ホーム > 終着駅の情景 > 間藤


  間藤(わたらせ渓谷鐵道・わたらせ渓谷線)

1.駅舎

 

2.ホーム

【路線概略】

足尾銅山の産出物を輸送するために敷設された足尾鉄道が起源。国有化後,JRを経て第3セクターに転換された。終点・間藤は鉄道紀行作家の宮脇俊三氏が国鉄完乗を達成した駅として,また以前はスイッチバック式だったことで有名。間藤から先・足尾本山までさらに1.9kmの貨物線が延びていたが,旅客営業は間藤まで。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(国鉄足尾線)

桐生−間藤27.4哩

6往復(他に区間列車あり)

1944年12月
(国鉄足尾線)

桐生−間藤44.1km

7往復(他に区間列車あり)

1956年12月
(国鉄足尾線)

桐生−間藤44.1km

6往復(他に区間列車あり)

1968年12月
(国鉄足尾線)

桐生−間藤44.1km

9往復(他に区間列車あり)

1987年4月
(JR東日本足尾線)

桐生−間藤44.1km

7往復(他に区間列車あり)

2005年7月

桐生−間藤44.1km

13往復(他に区間列車あり)

 

【駅データ】

駅名

間藤(まとう)

所在地

栃木県上都賀郡足尾町下間藤
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1914年11月1日(足尾鉄道として)

乗降客数

165人(2001年現在,1日平均)

駅名のルーツ

「間」はハザマ,藤は峠であることが多い。ここもそのような地形のところである。

 

【乗車記】(2004年10月)

不穏な動きの出ているわたらせ渓谷鐵道に乗り,桐生から間藤に向かう。始発の桐生では,2両連結の車内は学生で大混雑。ドア付近で窮屈に揺られながら,内心ほっとする。

・・・も束の間,大間々に到着すると,彼らはぞろぞろと下車し,車内は無残なほどガラガラになる。他に乗客がいることを確認するのが大変なくらいだ。

すっかり静かになった列車は,渡良瀬川に沿った渓谷を行く。たまにわずかな平地が開け,駅が現れる。

足尾の市街地に入った。銅山の町らしい色と形をした家々が眼下に広がっている。この眺め,非常に心惹かれるものがある。

それから3分後,終点の間藤に到着した。大ファンである宮脇先生ゆかりの地でもあり,感慨にふける。

一休みののち,地図を片手に駅舎を出た。ここからは,廃止された足尾線の末端区間の現状を見物することにしよう。


ホーム > 終着駅の情景 > 間藤