ホーム > 終着駅の情景 > 御坊・西御坊


  御坊・西御坊(紀州鉄道・紀州鉄道線)

1-1.御坊(駅舎)

 

1-2.御坊(ホーム)

 

2.西御坊

【路線概略】

市街地から離れていた国鉄御坊駅と市街地との連絡を図るために建設された御坊臨港鉄道が起源。1973年,不動産会社が買収して「紀州鉄道」に社名変更した。芝山鉄道に次いで日本で二番目に営業キロが短い。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1944年12月
(御坊臨港鉄道)

御坊−日高川3.4km

下り16本,上り10本
(他に区間列車あり)

1956年12月
(御坊臨港鉄道)

御坊−日高川3.4km

19往復

1968年12月
(御坊臨港鉄道)

御坊−日高川3.4km

下り26本,上り19本

1987年4月

御坊−日高川3.4km

4往復(他に区間列車多数あり)

2005年9月

御坊−西御坊2.7km

26往復(他に区間列車あり)

 

【駅データ】

駅名

御坊(ごぼう)

所在地

和歌山県御坊市湯川町小松原414
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1931年6月15日(御坊臨港鉄道として)

乗降客数

142人(1日平均)

駅名のルーツ

もとは園浦と称した。1532年に吉原村に立てられた西本願寺道場を,1595年に浅野家の家臣が当地へ移し,西本願寺御坊と呼んだことから。

駅名

西御坊(にしごぼう)

所在地

和歌山県御坊市薗563
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1932年4月10日(御坊臨港鉄道松原口駅として)

乗降客数

193人(1日平均)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2005年9月)

JRで御坊駅に到着,階段を渡って紀州鉄道乗り場に向かう。ホームの時刻表を見ると,今まさに発車の時刻で,運転士がJRからの乗り換え客を待っている。慌てて乗り込んだ。

が,車内には誰もいない。JRからの乗り換え客も他にいなかったらしく,自分1人を乗せて発車した。変な話だが,他に客がいないことに妙に納得してしまった。

単行列車はすぐにJR線と別れ,田園地帯に出る。路盤には草が繁茂している。これほどまでに草が生い茂った路線を今まで見たことがない。

突然,警笛がけたたましく鳴った。見ると,おっさんが線路を歩いている。特に悪びれた様子もなく,また運転士のほうも叱咤する気配なく,何事もなかったかのように列車は御坊の市街地に吸い込まれていった。

こまめに駅に停まるが,誰も乗り降りしない。紀伊御坊駅では駅員氏が乗降客を待っていたが,ここでも改札を通る人はいない。この駅員氏が張り合いなさげで物憂げで不憫に見えた。

結局,貸切り状態で終点・西御坊に到着。180円を支払ってホームに降り立ち,ため息をついた。この西御坊駅,完全に時間が止まっている。時代がどう変わろうとお構いなしだ。他にもいろいろ言いたいことがあるが,うまく言えそうにないのでやめる。とにかく「一度見て欲しい」としか言いいようがない。

1989年に廃止された区間を散策した後,再び紀州鉄道の人となる。また自分1人しかいない。「往復とも乗客1人の珍記録を作るか?」と思い始めた瞬間,次の市役所前駅で男性が1人乗ってきた。変な話だが,乗客が現れたことに非常に驚いてしまった。

その後も各駅で数人ずつ客を拾った列車は,8人もの大所帯を抱えて御坊駅の0番ホームに滑り込んだ。結局,広大なはずの「紀州」の旅は,行きも帰りも2.7km,8分で終わってしまった。


ホーム > 終着駅の情景 > 御坊・西御坊