ホーム > 終着駅の情景 > 池田・北見

ホーム > 廃線跡の情景 > 北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線【現役時代の様子】


  池田・北見(北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線)

1-1.池田(ホーム,2005年10月)

 

1-2.北見(ホーム,2005年10月)

 

 

 

2-1.北見(駅舎,2006年1月)

 

2-2.池田(駅舎,2006年1月)

【路線概略】 ※2006年4月21日廃止

元・国鉄網走(本)線。開業時からオホーツク海側に至る唯一の鉄道として活躍したが,石北本線の開業などもあってローカル線に転落,1961年に池田−北見間は池北線に改称された。国鉄改革時に廃線指定を受けるも,第3セクター鉄道として1989年に再出発。しかし経営はやはり厳しく,2006年4月20日をもって廃止された。

 

【路線データ】 ※現在は廃止

 

営業キロ

運行本数(池田−陸別,陸別−
置戸,置戸−北見の順に,
他に区間列車あり

1925年4月
(国鉄網走本線)

池田−野付牛87.0哩

3.5往復,3往復,4往復

1944年12月
(国鉄網走本線)

池田−北見140.0km

5往復,4往復,5往復

1956年12月
(国鉄網走本線)

池田−北見140.0km

5往復,5往復,13往復

1968年12月
(国鉄池北線)

池田−北見140.0km

下り10本上り8本,6往復,
12.5往復

1987年4月
(JR北海道池北線)

池田−北見140.0km

7.5往復,5往復,9往復

2005年10月

池田−北見140.0km

7往復,6往復,11.5往復

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

池田(いけだ)

所在地

北海道中川郡池田町東一条1丁目
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1904年12月15日(北海道官設鉄道釧路線として)

乗降客数

218人(1998年現在,1日平均)

駅名のルーツ

池田農場内に駅が設置されたことによる。

駅名

北見(きたみ)

所在地

北海道北見市大通西1丁目
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1911年9月25日(国鉄網走線野付牛駅として)

乗降客数

974人(1998年現在,1日平均)

駅名のルーツ

旧名を野付牛(のつけうし)といって,ヌプ・ホン・ケシ(野の端)から出たが,国名をとって改名された。

 

【乗車記】(2005年10月)

池田駅から始発列車に乗車。北海道の割には大したことのない平凡な車窓風景をぼーっと眺めつつ,じわじわ北上していく。あまりに魅力的な途中駅の数々を表敬訪問しながら。

笹森塩幌上利別川上小利別薫別大誉地。・・・・・・

廃止が決まったためか,車内にも車外にも鉄道ファンとおぼしき人々がたくさんいる。別にファンじゃないけど何となく駅を回っているという老夫婦もいる。ふるさと銀河線に乗ることが主目的と思われるパックツアーに参加した団体客もいる。私も含めて,それぞれがそれぞれのやり方でそれぞれに臨終間際の鉄道に別れを惜しんでいる。こんな感じで廃止前の鉄道がにわかに活気付くのは世の常なのだけど,活気付いたからといってこの鉄道に運命付けられた「死」を回避できるわけではない。

・・・,・・・・・・,・・・・・・。

今までどうもありがとう。長い間本当にご苦労さま。

理由はよく分からないけど,何となくごめんなさい。

そしてさようなら,ふるさと銀河線・・・・・・。

 

【再乗車記】(2006年1月)

・・・とまぁこんな感じで,かなり感傷的に乗車記を締めたのだが,それから3ヵ月後,私は北見駅から置戸行き始発列車に乗車していた。ひょんなことから渡道することになり,ならばと再び予定を合わせて来てしまったのだった。

車窓を流れる風景は,この3ヶ月の間に落ち葉舞う晩秋の赤茶けた世界から粉雪舞う厳冬の銀世界へと面目を一新している。廃止が迫っていることもあり,前回にも増して車内にも車外にも同業者の姿が数多く見られる。あと2ヶ月半しかないから必死なのは分かるけど,ビデオカメラを一般客にも無遠慮に向けたり,乗車口付近に居座って各駅の整理券を逐一集める姿には同業者ながらやや幻滅した。

今回は大誉地駅薫別駅高島駅で途中下車する。いずれも気になっていた魅惑的な駅ばかりだ。列車はいずれも定刻に走り,各駅とも無事に表敬訪問を果たすことができた。

それ以外にも,実に個性的で実に味わい深い小駅の数々が次々と車窓を通り過ぎる。今までに訪問した駅もたくさんあり,懐かしい。「そういえばこの駅ではあんなことがあったなぁ・・・」と,昔の思い出が走馬灯のように頭を駆け巡る。

もともと栄光の網走本線として開業したふるさと銀河線。そんな昔の栄光はどこへやら,今は単行の列車がわずかな乗客を乗せて細々と走っているに過ぎない。だが,時の流れはまだまだ非情で残酷で,ふるさと銀河線にそれすらも許そうとはしない。車窓の銀世界のあちこちに,木々の若葉が力強く芽吹き始める頃,ふるさと銀河線は最期のときを迎えることになる。

今までどうもありがとう。長い間本当にご苦労さま。

やっぱり理由はよく分からないけれど,何となくごめんなさい。

そして,今度こそ本当にさようなら,ふるさと銀河線・・・・・・。


ホーム > 終着駅の情景 > 池田・北見

ホーム > 廃線跡の情景 > 北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線【現役時代の様子】