ホーム > 終着駅の情景 > 阿字ヶ浦・勝田


  阿字ヶ浦・勝田(茨城交通・湊線)

1-1.阿字ヶ浦(構内)

 

1-2.阿字ヶ浦(駅舎)

 

2.勝田(ホーム)

【路線概略】 ※2008年4月1日会社名変更

湊鉄道が起源。1928年に阿字ヶ浦まで全通し,戦時中に他社と合併して茨城交通となった。かつては水戸駅や上野駅から(まで)直通する列車があったが,現在は線内折り返しの普通列車のみが運転されている。厳しい経営が続く中,新社長が就任することが決定し,2008年4月1日には会社名も「ひたちなか海浜鉄道」と変更して,再スタートを切った。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(湊鉄道)

勝田−磯崎8.3哩

6往復

1944年12月

勝田−阿字ヶ浦14.3km

10往復(他に区間列車あり)

1956年12月

勝田−阿字ヶ浦14.3km

15往復(他に区間列車あり)

1968年12月

勝田−阿字ヶ浦14.3km

下り21本,上り19本

1987年4月

勝田−阿字ヶ浦14.3km

22往復(他に区間列車あり)

2006年11月

勝田−阿字ヶ浦14.3km

27往復(他に区間列車あり)

 

【駅データ】

駅名

阿字ヶ浦(あじがうら)

所在地

茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町204-4
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1928年7月17日(湊鉄道として)

乗降客数

360人(2000年現在,1日平均)

駅名のルーツ

駅名

勝田(かつた)

所在地

茨城県ひたちなか市勝田中央1-1
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1913年12月25日(湊鉄道として)

乗降客数

1,132人(2000年現在,1日平均)

駅名のルーツ

「勝」は「片」と同じで,片方が海,山,川(ここは那珂川)で打ち切られている土地のことで,その川に沿って開けた集落ということ。

 

【乗車記】(2007年1月)

水戸駅前のホテルで一泊した翌日,JRで1駅の勝田にやって来た。目的は良からぬ噂のある茨城交通の乗車である。

乗りつぶしが目的といっても,単純に往復するのでは芸がない。ので,駅前からバスに乗ってひたち海浜公園まで行き,そこから徒歩で茨城交通の終点・阿字ヶ浦駅に向かう計画を立てていた。のだが,いざ勝田駅に到着して隣にちょこんと停まっている茨城交通のディーゼルカーを見るにつけ,急に気が変わってきて,往復ともお世話になることにした。

車内に満員の高校生を乗せて勝田駅のホームを出発した2両編成のディーゼルカーは,勝田の市街地を抜けると田園地帯に入り,それを抜けると沿線最大の中核駅である那珂湊駅に停車した。ここと次の殿山駅で満員の高校生を一人残らず吐き出し,すっかり身軽になったディーゼルカーは,残りの4.7kmを淡々と進んで終点の阿字ヶ浦に到着した。下車したのは他に地元の方とおぼしきおばちゃん2人だけだった。

周辺の散策に出る。駅から東へと続く細い坂道を下っていくと,砂浜に出た。阿字ヶ浦は茨城でも有数の海水浴場で,夏季には多くの海水浴客で賑わうらしいが,今日は季節が季節なので閑散としている。周囲を見回してみても,砂浜に出ているのは私1人だけだった。

駅に戻る。やがて折り返しとなる普通列車がホームに入ってきた。10分ほど停留したのち,再び勝田駅に向けて走り出す。阿字ヶ浦駅からこの列車を利用したのは,私の他に同業者とおぼしき男性1人だけだった。


ホーム > 終着駅の情景 > 阿字ヶ浦・勝田