ホーム > 資料室・談話室 > 廃止・転換が噂される路線 > 近畿地方


資料室その1

廃止・転換が噂される路線

2016/5/8 最終更新

「廃止・転換が噂される路線」トップへ

1.北海道
地方

2.東北
地方

3.関東甲信越
地方

4.北陸
地方

5.東海
地方

6.近畿
地方

7.中国・四国
地方

8.九州・沖縄
地方

 

凡例

 すでに廃止された路線(2004年2月以降)

 廃止・バス転換が決定した路線
 存続・鉄路維持が決定した路線
 今後話し合いが行われる(と思われる)路線

 

会社名

三木鉄道

2005/12 3年以内に存廃の結論を出す方針を三木市が提示。加西市長が社長に就任,再生支援策考える協議会立ち上げ。
2006/1 線路と道路の両方を走行できる「デュアル・モード・ビークル」(DMV)の導入を三木市が検討。神鉄三木駅と連絡し,神鉄粟生線に直接乗り入れることが可能か調査を進める。
2006/2 三木市長がDMVの導入を断念し,バス転換する方針を発表。2006年度中に正式決定する。
2007/3 三木市長が市として廃止の意向を明言。早ければ2007年度中にも廃止する。兵庫県も廃止容認の姿勢。
2007/4 臨時取締役会で廃止を決定。
2007/5 臨時株主総会で廃止を決定。6月にも廃止届を提出する見込み。
2007/9 国交省近畿運輸局が14日に関係機関の意見聴取を実施。
2008/4 1日,廃止。

路線名

三木

区間

厄神−三木

営業キロ

6.6km

廃止・転換予定日

08/4/1

会社名

阪堺電気軌道

2015/8

線路敷設後60年近く経過し、老朽化した住吉交差の併用軌道や住吉公園停留場構内のポイント部の改修に数億円規模の費用がかかることから廃止を決断。2014年3月のダイヤ改正で、同区間の運行は朝の7・8時台のみとなっていた。

2016/1 31日、廃止。

路線名

上町

区間

住吉−住吉公園

営業キロ

0.2km

廃止・転換予定日

2016/1/31

会社名

南海電気鉄道

2004/4 対策協議会が25万人分の廃止反対署名を提出。
2004/8 和歌山市長が第三セクター化に難色を示す。
2004/10 廃止を届出。
2004/12 和歌山市が運営を引き継ぐ事業者を公募へ。
2005/1 和歌山市と貴志川町が後継事業者に赤字補填へ。
2005/2 貴志川町が「貴志川線存続基金」を設置。和歌山市と貴志川町が運営を引き継ぐ事業者の公募を開始。
2005/3 鉄道事業者1社が和歌山市へ継承を非公式に打診。和歌山市と貴志川町による後継事業者の公募に,法人6社と個人3者が応募。
2005/4 後継事業者を岡山電気軌道に決定。手続きに時間を要することから,南海に廃止日の先送りを要請。
2005/6 南海が廃止予定日を当初の05年10月1日から繰り下げることを発表。経営を引き継ぐ「和歌山電鐵株式会社」を設立。
2006/2 鉄道事業譲渡譲受が正式認可。
2006/3 新しい愛称名を「いちご電車」とすると発表。
2006/4 1日、和歌山電鐵が運行を開始。
2006/8 「いちご電車」の運行開始。

路線名

貴志川

区間

和歌山−貴志

営業キロ

14.3km

廃止・転換予定日

2006/4/1

会社名

信楽高原鐡道

2013/10 台風18号の影響により橋脚が流失するなど、甚大な被害。復旧に莫大な費用が見込まれることから、甲賀市が廃線も視野に入れていることを表明。
2013/12 鉄道施設の維持管理を受け持つ甲賀市の試算で、市の負担額が2千万〜1億円に抑えられると判明したため、来年12月までに運行を再開させる方針を固める。
2014/11 29日、運行を再開。

路線名

信楽

区間

貴生川−信楽

営業キロ

14.7km

廃止・転換予定日

会社名

神戸電鉄

2009/11 沿線市町村,県,沿線住民代表,国,学識経験者とともに神戸電鉄粟生線活性化協議会を立ち上げ。
2010/11 11年度中に存廃を判断へ。乗客がピーク時からほぼ半減し,毎年10億円以上の赤字を出していることや,国の補助金も打ち切られることから,結論を急ぐことに。
2011/7 沿線市町村が粟生線存続戦略会議の初会合を開催。存続に向けて協議を進めること,神戸電鉄に経営状況の詳細な開示を求めることなどで一致。
2012/2 14年度までは存続させる方針を神戸電鉄が明らかに。

路線名

粟生

区間

鈴蘭台−粟生

営業キロ

29.2km

廃止・転換予定日

会社名

京阪電気鉄道

2004/7 分社化は延期に。

路線名

京津

石山坂本

区間

御陵−浜大津

石山寺−坂本

営業キロ

7.5km

14.1km

廃止・転換予定日

会社名

阪堺電気軌道

2005/4 沿線住民が堺市内区間の廃止反対を求める署名を堺市に提出。
2006/12 堺市内のLRT構想とリンクさせることで存続を模索。
2009/9 LRT計画の中止を訴える候補が市長に当選。
2010/1 市長がLRT計画の中止を正式に南海電鉄に申し入れ。
2010/6 堺市が今後10年間で約50億円の支援案を提示。
2010/7 阪堺電軌が堺市の支援策を受け入れ,協議に応じると回答。
2010/10 堺市とともに継続的な運行に努めることで合意。
2011/1 堺市の支援を得て,15日から大阪市内〜堺市内間でも運賃が大人200円・子供100円均一に。

路線名

阪堺

区間

我孫子道−浜寺駅前

営業キロ

7.9km

廃止・転換予定日

会社名

JR西日本

2011/2 神戸市が地域を分断しているとして廃止を要望。JRと協議を開始することに。

路線名

山陽本(和田岬)

区間

兵庫−和田岬

営業キロ

2.7km

廃止・転換予定日

 


ホーム  資料室・談話室  > 廃止・転換が噂される路線 > 近畿地方