ホーム > 終着駅の情景 > 馬橋・流山


  馬橋・流山(総武流山電鉄・総武流山線)

1.馬橋

 

2-1.流山(駅舎)

 

2-2.流山(ホーム)

【路線概略】

流山軽便鉄道が起源。改軌,電化を経て現在に至る。全線単線で,途中の小金城址駅にのみ交換設備がある。普通列車のみが運転され,区間列車はない。列車には編成ごとに「流星」「流馬」「若葉」などといった愛称がつけられている。流山駅は関東の駅百選に選ばれた。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(流山鉄道)

馬橋−流山3.5哩

9往復

1944年12月
(流山鉄道)

馬橋−流山5.7km

10往復

1956年12月
(流山電鉄)

馬橋−流山5.7km

下り32本,上り30本

1968年12月
(流山電鉄)

馬橋−流山5.7km

?往復

1987年4月

馬橋−流山5.7km

?往復

2006年6月

馬橋−流山5.7km

73往復

 

【駅データ】

駅名

馬橋(まばし)

所在地

千葉県松戸市馬橋西之下181
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1916年3月14日(流山軽便鉄道として)

乗降客数

6,815人(2001年11月14日調査)

駅名のルーツ

1256年,小金城主・千葉介頼胤に招かれた僧の良観房忍性が大日寺(今の万願寺)を開き,長津川の橋が大雨のたびに流されるので馬の鞍のような橋を架けたことによるという。

駅名

流山(ながれやま)

所在地

千葉県流山市流山1-264
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1916年3月14日(流山軽便鉄道として)

乗降客数

6,116人(2001年11月14日調査)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2006年6月)

JR常磐線で牛久に向かう途中,馬橋で途中下車。総武流山電鉄に乗ってみる。

東京近辺を走る電鉄なので,近代化された味気ない鉄道だろうと思っていた。が,いざ乗り場に来てみると,そこにあったのは味わい深い駅名標,レトロな看板,そして薄汚れた時刻表。愛すべきノスタルジーが大いに漂っていた。

水色に白色帯の「流馬」号に乗り,馬橋を出発。立派なJR線に完全包囲されたような格好の幸谷駅を過ぎると川沿いを行き,最近開業したつくばエクスプレスを気づかぬうちに(相手は地下を走っているので気づくはずもないが)横切ると,終点の流山に到着した。乗車時間はわずか11分であった。

折り返しの列車を見送り,駅周辺を散策。・・・と思って歩き出したものの,目標が定まらずいまいち気合が入らない。昼食を食べようとも思ったけれど,食べさせてくれそうな店も見当たらない。あえなく流山駅へ,そして再び11分かけて馬橋駅へと引き返していった。今度は黄色に黄緑帯の「なの花」号に揺られて。


ホーム > 終着駅の情景 > 馬橋・流山