ホーム > 終着駅の情景 > 扇沢・黒部ダム


  扇沢・黒部ダム(関西電力)

1.扇沢

 

2.黒部ダム

【路線概略】

日本に2路線しかない無軌条電車(トロリーバス)の1つとして有名。道路上に張られた架線から電気を受けて走る。立山黒部アルペンルートの一部を担っており,黒部ダム建設の際に資材搬送用として掘られたトンネル(1958年貫通)を通る。冬季は運休する。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1967年10月

扇沢−黒部ダム?km

10往復

1987年4月

扇沢−黒部ダム?km

10往復

2005年6月

扇沢−黒部ダム6.1km

19往復

 

【駅データ】

駅名

扇沢(おうぎさわ)

所在地

長野県大町市大字平字篭川谷2117-2
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1964年8月1日

乗降客数

4,700人(1日平均)

駅名のルーツ

駅名

黒部ダム(くろべだむ)

所在地

富山県中新川郡立山町大字芦峅寺外字ブナ坂11国有林146林班い小班
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1964年8月1日

乗降客数

4,700人(1日平均)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2004年9月)

信濃大町駅前からバスで扇沢までやって来た。さっそくトロリーバス乗り場にかけ上がると,ある程度は予想通りの,けどやっぱり異質で異様な光景が目に飛び込んできた。護送車かと疑いたくなるような黒っぽいバス。しかも2台連結。で,その上に張られた架線。妙な興奮を抑えきれぬうちに「電車」は動き出した。すぐにトンネルに入る。普通なら退屈なはずの暗闇も,今日は妙に楽しい。終点・黒部ダム駅もトンネルの中だった。


ホーム > 終着駅の情景 > 扇沢・黒部ダム