ホーム > 終着駅の情景 > 女川


  女川(JR東日本・石巻線)

1.駅舎

 

2.ホーム

【路線概略】

仙北軽便鉄道が小牛田(旧)−石巻間を開業させたのが起源。国有化と改軌を経て,1939年に女川まで全通した。旅客列車としては,仙台−気仙沼間の快速「南三陸」号が小牛田−前谷地間を走るが,他は全て普通列車となっている。また,小牛田−石巻間には貨物列車も走る。女川駅は東北の駅百選に選ばれた。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数(小牛田−前谷地,
前谷地−石巻,石巻−女川の順に)

1925年4月
(国鉄

小牛田−石巻17.4哩

6往復,6往復,-

1944年12月
(国鉄)

小牛田−女川44.9km

9往復,9往復,7往復

1956年12月
(国鉄)

小牛田−女川44.9km

11往復,11往復,10往復

1968年12月
(国鉄)

小牛田−女川44.9km

11.5往復,12往復,10往復
(他に区間列車あり)

1987年4月

小牛田−女川44.9km

15往復,11.5往復,14往復
(他に区間列車あり)

2005年7月

小牛田−女川44.9km

20.5往復,12.5往復,11往復

 

【駅データ】

駅名

女川(おながわ)

所在地

宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1939年10月7日

乗客数

428人(2004年現在,1日平均)

駅名のルーツ

安倍貞任が合戦のとき,一族の女子を黒森山の奥の安野平(あのたいら)に避難させ,そこを流れる川を女川と呼んだことから。

 

【乗車記】(2005年3月)

一ノ関から東北本線で小牛田にやって来た。ここで石巻線に乗り換える。30分ほど待つと,仙台方面から気仙沼行き快速「南三陸1号」が入ってきた。乗車率は非常に良い。何とか通路側の席を見つけて座った。

ブルンブルンと身震いをして発車したディーゼルカーは,一面の水田地帯のただ中を行く。さすがは日本の米どころ,といった感がある。そんなところを15分も行くと前谷地に到着。ここで石巻行きに,石巻でさらに女川行きに乗り継ぐ。ここまで来ると左手に山が迫り,湖のような万石浦の岸すれすれを行ったりする。最後に短いトンネルを通り抜けて,終点・女川に到着した。

ここまで来たからには太平洋を眺めたい。というわけで,さっそく駅舎を出て女川の町に繰り出す。駅周辺のごちゃごちゃした街並みをすり抜け,国道を渡るとあっけなく海に出た。駅前広場と同じく,海岸沿いもきれいに整備されている。観光船や離島航路の発着場もある。「マリンパル女川」なる立派な建物まである。が,いずれも別に利用する気はなく,現に利用することもなく,ただただ潮風に吹かれながら,そこにぼーっと突っ立って,目の前に広がる穏やかな女川湾を,とりとめもなく眺めてから,女川の町をあとにした。


ホーム > 終着駅の情景 > 女川