ホーム > 終着駅の情景 > 西桑名・阿下喜


  西桑名・阿下喜(三岐鉄道・北勢線)

1-1.西桑名(駅舎)

 

1-2.西桑名(ホーム)

 

2-1.阿下喜(駅舎)

 

2-2.阿下喜(ホーム)

【路線概略】

北勢鉄道が起源。日本では珍しい狭軌(軌間762mm)の鉄道として有名である。阿下喜延長時に電車運転を開始し,三重交通,三重電気鉄道を経て近鉄の一路線となったものの,利用客減少により2000年に近鉄が廃止を打診。そこで沿線自治体の支援のもと,2003年4月からは三岐鉄道が経営することになった。三岐鉄道になってからは駅の統廃合などに積極的に取り組み,スピードアップと利便性向上で利用客の獲得を目指している。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(北勢鉄道)

桑名町−阿下喜東12.4哩

11往復

1944年12月
(三重交通)

桑名町−阿下喜21.2km

?往復

1956年12月
(三重交通)

桑名−阿下喜20.5km

?往復(他に区間列車あり)

1968年12月
(近畿日本鉄道)

西桑名−阿下喜20.5km

?往復

1987年4月
(近畿日本鉄道)

西桑名−阿下喜20.4km

?往復(他に区間列車あり)

2006年4月

西桑名−阿下喜20.4km

30.5往復(他に区間列車あり)

 

【駅データ】

駅名

西桑名(にしくわな)

所在地

三重県桑名市寿町2-31
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1914年4月5日(北勢鉄道大山田駅として)

乗降客数

1,716人(2003年5月15日調査)

駅名のルーツ

駅名

阿下喜(あげき)

所在地

 三重県いなべ市北勢町大字阿下喜字塚原687
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1931年7月8日(北勢鉄道として)

乗客数

300人(2003年5月15日調査)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2006年3月)

JR桑名駅に到着。200mほど「南」に歩いて,三岐鉄道北勢線の始発駅である「西」桑名駅に向かう。三岐鉄道に譲渡されてからは利用客アップに向けて様々な取り組みを進めているという。北勢線には近鉄時代の2002年に乗車しているが,新生に向けた取り組みの様子を見に再びやって来た。

取り組みの一つに駅の統廃合が挙げられる。狭苦しい場所にある駅を廃止して,近くの開けた場所に駐車場完備の新しい駅を開設したり,利用客の少ない駅を廃止してスピードアップを図ったりしている。2006年3月現在前者が3例(大泉東+長宮→大泉,坂井橋→星川,六把野+北大社→東員),後者が2例(六石,上笠田(予定))ある。新生に向けた取り組みの分かりやすい事例として,とりあえずこれらを目指すことにしよう。

西桑名駅から普通電車に乗って在良駅へ。西に歩いて坂井橋駅跡を見たあと,坂井橋駅に代わって新装開業した星川駅(前者の事例@)から再び普通電車に乗り穴太駅へ。再び西に歩いて六把野駅跡地を見物し,新しく開業した東員駅前者の事例Aを通過して北大社駅跡へ。さらに歩いて大泉東駅跡長宮駅跡を探索し,両者の中間に新しく開業した大泉駅(前者の事例B)から普通電車で楚原駅へ。再び歩いてもうじき廃止される上笠田駅後者の事例@(予定))を見学し,そこから再び普通電車に乗って麻生田駅で下車。再び歩いて六石駅跡後者の事例A)を見たあと,さらに北西に向けて歩き出す。こんな感じで乗車と下車と駅間歩きを何度も繰り返してようやく終点の阿下喜駅に到着した。(この段落を最後まで読んでくださった方,本当にありがとうございます。)

前者の3事例には共通する点がある。いずれも廃止された旧駅はせいぜい駐輪場しかない狭苦しい場所にあったこと,一方で新駅のほうには広い駐車場が整備されていることだ。自宅から最寄り駅までクルマで来てもらい,そこで電車に乗り換えてもらおうというパークアンドライドの考え方が徹底している。クルマ社会の到来により地方ローカル線の経営が非常に厳しくなったと言われているが,クルマと電車は決して択一的なものではなく,同じ交通機関として相補的なものであるはずだ。これらの3事例はそれを実証する画期的な取り組みになると思われる。

・・・・・・それにしても。

前回乗った近鉄北勢線は単に鉄道ファンを喜ばすだけのうらぶれた地方ローカル線に過ぎなかった。狭軌なのでガタガタとよく揺れる。車内が狭いので向かいの客の足に当たりそうになる。冷房が効いてないので蒸し風呂のように暑い。暑いから窓を開けると,ガタガタという大音響がさらにひどくなる。その大音響がやんで駅に停車しても,別に乗り降りする客はなく,ドアだけが虚しく開いてけだるい田舎の昼間の空気が流れ込んでくる。それを阿下喜までの1時間,ひたすら繰り返すような鉄道だった。

・・・・・・それにひきかえ。

今日乗った三岐鉄道北勢線の面目躍如ぶりと言ったらどうだろう。電車は装い新たに美しい黄色をまとっている。新設された駅には自動改札が導入され,近代化されている。路盤には所々に新しいバラストが入れられ,路盤強化によるスピードアップの努力が偲ばれる。その路盤の上を本数の増えた列車が短縮された運行時間でせっせと地域のために走っている。これらが功を奏してか,駅にも車内にも利用客の姿が増えたように思われた。

かように大きく変身した北勢線。今回表敬乗車してみて,その変貌ぶりにただただ驚かされると同時に,北勢線が今後の地方ローカル線の救世主になりそうな,そして今後の地方交通のあり方に大革命をもたらしそうな,そんな予感がして,ひとり感慨にふけってしまった。と同時に,どんどん廃止されつつある日本のローカル線もまだまだ生き残る手はあるぞ!と声を大にして叫ばずにはいられなかった。


ホーム > 終着駅の情景 > 西桑名・阿下喜