ホーム > 終着駅の情景 > 電鉄富山・宇奈月温泉


  電鉄富山・宇奈月温泉(富山地方鉄道・本線)

1.電鉄富山

 

2.宇奈月温泉

【路線概略】

立山軽便鉄道・黒部鉄道・富山電気鉄道がそれぞれ一部区間ずつ開業させたのが起源。1943年に富山地方鉄道に統合されたが,「電鉄」と付く駅名に往時の名残をとどめる。普通列車のほかに,特急「うなづき号」「アルペン号」「立山号」,朝の電鉄富山行きのみ運転される快速急行,さらには急行も走る。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(黒部鉄道)

三日市−宇奈月10.7哩

11往復

1944年12月
(本線・黒部線)

電鉄富山−宇奈月53.2km

14往復
(他に区間列車多数あり)

1956年12月
(本線・黒部線)

電鉄富山−宇奈月53.3km

下り18本,上り16本
(他に区間列車多数あり)

1968年12月
(本線・黒部線)

電鉄富山−宇奈月53.3km

27往復
(他に区間列車あり)

1987年4月

電鉄富山−宇奈月温泉53.4km

24.5往復
(他に区間列車多数あり)

2005年6月

電鉄富山−宇奈月温泉53.5km

23.5往復
(他に区間列車多数あり)

 

【駅データ】

駅名

電鉄富山(でんてつとやま)

所在地

富山県富山市桜町1-1-1
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1931年10月3日(富山電気鉄道として)

乗降客数

7,300人(2000年現在,1日平均)

駅名のルーツ

駅名

宇奈月温泉(うなづきおんせん)

所在地

富山県下新川郡宇奈月町宇奈月260
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1923年11月21日(黒部鉄道桃原駅として)

乗降客数

900人(2000年現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2004年9月)

宇奈月温泉に向かうべく,頭端式の電鉄富山駅にやって来た。待っていた電車はやや古びた転換クロスシート車。スイッチバック式の上市駅では,常人には理解不能のゾクゾク感を味わう。そうするうちに,いかにも立派そうなJR北陸線がそっと寄り添ってきた。その車窓から今まで何回も指をくわえて見送ってきたわが線路は,予想外に多くの地元客を宇奈月温泉へと運んでいった。


ホーム > 終着駅の情景 > 電鉄富山・宇奈月温泉