】良寛記念館のすぐ近くにある。校舎跡は「ふれ愛サポートセンターいずもざき」として、体育館跡は「新潟県少林寺拳法連盟研修センター」として、それぞれ再利用されている模様。なお、JR出雲崎駅近くにある現・出雲崎小学校は、この旧・出雲崎小学校と西越小学校が統合して新装開校したものである。

(2015年4月訪問)

野田小学校

【所在地】新潟県柏崎市野田

【開校】1874年

【閉校】2012年3月

【アクセス】北越後観光バス/柏崎市高柳町・鵜川新交通バス野田農協前バス停からすぐ

【コメント】上記バス停すぐ近くの、国道353号線沿いにある。新道小学校と統合され、閉校となった。廃校となったばかりのせいか、何かに再利用されている様子はなかった。

(2013年12月訪問)

別俣小学校

【所在地】新潟県柏崎市久米

【開校】1873年(創立)

【閉校】2005年3月31日

【アクセス】北越後観光バス久米バス停から徒歩3分

【コメント】上記バス停近くの県道25号線沿いにある。あまりに味わい深い木造の校舎跡は「農村体験交流施設きらら」「いなかの食堂 喜楽来」として、校庭跡は「別俣マレットゴルフ場」として活用されている。また、校舎から校庭を挟んで反対側にある体育館跡らしき建物は「別俣コミュニティセンター」として再利用されており、訪問時は館内でスポーツを楽しんでいる歓声が聞こえた。

(2014年7月訪問)

石黒小学校・中学校

【所在地】新潟県柏崎市高柳町石黒

【開校】小学校1873年6月19日(?)、中学校?

【閉校】小学校、中学校ともに1995年3月31日

【アクセス】柏崎市高柳町・鵜川新交通バス爽風苑入口バス停から徒歩5分

【コメント】棚田百選にも選ばれている「花坂の棚田」の近くにある。石黒小学校は門出小学校と、石黒中学校は高柳中学校とそれぞれ統合され、閉校となった。校舎跡は老人保健施設「石黒爽風苑」として再利用されている。校庭跡の一角には雪崩防護柵と思われる施設が整備されており、雪崩の脅威から老人保健施設を守っていた。

(2013年12月訪問)

白倉小学校

【所在地】新潟県十日町市小白倉卯

【開校】1874年11月

【閉校】1994年3月

【アクセス】北越後観光バス小白倉バス停から徒歩3分

【コメント】「第5回美しい日本のむら景観コンテスト」で農林水産大臣賞を受賞した小白倉集落にある。一見、校庭が見当たらないが、校門入って校舎の左手から道なりに斜面を登った先にある空き地が校庭跡と考えられる。校舎は「白倉交流センター キャンパス白倉」として再利用されている模様だが、詳細は不明。

(2014年7月訪問)

仙田小学校

【所在地】新潟県十日町市中仙田甲

【開校】1974年4月1日

【閉校】2009年3月31日

【アクセス】北越後観光バス仙田バス停から徒歩5分

【コメント】瀬替えで有名な渋海川沿いにある。校舎跡の時計は7時53分を指して時が止まっており、校舎跡の窓ガラスは一部木材が打ち付けられるも、すでに割れているものも多数あり、荒廃が進んでいるようだった。

(2013年10月訪問)

松代小学校 菅刈分校

【所在地】新潟県十日町市松代田沢

【開校】1875年

【閉校】1994年3月

【アクセス】十日町市営バス菅刈バス停から徒歩5分

【コメント】上記バス停から国道253号線に向けて斜面を下る途中にある。猫の額ほどの空き地が階段の上下に2か所あり、階段の上に校舎、下に校庭があった模様。松代小学校と統合され、閉校となった後の校舎は東京都の自治体が所有し、交流の際に利用していた模様だが、すでに建物は跡形もなくなっていた。

(2014年5月訪問)

峠小学校

【所在地】新潟県十日町市峠

【開校】1876年7月

【閉校】1984年3月

【アクセス】十日町市営バス星峠バス停から徒歩5分

【コメント】「星峠の棚田」で有名な(星)峠集落の中にある。非常に小さな校舎跡と思われる木造の建物と、非常に小さな校庭跡と思われる広場が残っている。校舎の校庭側の壁が補修されていたことから、校舎跡は何かに転用されている模様。

(2013年5月訪問)

大島小学校

【所在地】新潟県上越市大島区仁上

【開校】1873年12月

【閉校】1997年3月

【アクセス】大島区スクールバス棚岡バス停から徒歩5分

【コメント】県道229号線沿いにある。写真の通り、体育館跡と思われる建物が残っており、「大島地域生涯学習センター」として再活用されているようだが、校舎の跡はよく分からなかった。この建物の目の前にある閉校記念碑のすぐ横には、台座から下ろされた哀れな二宮金次郎の銅像が今なお薪を背負っていた。

(2014年8月訪問)

須川小学校

【所在地】新潟県上越市安塚区須川

【開校】1874年

【閉校】?

【アクセス】東頸バス須川バス停からすぐ

【コメント】国道403号線沿いにある。3階建ての校舎跡と思われる建物と、体育館跡と思われる建物が現存している。入り口には創立100周年を記念して1974年に建立された石碑があり、石碑に刻まれた「明朗闊達」の4文字は田中角栄元首相の揮毫によるという。

(2014年8月訪問)

月影小学校

【所在地】新潟県上越市浦川原区横住

【開校】1874年

【閉校】2001年3月

【アクセス】東頸バス横住学校前バス停からすぐ

【コメント】上記バス停すぐ近くの、県道61号線沿いにある。廃校から10年以上が経過しているが、上越市の宿泊体験交流施設「月影の郷」として再利用されており、校舎跡も校庭跡も比較的よく整備されている。再利用されているためか、訪問時には、耐震補強のためと思われる骨組みが校舎跡建物の周りを囲っていた。

(2013年10月訪問)

櫛池小学校

【所在地】新潟県上越市清里区棚田

【開校】1874年(?)

【閉校】2005年

【アクセス】くびき野バス棚田バス停からすぐ

【コメント】1920年に直径18p、重さ4.4sの隕石が落下した地点を公園として整備した「櫛池隕石落下公園」から櫛池川を挟んで対岸にある。現在、校舎は「櫛池地域生涯学習センター」として活用されている模様。

(2013年10月訪問)

筒方小学校

【所在地】新潟県上越市板倉区筒方

【開校】?

【閉校】2004年3月

【アクセス】頸南バス下筒方バス停から徒歩5分

【コメント】上記バス停から筒方の集落内へ向かう細い道を入っていくと、左手の奥まったところにある。地図によると、校舎跡は板倉地区公民館筒方分館として再活用されている模様で、2m近い積雪にもかかわらず、入り口まで除雪が行き届いていた。なお、校庭跡の隅に気象庁の筒方観測所がある。

(2015年1月訪問)

寺野小学校

【所在地】新潟県上越市板倉区久々野

【開校】1872年11月

【閉校】2004年3月

【アクセス】頸南バス久々野農協前バス停からすぐ

【コメント】地すべり災害にまつわる伝説が残り、地すべり資料館や人柱供養堂がある猿供養寺集落からほど近い場所にある。その外観から、校舎の最上階に体育館があったと思われる。校舎は現在、グループホーム「てらの桜園」として活用されている模様。

(2013年11月訪問)

豊葦小学校・中学校

【所在地】新潟県妙高市樽本

【開校】小学校1874年7月、中学校1947年5月1日

【閉校】小学校、中学校ともに1990年3月

【アクセス】妙高市コミュニティバス下樽本バス停から徒歩5分

【コメント】上記バス停から中樽本の集落に向かう途中にある。学校跡地を偲ぶ石碑が建立されているほか、移設したと思われる当時(?)の門柱2本(「妙高村立豊葦小学校」と「妙高村立豊葦中学校」と書かれている)が石碑の背後に立っている。それ以外に痕跡は見当たらず、代わりに携帯電話会社の基地局と思われる真新しい鉄塔が建っていた。

(2014年9月訪問)

外海府小学校

【所在地】新潟県佐渡市五十浦

【開校】1876年1月

【閉校】1989年3月

【アクセス】新潟交通佐渡バス五十浦バス停からすぐ

【コメント】日本一長い主要地方道として有名な新潟県道45号線沿いにある。校舎の痕跡はなく、代わりに比較的新しい消防用倉庫が建てられている。どこにでもありそうな廃校跡だが、なぜか「外海府小学校跡」として地図やカーナビにも記載されており、不思議な感じがした。

(2014年6月訪問)

内海府小・中学校 北小浦分校

【所在地】新潟県佐渡市北小浦

【開校】?(明治初期)

【閉校】1983年3月

【アクセス】新潟交通佐渡バス北小浦バス停からすぐ

【コメント】日本一長い主要地方道として有名な新潟県道45号線沿いにある。味わい深い木造の校舎と体育館と思われる建物が残っている。建物は再利用されているらしく、「北小浦ダイビングセンター」及び「北小浦海洋センター」の看板が出ていた。

(2014年6月訪問)

 

 


ホーム > 資料室・談話室 廃校跡の情景> 関東甲信越地方