ホーム > 終着駅の情景 > 三河田原


  三河田原(豊橋鉄道・渥美線)

1.駅舎

 

2.ホーム

【路線概略】

渥美電鉄が起源。以前は三河田原から黒川原まで線路が延び,さらに伊良湖方面への延伸計画もあったが,戦争などの影響で頓挫し,三河田原−黒川原間も1954年に廃止された。また,貨物輸送や急行運転も行われていたが,ともに1985年までに廃止されている。三河田原駅は中部の駅百選に選ばれた。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(渥美電鉄)

師団口−田原9.8哩

?往復

1944年12月
(名古屋鉄道)

新豊橋−三河田原18.1km

?往復

1956年12月

新豊橋−三河田原18.1km

?往復

1968年12月

新豊橋−三河田原18.1km

?往復

1987年4月

新豊橋−三河田原18.0km

?往復

2006年1月

新豊橋−三河田原18.0km

69往復(他に区間列車あり)

 

【駅データ】

駅名

三河田原(みかわたはら)

所在地

愛知県田原市田原町大字田原字東大浜16
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1924年6月10日(渥美電鉄として)

乗降客数

2,913人(2000年現在,1日平均)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2005年2月)

「ワイド3・3・SUNフリーきっぷ」を手に名鉄・豊橋駅に到着。改札を出て,豊橋鉄道に乗り換える。このきっぷは名鉄(・近鉄・南海)グループの交通機関に乗り放題で,豊橋鉄道にも通用する。

新豊橋駅を発車した列車は,まずは豊橋市内の市街地を,やがては田畑も混じるのどかな地帯を行く。15分ヘッドの高密度運転が功を奏してか,ローカル私鉄にしては乗降客が多い。

終点・三河田原駅に到着。白壁造りの小奇麗な駅舎が出迎えてくれた。駅中も駅前もなかなか活気がある。余計なお世話だろうけど,とりあえず安心した。

さて,せっかく「ワイド」なきっぷを持っていることだし,新豊橋に引き返すのはおもしろくない。というわけで,駅前から豊橋鉄道バスに乗り,渥美半島の先端の伊良湖に向かうことにする。

適度な待ち時間の後に発車したバスは,そこそこの乗客を乗せて国道259号線を疾走する。今は真冬だけど,ここが温暖な地域であることが車窓からびんびん伝わってくる。・・・そうだろうという思い込みがあるからでもあるが。

伊良湖に到着。ここからは伊勢湾フェリーで鳥羽に渡ることにしよう。「ワイド3・3・SUNフリーきっぷ」はここでも威力を発揮する。実にありがたいきっぷだ。

適度な待ち時間の後に離岸したフェリーは,わずかな乗客を乗せて伊勢湾の入口部を横断する。すっかり暗くなり,外の景色は全く見えない。船の揺れ具合で波の様子が知れるのみだ。こうして夜の伊勢湾を行くこと約1時間,フェリーは鳥羽港に到着した。

鳥羽水族館の裏手にある港から歩いて鳥羽駅に向かう。1年前に遊びで来たときは多くの観光客で賑わっていた駅前通りも,今日はあまりにひっそりしている。人通りもほとんどない。本当に鳥羽に着岸したのだろうかと疑いたくなるくらい,夜の鳥羽は昼のそれとは全く異なる表情を見せていた。


ホーム > 終着駅の情景 > 三河田原