ホーム > 終着駅の情景 > 坂本・石山寺


  坂本・石山寺(京阪電気鉄道・石山坂本線)

1.坂本

 

2.石山寺

【路線概略】

大津電車軌道が前身。琵琶湖鉄道汽船時代を経て,1929年に京阪傘下に入った。浜大津−京阪膳所間に三線軌条が敷かれ,国鉄と線路を共用していたこともあった。京津線とあわせ,大津線と称される。坂本駅と浜大津駅は近畿の駅百選に選ばれた。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月
(大津電車軌道)

三井寺−石山寺4.9哩

?往復

1944年12月
(京阪神急行電鉄)

石山寺−坂本14.1km

?往復

1956年12月

石山寺−坂本14.1km

?往復

1968年12月

石山寺−坂本14.1km

?往復

1987年4月

石山寺−坂本14.1km

?往復

2005年6月

石山寺−坂本14.1km

下り102本,上り100本
(他に区間列車あり)

 

【駅データ】

駅名

坂本(さかもと)

所在地

滋賀県大津市坂本4-12-35
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1927年8月13日(琵琶湖鉄道汽船として)

乗降客数

3,566人(2000年11月7日調査)

駅名のルーツ

駅名

石山寺(いしやまでら)

所在地

滋賀県大津市螢谷5-13
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1914年6月4日(大津電車軌道として)

乗降客数

3,844人(2000年11月7日調査)

駅名のルーツ

 

【乗車記】(2004年12月)

山科駅で「湖都・おおつ1dayきっぷ」を学割で求める。大津線が乗り放題のきっぷだ。やや不穏な動きのある大津線。様子を見ておきたい。

浜大津で坂本行きに乗り換え,1つ目の三井寺駅で降りる。疎水沿いに歩いて10分,三井寺の門前に到着。拝観料500円に萎えて,むなしく引き返す。

三井寺駅から坂本駅へ向かう。聞いていた通り,起伏に富んでいる。終点・坂本から歩いて10分,比叡山坂本ケーブルの乗り場へ。いつか鉄道で比叡山に登ることを誓って,あっさり引き返す。

今度は石山寺駅へ。どこか趣のある駅とその周辺に目を奪われる。瀬田川沿いに歩いて10分,石山寺の門前に到着。拝観料500円に萎え,何もせず引き返す。

石山寺駅から京阪膳所駅へ。別にファンでも何でもないが,木曽義仲(と芭蕉)の墓がある義仲寺に向かう。駅から徒歩10分以内のはずがなかなか見つからない。ようやく到着した義仲寺は残念ながらもう閉まっていた。あえなく引き返す。

あまりにもさえない日帰り旅となった。が,電車には常に結構な数の客が乗っていて,大津線が彼らの貴重な足となっていることを実感できた。それが唯一の収穫で,唯一の救いだった。


ホーム > 終着駅の情景 > 坂本・石山寺