ホーム > 終着駅の情景 > 美濃太田・北濃


  美濃太田・北濃(長良川鉄道・越美南線)

1.美濃太田(ホーム)

 

2-1.北濃(駅舎)

 

2-2.北濃(ホーム)

 

2-3.北濃(転車台)

【路線概略】

もと国鉄・越美南線。福井県内を走る越美北線と結んで越美線となるはずだったが,県境区間の北濃−九頭竜湖間が開通しないまま,1986年に越美南線が長良川鉄道に移管された。ほぼ全線が長良川に沿っており,普通列車のみが運行されている。駅の新設や交換設備の増設,駅名改称などを積極的に行っている。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(国鉄)

美濃太田−美濃町11.0哩

4往復

1944年12月
(国鉄)

美濃太田−北濃72.2km

5往復(他に区間列車あり)

1956年12月
(国鉄)

美濃太田−北濃72.2km

7往復(他に区間列車あり)

1968年12月
(国鉄)

美濃太田−北濃72.2km

8往復(他に区間列車あり)

1987年4月

美濃太田−北濃72.1km

11往復(他に区間列車あり)

2007年10月

美濃太田−北濃72.1km

8.5往復(他に区間列車あり)

 

【駅データ】

駅名

美濃太田(みのおおた)

所在地

岐阜県美濃加茂市太田町立石
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1921年11月12日(国鉄高山線として)

乗降客数

1,052人(2002年5月24日調査)

駅名のルーツ

『和名抄』の賀茂郡駅家郷の地名で,東美濃における要衝の地。中世には大井戸といったので,太田は大井戸の転訛したものであろうといわれている。

駅名

北濃(ほくのう)

所在地

岐阜県郡上市白鳥町歩岐島字中河原
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1934年8月16日(国鉄として)

乗降客数

58人(2002年5月24日調査)

駅名のルーツ

美濃国の北端にあたる旧村名。

 

【乗車記】(2007年3月)

18きっぷを手に美濃太田駅に到着。長良川鉄道ホームへの階段を降りてすぐの窓口で1日フリーきっぷを求めた後,目の前に停車するくたびれた小豆色の普通列車に乗り込んだ。

私事で恐縮だが,長良川鉄道に並行して走る東海北陸自動車道をよく利用する私は,眼下を細々と走る長良川鉄道がいつも気になり,また気の毒に思っていた。真横にこんな立派な道路ができて,さぞかし肩身の狭い思いをしているに違いない・・・。判官びいきの気持ちもあって,いつもは高速で走る車の上から見下ろすばかりだけど,今日は一日弱い者の側に立ってみようと思う。

長良川鉄道はもともと国鉄・越美南線だった。相方の越美北線というのが今も福井県内をJRとして走っている。いつかは両者が結ばれて,美濃太田−福井を結ぶ越美線となるはずだったが,県境越えの区間が未開通のまま現在に至っている。いわば結納を交わしたのに結婚式は挙げていないような状況になっている。今後も開通する見込みはなく,すなわち結婚できる見込みもない。かような状況の中で,少しでも両人の無念を晴らそうと,北濃から先はバスで福井県側に抜けて内々に「越美線」を完成させることを最初は考えた。・・・が,調べてみると,数年前まであったはずの当区間の連絡バスは2002年に廃止された由。もともと鉄道を通すことを考えていたくらいなのに,鉄道どころかバスですら撤退してしまうとは・・・。とにかくこれでどうしようもなくなったので,今日はおとなしく1日フリーきっぷを使って美濃太田−北濃間を往復することにする。

1両編成の車内は意外にも満員である。関あたりまで行けば空いてくるだろうと思いつつ立っていると,これが意外にもなかなか客が減らない。じゃあ美濃市まで行けば・・・と思ってさらに立っていると,またまた意外なことにまだまだ客は減らない。こんなに賑わっているのをみると,判官びいきの気持ちも薄れてくる。結局,客がどっと降りたのは郡上八幡だった。

一挙に閑散とした車内。それでもこのくたびれた老列車は,ローカル線の哀愁を漂わせながらさらに北へ北へとけなげに走っていく。それでも全体としては乗客がだんだん減っていく。それに比例して判官びいきの気持ちがだんだん復活してくる。美濃白鳥を出る頃には,車内には同業者と見られる5人がわずかに乗車するのみとなった。

終点の北濃に到着。折り返すまでの30分,駅舎内や駅前,駅構内を見物してまわる。構内には機関車転車台が残っており,案内板とともに興味深く眺めた。

折り返しの列車に乗り,美濃太田駅へと戻る。途中,郡上八幡で下車し,郡上八幡城に登ったり,水の町・古い町並みを散策したりした。すぐ横に真新しい,時代の寵児とも言うべき高速道路が貫いているけれど,長良川鉄道にしても郡上八幡の町並みにしても日本の古き良き時代の面影をほんのり残しているような気がして,何だかほっこりした。


ホーム > 終着駅の情景 > 美濃太田・北濃