ホーム > 終着駅の情景 > 恵那・明智


  恵那・明智(明知鉄道・明知線)

1.恵那

 

2.明智

【路線概略】

国鉄明知線が1985年に転換されて誕生。終点の駅名は「明智」だが,会社名・線名は「明知」。市町村合併により,起終点ともに恵那市にある。つい最近まで腕木式信号機とタブレット交換が残っていた。飯沼駅は日本一の急勾配駅。長良川鉄道とともに「市民鉄道への転換計画」を策定,サービス向上に努めている。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1944年12月
(国鉄明知線)

大井−明知25.2km

7.5往復

1956年12月
(国鉄明知線)

大井−明知25.2km

6往復

1968年12月
(国鉄明知線)

恵那−明知25.2km

8.5往復

1987年4月

恵那−明智25.1km

12往復

2005年3月

恵那−明智25.1km

13往復

 

【駅データ】

駅名

恵那(えな)

所在地

岐阜県恵那市大井町神ノ水
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1902年12月21日(国鉄中央西線大井駅として)

乗降客数

1,155人(2001年現在,1日平均)

駅名のルーツ

恵は「江」で,ナは「国」。川の国,水の国という意。

駅名

明智(あけち)

所在地

岐阜県恵那市明智町416-2
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1934年6月24日(国鉄明知線明知駅として)

乗降客数

395人(2001年現在,1日平均)

駅名のルーツ

明地,明田のこと。浅い田,乾いた良田のことという。

 

【乗車記】(2004年1月)

中央線で恵那に着くと,明知鉄道の列車が人気のないホームでひっそりと乗客を待っていた。明知鉄道には木造の駅舎が多く残っており,非常に味わい深い。それにしても,時間帯のせいもあるだろうけど,予想外の乗車率の低さにびっくり。終点・明智で降りたもう一人の客は同業者と思われる。「経営安定基金がそこをついた」との話もあり,良からぬ噂が現実にならないことを心底願った。駅周辺を散策し,近くのコンビニでおにぎりを買ったあと,駅前から出る東鉄バスの車内で食べながら瑞浪駅へ抜けた。


ホーム > 終着駅の情景 > 恵那・明智