ホーム > 終着駅の情景 > 西戸崎


  西戸崎(JR九州・香椎線)

1.駅舎

 

2.ホーム

【路線概略】

石炭輸送を目的に建設された博多湾鉄道が起源。博多湾鉄道汽船,西日本鉄道,国鉄時代を経て,現在に至る。以前は西戸崎から博多への直通列車も設定されていたが,現在は線内折り返し列車のみである。「海の中道線」という愛称が付けられている。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(博多湾鉄道)

西戸崎−宇美15.4哩

9往復(他に区間列車あり)

1944年12月
(国鉄)

西戸崎−宇美25.4km

9往復(他に区間列車あり)

1956年12月
(国鉄)

西戸崎−宇美25.4km

6.5往復(他に区間列車あり)

1968年12月
(国鉄)

西戸崎−宇美25.4km

10往復(他に区間列車あり)

1987年4月

西戸崎−宇美25.4km

16往復

2005年7月

西戸崎−宇美25.4km

40.5往復

 

【駅データ】

駅名

西戸崎(さいとざき)

所在地

福岡県福岡市東区西戸崎1丁目
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1904年1月1日(博多湾鉄道として)

乗降客数

1,773人(2001年度現在,1日平均)

駅名のルーツ

サイト(道祖神),ザキ(埼)。海の中道の先端,道祖神を祭ってある岬。

 

【乗車記】(2004年9月)

たびら平戸口駅を訪問した後,筑肥線から福岡市営地下鉄空港線に入り,中洲川端駅で下車。地下から地上に出て方向が分からなくなったが,近くにあった案内地図を参考に,海へ向かう。

目指すは博多港。ここから西戸崎への福岡市営渡船が出ている。時間にあまり余裕がなかったが,何とか迷わずたどり着き,切符を買って船に乗り込んだ。

15分で西戸崎に到着。15分の船旅を共にした人々は上陸するとすぐに思い思いの方向に散っていく。自分も地元民を装って,颯爽と西戸崎の街中へ繰り出す。

上陸し,歩き始めて10分,西戸崎駅に到着した。ここから香椎線が出ている。本物の地元民とは違って,香椎線に乗るために,ただし単純な往復にはならないように,渡船を利用したのだった。

駅前には多くの自転車が停まっている。近郊駅での見慣れた風景だ。そしてホームには見慣れた気動車が停まっている。発車時間になると,聞き慣れた音を立てて動き出した。

愛称が示すように,海の中にかろうじてつながる「道」を列車は行く。レジャー客とおぼしき人々が乗り込み,車内はにぎやかになった。地元客とレジャー客,そして「単に乗りに来ただけ」という珍客を乗せた列車は,乗客それぞれの都合などお構いなく,淡々と福岡近郊の市街地へと吸い込まれていった。


ホーム > 終着駅の情景 > 西戸崎