ホーム > 終着駅の情景 > 石越・細倉マインパーク前

ホーム > 廃線跡の情景 > くりはら田園鉄道・くりはら田園鉄道線【現役時代の様子】


  石越・細倉マインパーク前(くりはら田園鉄道・くりはら田園鉄道線)

1.石越(駅舎)

 

2.石越(ホーム)

 

3.細倉マインパーク前(駅舎)

 

4.細倉マインパーク前(ホーム)

【路線概略】 ※2007年4月1日廃止

「くりでん」の愛称で親しまれている第三セクター鉄道。細倉鉱山の鉱石輸送を目的として開業した栗原軌道が起源で,軌間変更や数度にわたる社名変更などを複雑に経て現在に至る。一度電化されたものの,施設が更新されず,1995年にディーゼル化された。また細倉鉱山は1987年に閉山,貨物輸送も終了し,現在は旅客列車が走るのみである。

 

【路線データ】 ※現在は廃止

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(栗原軌道)

石越−岩ヶ崎10.3哩

5往復

1944年12月
(栗原鉄道)

石越−細倉25.5km

7往復

1956年12月
(初代・栗原電鉄)

石越−細倉25.5km

15往復

1968年12月
(宮城中央交通)

石越−細倉25.5km

12往復

1987年4月
(2代目・栗原電鉄)

石越−細倉25.5km

14往復

2005年8月

石越−細倉マイン
パーク前25.7km

12往復
(他に区間列車あり)

 

【駅データ】 ※現在は廃止

駅名

石越(いしこし)

所在地

宮城県登米市石越町南郷字西門沖261
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1921年12月20日(栗原軌道として)

乗降客数

126人(2000年現在,1日平均)

駅名のルーツ

日本武尊が大倭媛命から授かった明珠をこの地に着陣したときに土中に埋めたものが霊石と化し,それが小石を産するところから石小石と命名され,それが石越に転じたという。

駅名

細倉マインパーク前(ほそくらまいんぱーくまえ)

所在地

宮城県栗原市鴬沢町字南郷原11-2
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1990年6月16日(栗原電鉄として)

乗降客数

76人(2000年現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2005年8月)

JR東北本線で石越駅にやって来た。改札を出てくりでん乗り場に向かう。くりでんには2年前に乗ったが,慌しく単純に往復しただけだった。今回はもう少しゆっくり見物したい。見たいものもある。

見覚えのあるくりでんの石越駅舎を通り抜けると,見覚えのある赤紫色の列車がホームに停まっていた。ただ,自分1人しか乗客がいなかった前回と違って,今日はちらほら乗客の姿が見える。

のっそりと発車した列車は,社名に違わず田園地帯のただ中を行く。第三セクターの路線名には「高原」に代表されるように大げさな単語を入れることが多いが,くりでんは素直に「田園」としていて好ましい。

若柳から幼稚園児の集団が乗り込み,車内がにわかに騒がしくなる。通園にくりでんを利用しているらしい。こんなに幼いのに親なしで乗れるなんて大したものだと思う。が,親なしなので好き放題に車内を行き交い,暴れている。彼らがもう少しおとなしく列車に乗れるようになった頃には,もうくりでんはないだろう。

列車は相変わらず宮城県の稲作地帯を行く。小さな駅の造りはどれもほとんど同じで,駅名標がなければ見分けがつきそうにない。使われなくなったホームの跡も散見されたが,これもどれもそっくりだ。

石越を出て約40分,終点の細倉マインパーク前に到着した。「前」といってもマインパークまでは徒歩7,8分かかると案内板に書いてある。私はマインパークとは反対側に歩き出した。

と,すぐに静態保存された機関車と貨車が目に留まった。説明版がないので詳細は不明だが,鉱石輸送に使われていたのだろう。また,「乗って残そう栗原電鉄」の看板も掲げられている。「電鉄」だった10年前から廃止の話があったのだろうか?

今回のメインだった細倉駅の跡を見物したあと,細倉の集落を散策する。駅跡から見て国道457号線を挟んだ反対側には,似たような構造の木造家屋が建ち並ぶ一角がある。誘われるように国道を渡り,その一角へと吸い込まれていった。

よく見ると,人が住んでいない家屋が多い。さらに歩を進めると,ますます人気がなくなり,家は朽ち果て,不気味な雰囲気が漂っている。辛うじて立つ家の壁には番号が振られている。保証はないけれど,これらの木造家屋は細倉鉱山で働いていた人々が住んでいた炭住ではないだろうか。

マインパーク前駅に戻り,帰りの列車を待つ。待合室には本棚があって文庫本が並んでいる。「くりでん文庫」というらしい。残念ながら興味をそそられる本はなかった。

そうするうちに踏切の音が聞こえ,乗るべき迎えの列車がやって来た。これまた残念なことに誰も乗っていない。空気輸送状態だ。それでも運転士は律儀に安全を確認してから扉を閉め,石越方の運転台に移った。

私も列車に移る。またまた残念なことに,他に乗客はいない。待っても客が現れそうな感じがしない。ならば,と赤紫色の列車は折り返し時間5分で慌しく発車した。

次の鶯沢工業高校前で高校生が乗り込み,車内は賑やかになった。以後,各駅でそこそこの乗降があり,客が絶えることはない。失礼ながら,くりでんは予想外に奮闘している気がした。

と褒めたのがいけなかったのか,いつの間にか少しずつ乗客が減り始め,荒町で最後のおばさんが下車してしまった。再び車内に1人取り残される。起終点の両方で他に客がいない奇特な経験をさせてもらった。


ホーム > 終着駅の情景 > 石越・細倉マインパーク前

ホーム > 廃線跡の情景 > くりはら田園鉄道・くりはら田園鉄道線【現役時代の様子】